スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    浜風に吹かれて

  • 2011.07.18 Monday
  • 暑い暑いというが、休日窓を開けていると存外過ごしやすい。涼しいとまで言わないが外よりは格段にいい。甲子園名物の浜風が吹くからか。自然の風はいいな。僕が生まれた内陸の京都とは雲泥の…。海に近いというのはそれだけで避暑だなと思う。電気代安くなって有難い。

    この記事読んでこのページに。いかにTVが電気を喰ってるか、エアコンなんかよりTV消す方がよっぽど節電効果高いという説。僕にはこれが本当に正しいかどうかは判断つかない(TVのサイズは?エアコン消費電力が130W?)。だからあくまで「説」。でも面白い話ではある。

    TVは節電を呼びかけても「TV消せ」とは言わないもんねぇ。しかしこの強引な地デジ化と、局側の韓流や集団アイドルなどの理解に苦しむブームの仕掛けは正しかったのかも。これらは確実にTV離れを促進し、ゴールデンの視聴率が軒並みヒト桁になったと言うしね。結果、節電だ(笑)。

    それにしても「ついに死者!!菅首相の思いつきで」とは。新聞でもここまでなりふりかまわず書くのか(産経だけど)。この「論理のすり替え」記事を読んで「その通りだ」と思う人はまずいないと思うが…新聞TVを鵜呑みにせず何でも自分で考えることが望まれる世の中になったのは確か。

    TVは、女子サッカーの二試合だけは観た。優勝おめでとうございます。でも女子は代表戦くらいしか観てなかったのでニワカです。だからなんで安藤梢さんがFWなのかよくわからん。彼女サイドの選手じゃなかったか。ググって…あ、もともとFWだったのかすまん(汗)。彼女はよく走るねー。

    MVPはもちろん得点王澤選手。「苦しい時には私の背中を見なさい」こういう感動的な人を何と表現すればいいのか。最も適切なのは「兄貴」であり「オトコマエ」なのだが、そう言っていいのか。「KING澤」ってのもなあ。でも観るたびに肩幅が広くなっていく気が。確かにカッコいい。

    サッカー界歓喜の中で、森孝慈氏死去。メキシコ五輪銅メダルはさすがに憶えていないが、僕がW杯予選を真面目に観だしたときの代表監督だった。'85の予選は熱狂したな。J発足の時はレッズ監督。親分肌で人情家だったと聞く。67歳は若すぎる。合掌。

    僕は昔こんな記事で、ノーヒットノーラン目前で山井を交代させた落合氏を批判した。プロは魅せるもの、という観点。だからアマなら同様のことがあっても是であるはずだが、これは…。いかに高校野球でも絶句。7-0で9回2死まさかの交代。何の事情で?奇しくも同じ愛知県。

    新聞ですら「首の皮一枚繋がった」という表現を見る。それが「首の皮一枚残す」ということから派生した慣用句かもしれないと思いつつ、首の皮一枚ならさすがにもう死んでるだろうからアウトではないのかとどうしても思う。「徳俵に足が残った」等の方がいいのでは。

    カラオケBOXに行った。この時以来なので久々。さすれば、あの分厚い曲目リストが無い。ついに選曲はリモコン一本やりになったか。しょうがないな時代の流れだ。若い人が「言ってください何でも入れますよ」と訊ねてくれるのだが、これって困る。結局迷惑をかけることになるから。

    「原田真二のWRONG WAY」「…ありません」「堺正章の苺の季節」「…ありません」「中条きよしの深夜劇場」「松田聖子のOnlyMyLove」「S&Gの木の葉は緑」「ありませんっ!」ほらねこういうことになる(汗)。手間かけさせてごめんなさい。僕の歌いたい歌にカラオケはいつも冷たい。

    スパゲティを音立てずに食べるのは難しい。フォークで完璧に巻ければいいのだが必ずぶら下がる部分が出来る。それを啜りこみたくなる。音が出る。かと言って噛み切るのは日本文化的にイヤだ。どうすればいいのか。ちなみにラーメンの麺をレンゲに乗せて食べる人はなぜか苦手。

    昨日暑いので半ズボンを穿いていたら「年代モノですね」と言われた。確かに10年前からコレ穿いてるよ。でもその年代モノの意味は、流行遅れだと言いたいのだろ?うるせー。何だよ流行ってのは。だいたい、今年の夏の流行色は○○色ですとか夏以前から決まってるのは何故だ。

    ざっくり書いて、「魔王」2万円、「村尾」3万円、「森伊蔵」4万円。いずれも焼酎一升。なんだこの値段は。プレミア付きすぎ。買う人がいるから値段が付いているのだろう。ブランド信仰極まれり。森伊蔵は確かに旨いが一升2千円の焼酎の20倍旨いかと言われれば疑問。

    「頑張れ」という言葉に対して「これ以上どう頑張るんだ」という反論がある。で「もう頑張らなくてもいいよ」という優しさが昨今よくみられる。僕も無条件に「頑張れ」は嫌だが「頑張るな」と言われてもね(汗)。そういうわけにもいかない事情があります。何でも一元化すんな(笑)。

    行くことが出来なかった最後の宵々山コンサート。僕の音楽を思う心の原点かもしれない。本当に行きたかったが致し方ない。笠木透さんも来演だったそうな。加藤和彦氏亡き今、北山修&高石ともやで「あの素晴らしい愛をもう一度」。これは言葉を失う。生で観たかった。

    ミュージシャンも物故者が増えた。フォーククルセイダーズは再結成不可能。もちろんナターシャセブンもメンバーが流動的だったとはいえ、木田高介・坂庭省吾がいない。ところが、この宵々山コンサートではこんなことが。この今の僕の複雑な心境を誰か分かってくれるだろうか。

    うちは大人二人暮らしなので実感がないが、そろそろ子供達は夏休みなのかな。今の子供はどんな夏休みを過ごすのだろう。プール。スイカ。林間学校。花火大会。蝉の声。入道雲。真っ黒に焼けた肌。いっぱい遊べ。思い出は一生の宝物だぞ。浜風を肌に感じつつそんなふうに思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/07/18 | 短文 | 09:17 | comments(4) | trackbacks(0) |

    星に願いを

  • 2011.07.08 Friday
  • 七夕は雨。雨が降ると天の川の水かさが増して織姫と彦星が逢えないと言われるが、よく考えると雲の上は絶対晴れているのであり、二人の逢瀬は必ず叶うはず。晴れればその逢瀬が我々にも見える。つまり我々の出歯亀的欲求を満たすだけ。雨のほうがいいのかもしれぬ。

    「梅雨」これが何故「梅の雨」かについては、梅の実が熟す頃だから、と単純に考えていたが、もともと「黴雨」で、漢字が転じて梅雨になったとの説もある由。なんだかカビ臭くてイヤだな(汗)。「つゆ」という和語も「露」だと思うが違うかもしれない。「さみだれ」って言葉好きだな。

    暑い。節電による熱中症で倒れる人を続出させ「やはり原発は必要」という世論が起きるのを東電が待っているという都市伝説があるが、熱中症なんて病気はいつから出てきたんだっけ。昔は日射病、それから熱射病が出てきたのは覚えてるけど。そも昔は夏はこんなに暑くなかった。

    それでもうちの節電は続く。エアコンもまだ稼動せず。これは節約の意味ももちろん大きいが、それよりなにより電力会社にもうこれ以上金を払いたくない。不信感が拭えない電力会社に対し、他に選択肢がないので節電。本当は電気の不買運動をやりたいところ(笑)。

    我が家のTVはまだアナログ。七月から始まった、画面上にまで映りこむ「あと○○日」の文字がまことにうざったい。デジタル利権に逆らう者への嫌がらせとしか思えぬ。僕は、もうTVを止めようと思っている。その最後のTV視聴をさらに邪魔するとは言語道断である。

    ただ嫁は僕より家に居る時間が長いのでTVは欲しいらしい。なのでいずれは復活するかもしれないが、一度TVナシ生活をしてみよう。とりあえず7月24日は消え行くアナログ放送を見送ろうと思う。どうやって放送が途切れるのかが楽しみ。NHKにも電話して「契約解除」と言おうか。

    TV視聴を止めるのは、見たい番組がないから。以前は歌番組などよく観ていたが、それが韓流とジャニーズとAKBばかりになって久しい。もう観なくなってしまった。報道も、震災で分かったがTVは全然正確なところを伝えてくれない。やはり必ずフィルターがかかってる。阿呆らしくなった。

    それでもスポーツだけは、と思っていたが、先日の世界フィギュアの報道姿勢に呆れ、電源を切った。もはや観たいものがない。プロレスだけは他の手段を講じて観ることにして、しばらくはおさらばしようと思う。食卓にはラジオと、好きな音楽でも流そう。

    そのTV。新聞のラテ欄を見ていたら、「NHK Eテレ」の文字が。なんやこれ(笑)。いつから替わったのだろう。EducationのEだろうということはそりゃわかるが、思わず「E電」を思い出したのは僕だけじゃないだろう。アタマ絞ったネーミングなのだろうけど、どこか軽薄さも感じ。

    和田慎二氏死去。我が家にも「ピグマリオ」「怪盗アマリリス」「あさぎ色の伝説」などが書棚に並んでいる。一般的には「スケバン刑事」が知られているだろうか。享年61歳と聞いて、え、まだそんなに若かったのか、と思う。デビューが早く活躍期間が長かったからだろう。合掌。

    レストランで店員さんを呼んでから、おもむろにメニューを広げオーダーを考え出すやつが居た。別に店員さんに「おすすめは何?」とか「このサラダにセロリは入ってるの」とか聞くわけでもなくただ横に立たせて「えーっとね」とか言ってる。阿呆か。親の顔が見たいぞ。

    豆腐をよく食べる。この季節は冷奴が最高。ところでカミさんが時々「男前豆腐」系列のを買ってくる。あれって確かに旨いけど、豆の味が際立ちすぎてるような。旨すぎて飽きるかも。豆腐の味って=大豆の味とは違うのでは、と一人考える。賛同得られないけど淡き良さもあったはずだが。

    カメラに入れていた単三電池。カメラが動かなくなったので処分と思ったが試しにリモコンに入れてみる。まだ動く。それも作動しなくなったので今度は時計に入れてみる。針が動き出す(笑)。電池って使い切ったようにみえて結構余力残してんだな。最後まで全うさせてやりたく。

    リバウンドが怖い。大盛り、おかわり、ラーメンの替玉、ビールの二杯目は慎んでいるが、カミさんがよく甘いものを買ってくる。「クリスピークリームドーナツ並んで買ってきたー♪」やめろと言っているのに! こういう誘惑にまた負ける。ドーナツはいかんよな。だが美味い…(汗)。

    最近、残念な出来事、悔しいことが多い。この歳で落ち込むのもどうかと思うが、成長のない僕はなかなか大人のように割り切って進めない。なので、Soraとか聴いてなんとか脱出しようと試みる。ナナムジカにはよくお世話になるけど、今どうしてんのかな。

    虹が出ていた。それほどくっきりと見えたわけでもないが、久しぶりに見た。その美しさにただ感動すれば良いものを、たまたまそれが2時だったために「2時に虹を見た」と言いたくてたまらなくて悶絶する。馬鹿としか言えない。誰かこの真性オヤヂの性根を救いたまえ。

    星に願いを。夏はそんな機会が多い。流れ星を待つ。七夕も短冊に願い事を書く。子供の頃はそんな場面で、いろんな願いを唱えたなと思う。やはり将来への夢があったからだろう。今の僕には、そんな数多くの願いはもう存在しない。ただ、幸せであれかしとだけ祈っている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/07/08 | 短文 | 06:02 | comments(8) | trackbacks(0) |

    なつはきぬ

  • 2011.06.25 Saturday
  • いやいや、こう書けなくなる日が来るとは思わなかった。よく「ご無沙汰していてすみません」「お久しぶりです」なんてタイトルばっかりのブログがある。自分は絶対そうは書かないぞ、と思っていたけど実際間が開いてみるとそう書きたくなる。しかし誰にご無沙汰なのやら。

    身辺雑記というものは、忙しいと実は最も書きにくいものなのだなと。その忙しい原因を書くわけにもいかず(書いても愚痴だし)。これが歴史やプロレスやフォークの話だと完全にアタマ切り替えるので書けるのだが。時間がないわけじゃないんだけど、頭の占有率の問題。

    暑い日が続く。まだ6月やぞ。夏は来ぬ、か(余談だけど変換しないから面倒。夏は絹とかね)。梅雨も夏も一緒やな。だんだん季節感がなくなってきた。それはともかく、蚊がやたら出てきたのがイヤ。あいつらホント原始的な生命力だなと。人類滅亡しても蚊は滅びないだろう。

    「卯の花の匂う垣根に時鳥(ホトトギス)早も来鳴きてしのび音もらす夏は来ぬ」昔はこの歌意味分からなかったなあ。「匂うか杵に」とか思って。卯の花ってオカラ?(←真性のアホ)。それより「夏はきぬ」だから、来ないのかと思っちゃった(汗)。来ないなら「こぬ」だな。

    それにしてもこの気温。節電で冷房控えてるところが多いが、熱中症になったらどうする。だいたい節電が本当に必要なのかイマイチ不透明。データ上は原発なくても足りてるし。結局計画停電は脅しか。原発無くなるとこんなに不便ですよと言いたいが為の。

    しかし我が家は節電するよ(笑)。これはもちろん経費削減が理由。エコじゃなくてセコ。エアコン稼動させずにひと夏過ごせるかどうか試してみる。暑さに弱い相方はとっとと田舎に帰らせる。ワシは京都生まれで元来暑さ寒さには動じない身体。やってみようじゃないの。

    暑い夜にはこれに限る、というメニューがある。我が家では今年初のゴーヤチャンプル。ゴーヤ洗って種とって5mmくらいにザクザク。苦味が欲しいので水にさらさない。豆腐、ゴーヤをザザっと炒めツナ缶投入、塩とカツオだし粉末、卵を割り入れ即完成。うまひ〜。泡盛だなー。

    小笠原が世界遺産か。まだ彼の島には行ったことがない。行っときゃよかったなーと心底思う。それも、若い頃に。自然に対して感受性が高かった頃に。あの船でしか行けない島々に行っておけばよかった。もう行くことはないかもな。世界遺産というブランドものになることだしね。

    最近ブログじゃない場所で長い文章を書く機会が多々。公的場所では言葉を吟味しないと笑われてしまう。脊椎反射の話の続きみたいだけど、どうもうっかり意味取り違えてたりする言葉が多いことに気づく。「恣意的」「憮然」「姑息」「敷居が高い」「爆笑」「失笑」などが代表格かな。

    恣意的は意図的じゃなく思いつき。憮然は立腹じゃなく失望して呆然。姑息は卑怯じゃなくてその場凌ぎ。敷居が高いのとハードルが高いのは違う。過去記事チェックしたら誤用がどんどん出てきそうで怖い。爆笑は一人ではできない。失笑は(´ー`)┌フッじゃなくて(* ̄m ̄)プッ

    今まで他の人が「役不足」「確信犯」「話が煮詰まる」「檄を飛ばす」「小春日和」「すべからく」などで誤用しているのを見聞きするとイラっとしていたが、自分も結構恥ずかしかった(汗)。しかしこういうのは難しい。「貴方じゃ役不足だ」と褒めてもムッとされるかもだしなあ。

    「刑事コロンボ」のピーター・フォークさんが亡くなったそうで。ドラマ全然観ない僕だけど、昔はコロンボとかよく観てたなぁ。しかし申し訳ない話だが、故人だと思い込んでいたので「あれ?」と思った。どうやら吹替えの小池朝雄さんが亡くなったのと勘違いしていたようだ。合掌。

    佐藤琢磨ポールポジションとのニュース。素晴らしい。ちょっと話はそれるが、琢磨も含めF1ドライバーってなんだか独特の名前が多い気が。中嶋悟はともかく、鈴木亜久里、片山右京、山本左近、小林可夢偉。カムイでっせ。井上隆智穂って聞いた時には「タカチホ?」とびっくり。

    今日カーラジオ(FM COCOLO)を聴いていたら、松原みき女史の真夜中のドアが聴こえてきた。ヤンタンリスナーだった高校生の頃の僕は、やっぱり憧れたもんです。きれいなおねえさんだったなあ。〜Stay With Me〜♪ この人がもう居ないなんてね。

    今年も妻の実家から大量のいちごが届く。40パック。仕分けし近所知り合いに大量拡散、そして冷凍、ジャム作りと。毎年の恒例行事のようなもの。今年はあまり砂糖を使いたくないので、ダイエット甘味料を少々で。ジャムというよりいちごペーストみたい。でもこのくらいでも美味い。

    いちごジャムで思い出したが、この記事を書いてからもう7年が経つ。長くネットでものを書いてきたと思う。この頃は毎日書いてた。しかしついに行き詰まった感あり。少なくともここしばらくはこんな具にもつかない短文積み重ねでお茶を濁すことになりそう。

    オマエそれならtwitterにすればいいじゃん、と言われそうだけど、即日性はないんでダメ。それにまだこの場所も生かしていきたいんよね。愛着あるんで。6月でHP「lintaro's bar」から数えて8年目に突入したしね。しかし…いつまで続けていけるかなあ。でもとりあえず生きてます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/06/25 | 短文 | 20:59 | comments(6) | trackbacks(0) |

    ブリュレ記念日

  • 2011.04.27 Wednesday
  •  Twitter140字さえ無理になりひとつ短歌で書いてみっかな

     近況を報告したい気はあれどトピックなんてひとつもないし

     もう五月季節は終わるはずなのにまだマスクしてる今年は長げーな

     夕食は何がいいかと尋ねられ「うまいもの」と言いまた殴られる

     鏡見てアバラのかたち不均衡 痩せてみないとわからんことやな

     四十肩イタイイタイと言ってたら五十肩だと訂正入り

     想定外責任回避世間ではあとだしジャンケン多い気がする

     葉桜も続く余震と放射能本当の春はまだまだ遠く

     仕事術簡便効率うるせぇないったいなんだよライフハックて

     宝くじロト6も惨敗し人生リセットの道は遥か

     あの頃は「なみだの季節」が好きだったちょっと早過ぎさよならスーちゃん

     TBを楽天広場が廃止したあれはブログともう呼べないな

     PCも買ってそろそろ9年目デフラグ毎日繰り返してる

     キーボードの上にケータイ落っことすQキーぐらり不安定なり

     Qのキーあまり使わぬと世間ではカナ打ち僕には「た」の字なんです

     猫背だと老けて見えるという話思わず僕も姿勢を正す

     プレゼント開ければ派手目のTシャツが二十歳の頃の僕でありせば

     石鹸をどこまで積めるかトライするこんなんやってる場合とちゃうのに

     雲ひとつ見上げた空に風が舞う想いは果てぬ夢見てた頃

     ダイエット甘味断ってたこの半年 食べた昨日はブリュレ記念日

     「ズルしても真面目にも生きてゆける気が」スピッツ聴いてふと涙する

     公園で鬼ごっこ見る少年の頃に戻ってみたい夕暮れ

     疲れたよひとりグラスを傾けるいとおしきかなワシの人生


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/04/27 | 短文 | 06:06 | comments(10) | trackbacks(0) |

    また勝手につぶやき

  • 2011.03.22 Tuesday
  • 例によって常体文で。

    このブログに書くのはちょっと間が空いたけど、よそでは僕は淡々と書いていた。いつもと変わらぬ如く。さすがに先日歴史散策ブログで「水害」をアップするときにはちょっと緊張したが、これは3.11より前から準備してたもの。過剰反応はよくない。いつもどおりで。

    三連休があった。そして珍しく、何も用事が無い。以前ならヒャッホーとばかりに旅行に行ったことだろう。でもどこにも行かなかった。ほぼ図書館に籠って読書。別に自粛したわけじゃない。金使ったほうが経済にいいに決まってる。原因は腰痛のぶり返しもあるが、主たる要因は花粉。

    それにしても花粉が酷い。今年の飛散量は半端じゃないとは聞いていたけれど。薬もなんもかも追いつかない。目は奥まで痒くティッシュペーパーはあっという間に無くなりくしゃみを連発。微熱があり集中力を欠く。通常ならもっと話題に上るはずだが、まあ今年はそれどころじゃないか。

    こういうことを書くとまたウザがられるけど、TVの「高級グルメをいただく」という言葉にやっぱり違和感。グルメってつまり美食家のことだろう。人を食うのか。もはや「おいしいもの」をグルメと言うのだ、という意見もあろうとは思うが、言葉がワシに何の挨拶もなく変わっていく。

    昨年11月末から始めたダイエットだったが、結局15kgも減ってしまった。これは減りすぎだ。とっくに現状維持路線にしているのだが、ちょうどいい食事摂取量ではないのだろう。かと言って昔のバカ食いに戻すとリバウンド必至。「落しどころの見極め」とはこういうときに使う言葉か。

    最近家で日本酒を呑み出した。うまい。ずっと焼酎、泡盛、ウイスキーと蒸留酒で過ごしてきたから、清酒の旨さが格別に思える。もうビールも解禁しちゃおうかな。量を過ごさなければいいんじゃないか。でもご飯はやっぱり一杯にとどめてる。なんとなしにまだ自制。

    酒場の会話。「最近ブログ始めたんだよ」という目上の人。思わず「今頃?」と突っ込みそうになった。いかんいかん。「へぇ、僕なんてとてもブログなんて出来ませんよ。さすがですね」と言っておく。自分がブロガーだと絶対に知られてはいけない。アンタをネタにしたこともあるんだよ(笑)。

    九州新幹線の話題が全く出ない。3.12開業だったからしょうがないとは思うけれども、寂しいかな。イベントとかみんな中止になったんだろう。僕など、普段プライベートでは全然乗らない不埒者なんだけど、このCM見たらちょっと目頭が熱くなってしまって。それだけに、残念。

    体操のアンドリアノフが亡くなったそうだ。58歳だそうな。若い。忘れられない名前だな。モントリオール五輪を思い出す。体操ニッポン5連覇の最大のライバルだった。笠松の盲腸欠場。藤本の怪我。代役の五十嵐の鉄棒での伸身宙返り。TVにしがみついてた子供の僕。合掌。

    TVをよく観てる。今まで食事時には観ていたのはたいてい録りためたVTRばかりだったのでCMをあまり気にしなかったのだが、今観ると、スポンサーの過剰自粛かACのやつばかり。飽きた。説教は一回でたくさんだ。席は譲るっちゅうねん。仁科仁美の知名度は上がったかな。

    南東北と北関東のホウレン草等。福島の牛乳は厳しいらしい。だがとっくに収穫され袋詰めされてる福島産米まで売れないとは。こういうのは難しいな。「何か自分に出来ることは」と叫んでいた若者は、今こそ福島の米を買うべきだ。うちは田舎の実家産米食ってるけど。

    これだけデマが多く出回るとは予想していなかった。思うに、今の世の中発信者が多すぎるのだ。僕だってブログ書いてるくらいだもん。そして、深く考えずに全世界に向けてつぶやいてしまう。もうちょっと考えようよ。ログ残ると恥ずかしいよ。ただ「性善説」ってやっぱりあるのかも。

    でも「拡散希望」という言葉が本当に嫌いになった。「こだわり」「癒し」「エコ」「おすすめ」に並ぶ嫌いな言葉誕生。んで、本当に拡散しちゃうのね。ちょっと前までは、よっぽどのアルファブロガーでないと一気に広めるなんて出来なかったのに、今は簡単みたいだわ。RT恐るべし。

    引用するのはいいんだよ。でもね、やっぱり最後は自分の言葉で語ったほうがいいと思う。人間は考える葦だったはず。字数に限界があるのは承知してるけど、日本には短く語る文化もあるじゃないか。←短く語れないやつが何を言う

    「至急広めてくれ」「みんなのブログに転載して」と書いてる人も多いけど、これもね。そう友達が書いてて、自分のとこで拡散しなかったら人間関係悪くするじゃないか。強制と書いてないけど似たようなもの。その記事に値打ちを認めたら自発的に紹介する人は出てくる。

    サッカーのチャリティマッチ日本代表対Jリーグ選抜で、俊輔、小野、稲本、中澤らが出るかも。こうなったら柳沢と高原を2トップにしろ。カズとゴンも出せ。これ、花試合にはならんぞ。久々に面白い。監督はピクシーらしいけど、何とかジーコ呼んでこれんか。

    Jリーグの日程が震災で詰り、7月にクラブから代表に主力選手出せないから南米選手権を辞退せよとの声が。でも、今海外組だけで代表を構成出来るじゃないか。川島、長友、槙野、吉田、内田、長谷部、本田、松井、香川、岡崎、森本で1チーム。阿部も安田も家長もカレンもいるでよ。

    相撲は何をしてる。今こそ名誉挽回のチャンスじゃないのか。まず博多、大阪、名古屋でチャリティー興行やりなさいよ。東京でも、国技館は電気喰うからどっか屋外に土俵築いて。収益は全部寄付。野天でやる勧進相撲というのは「すまひ」の原点じゃなかったか。

    僕の住む地方は今「いかなご」の季節。稚魚なのだが、これを各家庭で「釘煮(佃煮の一種)」にして食べる。大量に作っていろんな人に差し上げる風習アリ。我が家はいつも貰ってばかりだったので、今年は頑張って妻が挑戦。初めてにしては上出来。もちろん近所知り合いに拡散(笑)。

    三寒四温。被災地には辛いこと。阪神のときは1月。東北の3月もしんどいな。けれども、春は間違いなくやってきてる。モクレンの花も咲いてるよ。桜の蕾もふくらんできた。もうすぐ日本中に花が咲き乱れる。未来を寿ぐ花が。少しでも心が明るくなれば。思いを込めて、頑張れニッポン。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/03/22 | 短文 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |


    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM