スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    クライマックスシリーズって何?

  • 2007.10.24 Wednesday
  • 昨今プロ野球を観ることがほとんどなくなりました。今シーズンはもちろん球場にも行っていませんし(甲子園球場まで徒歩でいけるのに)、TV中継さえ数えるほどしか観ませんでした。
    時間がない、というのもそりゃありますよ。限られた娯楽の時間の中、スポーツ観戦に振り分ける時間というのは少ない。その中で優先順位はと言えばまずプロレス。次いで格闘技関係。同率2位でサッカー。これはほぼ"パープル"サンガ中心でときどき代表戦も含みます。それであとはバレーボールとか陸上やフィギュアのイベントがあれば観ます。
    野球は…と言えばほとんど観ていない。例年であれば、晩酌時によくナイターを観ながらビール、というパターンがあったのですがそれも今年はほとんどありませんでした。
    スポーツニュースはチェックしますよ。贔屓のチームだってありますから。しかし実際はリアルタイムで観ていない。TV中継が激減したというのは関係ないですね。僕の住んでいるところは兵庫県でサンテレビが必ず阪神戦を試合終了まで中継する。贔屓チームと阪神が対戦するときは、以前であれば結構観ていたのに。

    これは、いろいろな原因があるのですが、ひとつにはクライマックスシリーズなるものが登場して、ペナントレースが3位争いというところになっちゃったというのも興味を削ぐ一因になったのではないか。そんなふうにも思えるのです。あくまで僕にとって、ですが。

    もちろん、パリーグには何年か前から「プレーオフ」があります。しかし、申し訳ないのですが僕は野球の視聴はセリーグが主体でした。なので「対岸の火事」状態であんまりマトモに考えてこなかったのです。
    昨年までのパリーグは、ホークスファンからしてみれば「やってられない」状況だったのではないかと拝察します。シーズン勝率一位でも優勝できないわけですから「なんのためのペナントレースか」でしょう。いや既にペナントレースではなくペナントを争うための資格権取得シーズンであるわけです。予選だな。
    クライマックスシリーズがあるということは、そりゃ冷静に考えてみればプロ野球を盛り上げるのにはいいことであると言えます。リーグ6球団のうち半分が日本シリーズに出られるチャンスを得られるというわけですから、当然1/6より3/6の方がファンにとっては終盤まで楽しめる。阪神ファンの盛り上がりはそりゃ大そうなものでした。
    そしてクライマックスシリーズというのは短期決戦です。日本人は(日本人に限らないかもですが)短期決戦が好きだ。もう後がない、と目を吊り上げて戦う姿を見るのが好きです。WBCしかり。今年もパリーグは盛り上がっていました(セリーグはあっけなさ過ぎましたが)。

    しかしながら、僕などは実に理屈っぽい性格であるからして、シーズン初めになんだか興味を削がれてしまったのですね。もちろんペナントレースの意義を台無しにする、ということを理屈だけで考えちゃったからで、素直でなかったとも言えます。
    そもそも、他のスポーツでこういうシステムでやっているところってないですよね。柔道の敗者復活戦が近いのでは、と一瞬考えましたがやっぱり違う。まだ昔のパリーグの前期後期(Jリーグの第1、第2ステージ)の方がしっくりとくる。

    僕はやっぱり理屈で考えすぎちゃう愚か者ですが、そもそもクライマックスシリーズの意義と言いますか、位置付けがはっきりとわからない。盛り上げるためという興行的視点はとりあえず措いて、です。
    まず、パリーグはプレーオフ含め四回目、セリーグは初めてであったわけですが、クライマックスシリーズとプレーオフでは異なった点があります。以前はプレーオフで勝ったチームがリーグ優勝。対して今回は通常シリーズの勝者が優勝でクライマックスシリーズは別物扱いです。これがややこしい。なので読売Gは優勝したものの、日本シリーズに出られないという齟齬が出てくるわけです。

    結局、準備不足であり理論的裏づけが出来ていないのですよねぇ。
    僕は野球は実は「記録」ファンでもあるのです。個人タイトルも大好き。だから、今まででもシーズンの日数に変化がみられるとそれだけでイヤになっちゃうのです。ホームランのシーズン記録が55本で王とローズ、カブレラが持っているとしてそれは140試合、ところがバースの54本は130試合です。ラミレスが今年203安打放ったのですが(144試合)、それは凄い事ながらイチローは130試合で210安打。なんだかなぁとどうしても思います。そういう狭量なところがある。

    ましてやプロ野球最大の興味の焦点である「リーグ優勝」に曖昧な定義がなされてしまったことについて、強い不満を感じるのです。以前のパでは、プレーオフで勝ったチームがリーグ優勝でしたが(これにももちろん問題は多いのですが)クライマックスシリーズはそうじゃない。あくまでシーズンの優勝がリーグ優勝。それじゃ日本シリーズが真の日本一を決める戦いにはならないじゃないですか。
    そしてリーグ優勝についての重みがあまり考慮されていない。これは結局試行錯誤の途中であるからです。プレーオフではアドバンテージが設定されていましたが、クライマックスシリーズでも当初アドバンテージを与えるかどうかで検討され、結局読売Gが反対してアドバンテージ無しで行われたという経緯があります。読売は自分で自分の首を絞めたわけでこれはこれで痛快とも言えますが。(細かく言えば、ホームで試合をする等のアドバンテージはあるのですが、細かすぎるので言及しません)
    僕は記録が好きなので、例えば今年中日が日本シリーズを制した場合、リーグ優勝ナシにして日本一という結果になるので、こういうのが気色悪いのです。歴代優勝チーム一覧に注釈を付けざるを得なくなる。

    確かにプレーオフというのは盛り上がったものの実に釈然としない方式でした。アドバンテージ争いというものも、5ゲーム差離せば1勝分(ホークスは4.5ゲーム差で1位だったのでアドバンテージが付かずこれが尾を引いた)が翌年は無条件で1勝、となったりして安定していませんでした。3回やってもまだ試行錯誤状態だったのです。それを、盛り上がるからと言って、またセリーグは短期決戦慣れしてないからパリーグに負けるのだ、などと難癖をつけて検討不十分のままマネしてこういうことをしようとする御仁がいる。しかも、パリーグがその試行錯誤の末導入した1勝アドバンテージですら鶴の一声でひっくり返す御仁がいる。これで自分の首を絞めたのですから阿呆ですが。

    プロスポーツというものは間違いなく興行である、というのは僕は常々思っていることです。だから、自分たちが勝利する満足感よりもお客に魅せて満足感を与えなければならないものである、と思っています。という意味では、クライマックスシリーズは興行成績に寄与してはいるものの、方式にただ頼っているだけであり抜本的に興行の質を上げる、ということには至っていないのではないのでしょうか。こんなの目先を変えただけのようにしか思えないのですけれどもねぇ。いつまで続くことやら。

    パリーグは興行成績が伸びているらしいですね。これってやっぱり地域密着が功を奏しているのではないのでしょうか。札幌、仙台、福岡と。千葉のロッテは、交流戦による観客の増減が考えたほどでもなく(セリーグとやるのとパリーグ同士でやるのと動員数がそんなに変わらないということ。パリーグ同士の試合の動員数が増えた結果であるとか)、特に交流戦で読売Gとやることのメリットが見出せないから別にやんなくてもいい、と言ったそうな。痛快ですねこういうセリフは。読売が勝たないと野球が盛り上がらないと痴呆的なことをまだ言う老人に叩きつけてやれば面白いのに、と思ったりもします。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/10/24 | スポーツ | 00:03 | comments(10) | trackbacks(0) |

    松井大輔は生き残れるか

  • 2007.09.12 Wednesday
  • 昨日は、うちに帰ったらすぐさま風呂に入って飯食べて酒を大量に呑んで寝たのです。帰宅から寝るまで約一時間ですね。そんな9時過ぎ就寝という小学生みたいなことをしたのは、早起きしようと思ったからです。目当ては松井大輔vsスイスですね。しかし無理せず、目覚ましは掛けずに。自然に目覚めたら観ようくらいの程度です。

    目が覚めました。時計を見ると午前4時前。あらら7時間近くも寝てしまったか(汗)。まあいいや。隣の部屋でTVを付けますと、「国際親善試合・三大陸大会スイスvs日本」は、もう前半を終了しようとしているところでした。あらあら。
    スコアを見ると0-2で負けています。相手はW杯で無失点のままベスト16で姿を消し、先日オランダにも勝ったあのスイスですからこれはいたしかたないのか。それで松井大輔は?
    出場しています。ということは先発か。うーむ結構下がってボールを取っている。とポジションを確認する間もなく前半終了。

    VTRをセットしてあったので、ハーフタイムのうちに少し早送りで見ます。
    巻の1トップで、その後ろを右から俊輔、遠藤、そして松井が並ぶ形であるようです。山瀬は出ていないのか。五輪の時から松井と山瀬はポジション争いをしていたのですが、あの時はトップ下だったっけ。しかし今はル・マンで松井は左サイドでいつも突っかけているポジションですからこれでいいんだ。そもそも"パープル"サンガ時代は黒部の1トップの後ろで朴智星と張っていたわけですから…あああの時代が懐かしいな。
    それはともかく、松井は左サイドからよく姿を消します。あれ?
    俊輔が左サイドに居る。なんでだろ? と思っていましたら松井は真ん中に居ます。これはどういうことだろう。前のMFの三人は流動的に動けということなのか、それとも松井が直ぐに切れ込むので俊輔や遠藤がフォローしているのか。うーむ。そこらへんが狭いTVの画面上からはよくわかりません。しかしそういうことをやっていると右サイド(相手左サイド)が空く。すぐさまスイスのLSBが上がってきます。あの背番号3は凄いな(キャプテンのマニン。なんだか老けてる^^;)。
    こうして相手左サイドから攻められてピンチを招いています。そして、スイスがFKを得てマニンが蹴って先制。
    このときFKを与えるファールをしてしまったのは松井でした。うーむ、マイナスポイントだ。ペナルティエリア近くでこういうプレイをしては…。
    その直ぐ後に闘莉王がハンドでPKを与えて2点目。これもマニンが崩している。
    松井は突っかけてはいるんですけれどもね。ボールも相手を背にしてちゃんとキープしているし。踏ん張れるところは成長したなとは思うのですけれども。オーストリア戦の時はちょっとチームから「浮いている」感じもしたのですが、今でも完全にフィットしているとは言えないかもなぁ。
    このMFの流動的な動きはオシムの指示なのか、それとも松井の独自判断なのか。TV画面は狭くてよくわかんないのですが、そのために相手両サイドのDFにプレスが掛からず攻め込まれる。また遠藤のスペースを潰す。そういうこともあったように思えてしまうのです。
    (おじさんは心配性なのですよ^^; 松井はよく走っていたとは思いますが連携に問題があると思われてしまうんじゃないかと…)
    PKで取られた後、加地のクロスから巻のシュートがありましたが、あれも松井が右サイドでキープして生まれたものです。これがどう評価されるのか。
    また、松井の決定的な場面もありました。自分で切り込んで絶妙の切り返し。そしてシュート。最高の見せ場でしたが外れました。いいなぁとは思うもののこれも右サイドからでしたねぇ。それに巻も走りこんでいたしパスという選択肢も…(こんな消極的なことは言いたくないですが、おじさんは心配性なのです^^;)。

    と言っているうちに後半。よかった、松井は交代ではなかった。もしかしたら交代も有り得るかと思っていたのです。一応オシムは松井の動きを是としたのでしょう。
    後半からは、どちらかと言えば松井は左サイドを主戦場としているようにも見えました。これはオシムの修正なのか、それとも日本が押しているとそのようになるのか。そこらへんのサッカー眼は僕にはありませんが、松井は果敢に1対1を仕掛けます。いいぞいいぞ。そしてついにPKゲット。これも松井が内股を仕掛けて自分で倒れたようでもあり、シュミレーションを取られたのではとヒヤヒヤしましたが(相手DFが左足を挟んどるやんか、と突っ込まれそうですが、おじさんは心配性なのです^^;)、これを俊輔が決めて一点差。
    その後も松井はドリブルで行きます。この勝負する姿勢というのは評価に値すると思うのですが、オシムはどう見たのでしょうかね。加地のセンタリングを松井は空振りする場面もありました(ありゃDFの競り勝ちかな)。その直後、闘莉王のヘディングシュートが外れたのを遠藤が絶妙の折り返しパス。待っていた松井がシュート…しかしこれをふかしてしまいます。マイナスポイントだな(おじさんは心配性なのです^^;)。

    巻の同点ゴールが決まって間もなく、松井は山岸と交代になります。
    これは…疲れで動きが鈍くなったと判断されたのでしょうか。守備をあまりしなかったからでしょうか。それとも二度の決定的チャンスを外したからでしょうか(おじさんは心配性なのです^^;)。ともかく残念でした。
    なんで山岸なんだよ、と一人突っ込みを入れましたが、このあと山岸はいい仕事するのです。このライバルの活躍には困ったなと(あたしゃ全然日本代表を応援していませんな。松井だけが心配)。
    試合は、そのあと点を取り合って日本が勝つのです。スイスに勝つとは驚きですね。後半4点というのも凄い。まるでジーコ時代を見るようで…(これを言うと怒られるのでもう言わない)。

    これからW杯予選が始まります。果たして、松井大輔は生き残れるのでしょうか。
    年齢的にはちょうどアブラの乗り切った頃だとは思うのですが、オシムがどういう判断をするかでしょうね。今日の試合を見ていても、やはり遠藤は凄い。なくてはならない存在に思えます。俊輔と遠藤は本番ではいい歳になっていますが、円熟期とも言えます。オシムの切り札の山岸、羽生。そして待望論が凄い山瀬。僕は今年J2ばかり見ていてJ1はニュース映像くらいしか見ていないのでその待望論はよくわかんないのですけれども活躍しているのでしょう。そして大久保。
    後ろはもう鈴木啓太は絶対的存在(バックパス多いけど)。そして阿部、今野、橋本、稲本。今日2分で決定的仕事をした憲剛。
    FWは今日は1トップでしたが、高原が帰ってくると当然誰かと組む、ということがあるわけで、2トップの方が高原が生きるということであればMFの枚数は減る。そうなると松井はどうなっちゃうのでしょう。1対1の仕掛ける気迫というものを松井は今回見せてくれて、それは日本代表に無くてはならないものだと僕は評価したいのですが、僕がそう言ってもオシムがそう思ってくれないとしょうがないわけで。

    あれ、久し振りにサッカー書いたら長くなっちゃったな。とにかく頑張れ松井!
    五輪予選も一人少ない中よくやった。いいぞいいぞ♪
    それにしても眠いわ。(*´0)ゞファァ~~♪ 寝ましょ寝ましょ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/09/12 | スポーツ | 22:01 | comments(4) | trackbacks(0) |

    巨星堕つ〜カール・ゴッチ死去

  • 2007.07.29 Sunday
  • 今朝、喫茶店に居てスポーツ新聞パラパラと見ていたのですが、そこであの「キラー・トーア・カマタ死去」の記事を見つけました。流血大王。まあブッチャーとキャラがかぶることがあったのですが、あの人の凄いのはあの巨体でドロップキックを放ったことですねー。あれは見た人はみんな驚いたんじゃないでしょうか。記憶ではPWFヘビーも獲りましたね。享年70歳。巨体プロレスラーにしては長命のほうかもしれません。
    以前からよく書いていることですが、プロレスラーというのは身体を無理やり大きくして異形の者として存在しなくてはいけないためにどうしても身体に無理を強います。若くして死んでしまうレスラー達が多く存するのもまたむべなるかな。あれだけ健康に気を遣っていた馬場さんも還暦を過ぎて亡くなり、ジャンボも橋本真也も既に亡き人。海外では20代で亡くなってしまう人もいます。長命する人は本当に超人で、先年亡くなった"鉄人"ルーテーズ(享年86歳)と、"神様"カールゴッチくらいだろうと思っていました。

    さっき(本当に先程)、そのカール・ゴッチが亡くなったことをスポーツナビを覗いて知り、愕然としてしまいました。今朝喫茶店にてゴッチは長命していますよ、と同行の人に言い、「カールゴッチっていくつくらいかな」「えーっと確か80歳過ぎたくらいですよ」てな話をしていたところだったからです。

    記事によりますと、29日(米国現地時間)に死亡、享年82歳だったそうで。そうか。
    ゴッチについては、むろんその活躍していた時期には僕はまだ生まれていない、もしくは幼少であったため、実際に試合を観てシビれた、という記憶はさすがにありません。しかし、ゴッチは日本プロレス界にとっては無くてはならない人だったと言うことが出来ます。
    その性格(妥協しない)から、プロレスの本場であるアメリカに進出した後も「無冠の帝王」であり、目立った戦歴は残していないとも言えます。ただし伝説はいっぱいあります。テーズの肋骨を折ったとか、バディ・ロジャースを控え室で袋叩きにしたとか。
    しかしそういうレスラーとしてのゴッチより、「日本にストロング・スタイル」を持ち込んだコーチとしての役割がかなり大きい。日本のレスラーで、ゴッチに大なり小なり影響を受けていないレスラーを探すほうが難しい。直接間接を問わず、ですが。
    ゴッチはあの「ジャーマン・スープレックス・ホールド」の元祖として有名ですが、それ以外にも技の考案、伝授をかなり行っています。猪木の卍固め、長州のサソリ固めなどを始めとして、前田の12種類のスープレックスなどそれは多種多彩。そしてゴッチのトレーニング方法は今でも日本プロレスの根底に流れているとも言えるのではないでしょうか。
    もちろん新日本プロレスを始めとして、あのUWFにも色濃く関わり、今は確か西村の無我の顧問をしていたはず。無我に藤波が合流したことで、よりゴッチ色が強くなったか、とも思っていましたが…。
    広義に言えば、猪木も坂口も、藤原組長も前田日明も高田延彦も、鈴木みのるも船木優治もみんなゴッチの弟子であると言うことも出来ます。本当に日本のプロレスに寄与するところ大きかったと思います。まさしく「巨星堕つ」という表現に相応しいかと。合掌。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/07/29 | スポーツ | 20:29 | comments(4) | trackbacks(0) |

    さよならアレモン

  • 2007.07.10 Tuesday
  • 昨日は、アジアカップをTV観戦していたのです。しかし、サッカーの試合を見ればあのことがどうしても頭をよぎります。その後、ブログを更新しようか、追悼の記事を書こうかと思ったのですがどうもその気になれず、結局PCを開けることなく寝ました。

    元京都サンガのアレモン事故死 故郷のリオデジャネイロ郊外で
    (京都新聞電子版)

    このことを知ったのは昨日の朝でした。なんでだよ…。
    一昨年、"パープル"サンガがぶっちぎりでJ1昇格を果たしたのは、彼の力が本当に大きかったことはファンなら誰しも頷くところです。パウリーニョとの2トップは本当に破壊力がありました。あのホーリーホック戦での逆転ゴールは語り草です。もちろん戦力として素晴らしかったのは言うまでもないのですが、その人柄は皆に愛されました。瞳をキラキラさせたサッカー小僧。反面大人になりきれていないような駄々っ子。奥さんのおなかに赤ちゃんが居たとき、ユニフォームの中にボールを入れるパフォーマンスで笑わせてくれたっけ(そのあとイエローだったな)。いつまでもガキっぽくて、ホントいいやつだったんだよな…。
    "パープル"サンガでJ2優勝を果たし、そのあと横浜FCに移籍してこれも優勝、昇格。「昇格請負人」として、今年はまたこっちに戻ってきて欲しかったんだけども、ブラジルへ戻ってさらに飛躍をしようとしていました。あのパフォーマンスの子供も生まれパパとなって頑張っているはずでした。

    まだ23歳だよ。おい。神様もえらいことをしてくれるな。

    彼は空へ還りました。また日本に戻ってきたいと言っていたアレモン。これからは、ずっと空の上から見てくれているに違いありません。もう優勝してまたJ1に復帰するしかないじゃないですか。ねぇ、アレモン。あなたはずっと見ているんだ。またJ1に紫の旗がたなびくように。そうならないとなぁ。横浜FCも簡単に降格なんかしちゃいけないんだ。アレモンはもういないんだから。ねぇアレモン。

    彼の無邪気な笑顔が忘れられません。さよならアレモン。合掌。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/07/10 | スポーツ | 22:53 | comments(4) | trackbacks(0) |

    Jリーグ前半戦折り返し

  • 2007.07.07 Saturday
  • もちろんJリーグと言えばJ2のことであります。J1なんぞは今はやってないもんね。アジアカップとかなんとか、もう彼岸のことのようで。観ることは観ると思いますが、感情移入の対象が…。松井大輔でも選ばれていればまた違った見方になったとは思うのですけれどもね。ジーコが監督だったら大応援ですけど。
    そのJ2の折り返しの26節が今日、"パープル"サンガはセレッソと対戦でした。今とにかく4連勝中で非常に勢いがあるのですが、何故かセレッソは苦手なんですよね…。で、TV観戦です。
    前半斉藤大介が豪快なミドルを決めますが(やったぜ)、そのあとは攻め切れず。でも完封出来ればよかったのですが、残念ながら金信泳にやられました。誰だあの金信泳って?(笑)。デカいな。平井も今日は頑張って素晴らしいセービングを見せていたのですけれどもね。これも最初は止めたのですが…しょうがない。
    しかし1-1で勝ち点1。今日ベガルタは試合がないので、勝点45で単独2位です。コンサドーレとの差は6点。
    しかし、コンサドーレ、ベガルタの北のほうのチームの快進撃もここまででしょう。これからは暑い暑い夏。北のチームはアウェイでは厳しいでしょうなぁ(笑)。京都の夏はえげつないで。皆さんどうぞ覚悟してくださいねぇ♪

    でもまあ、前半戦で2位とは、よく持ち直したもんです。一時はどうなることかと思った。特に最近は、実に機動的な美しいサッカーを見せてくれています。
    FWは、アンドレ不在を田原がよく埋めています。パウリーニョも好調。得点ランクでもフッキと並びました。最初はFWは層が薄いと思っていたのですけれどもね。アンドレかパウかどっちかでも欠けたら…と不安だったのですがまずまずです。
    MFは徳重、倉貫の両ベテランが完全定着。頼りになりますね。当初は中山、美尾で戦っていたのだったっけ。彼らもくさらず頑張って欲しいとは思いますが。今日は中山はベンチ入りで途中出場でした。渡辺大剛も登場。彼はサイドのスペシャリストですし、もっと登場機会が欲しいのですが現在4-4-2のシステムでは難しい。SBでの出場も考えられるのですが…。3-5-2にはもう戻らないでしょうからね。あの中払もベンチ入りギリギリのところで。層が厚いと、J2のベンチ入り人数定員の少なさには本当に困ります。
    ボランチは斉藤大介と石井が定着。これが今は一番しっくり来るか。本当は将来性も見て安藤とも思うのですが。
    DFはCBがチアゴと角田。最初は角田ではなく手島でした。やはりチアゴ、手島がファーストチョイスなのかな、とは思いますけれどもね。チアゴは安心出来る。しかしCBは層が厚いな。まだ秋田、森岡の大御所に登尾もいますから。最初は3バックにするのかと思ったくらいで。
    角田、森岡はSBも出来ますし、そういう起用もされていますが、今は三上、平島がSBに定着しています。この定着は大きいな。となるとCBはダブつき気味ですが、長いシーズンどうなるかわかりません。チアゴもイエローもらっていますし。
    秋田の存在って大きいと思うのですね。今秋田はベンチ入りしないことも多いのです。今試合はDFベンチは森岡でした。どうしても一人しか置けない(ベンチ人数少なすぎるよJ2は)。そうなるとユーティリティープレイヤーを選ぶでしょう。しかし秋田はベンチ入りせずともチームに帯同し、通路あたりから叱咤激励の怒声を浴びせているとも聞きます。試合に出れば出たで鬼軍曹。かつてのジュビロのドゥンガだな。こういう人は大きいと思うのです。かつて"パープル"サンガには様々な大物選手がやってきましたが、カズにせよラモスにせよ、こういう立場には立っていなかったのではないか。秋田がやって来た時に僕は、かつての「元」日本代表だらけだったパープルサンガを一瞬でも思い出したことを恥じます。秋田はそんな男じゃなかった。

    J2は休みもなく、まだまだ試合が続きます。層の厚さがものを言う季節ですな。コンサドーレも射程距離。しかし後ろにはアビスパだのベルマーレだのセレッソだのとJ1経験のある不気味なチームがわんさか。そういえばヴェルディも居たな。あのチームを生かしちゃったのはウチだからな(汗)。次回は頑張ってもらいたいもんです。

    と、試合を観に行けずサポーターになれないただのファンのつぶやき(にしては長い?)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/07/07 | スポーツ | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) |


    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM