スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    鳴尾小学校の旧正門

  • 2013.08.04 Sunday
  •  暑いですね…という挨拶を、いったい何ヶ月続けなければならないのでしょうか。・・・( ̄  ̄;)

      

     えー、中津墓地です。臨港線と中津浜線の交差点下り西側。今はコンビニの裏です。お盆にお墓参りされる方々も多いでしょう。
     僕は墓地に興味があって(そう書くと眉をひそめる方も多いのですが)、通りかかるとつい寄ってしまいます。(^▽^;) ここ中津墓地にも江戸時代のかなり古い墓石がたくさんあって、金石文好きには興味が尽きないのですが…。
     その中津墓地、塀に囲まれ、入り口に立派な門柱があります。

     墓地にこんな背の高い門があるのは珍しい気もします。裏へまわりますと、「昭和六年七月建之」と刻まれています。

     
     
     これは、以前にも確認していました。中津墓地は戦前に整備されたのだな、程度にしか思っていなかったのですが…。

     先日「宮っ子」Web版のバックナンバーを読んでいて驚きました。この門柱は、旧鳴尾小学校のものを移築したものだったのです。(ノ゚゚)ノびっくり!!
     →地域版「なるおの文化探訪 」1987年12月
     記事をご覧いただければわかりますが、確かに旧鳴尾小学校の門柱とみていいと思われます。

     鳴尾小学校の歴史は古い。以前ブログで言及したことがありますが(→西宮市の成立:ちょっと歴史っぽい西宮)、明治5年に学制が公布された翌年に、西方寺を仮校舎として発足しています。これは、西宮市内でも屈指です。
     のち乗誓寺、西光寺で分散授業によって運営されたのち、明治18年に一拠点化して校舎を建てます。それは、乗誓寺の南あたりに存在しました。お寺がいくつも出てきますのでずいぶん移動したみたいですが、全て「Jダーツ倶楽部」から見える範囲内ですね。
     明治27年、西方寺の西へ移転します。

     
     
     現在の鳴尾支所の位置になります。鳴尾小はここに昭和5年までありました。
     鳴尾村は大正時代に、枝川廃川や甲子園球場建設などの大きな動きがあり、それを受けて村では区画整理事業がなされました。そうして、昭和5年秋に小学校も現在地に移転することになったのです。
     中津墓地の門柱には「昭和六年」と刻まれており、時期的には合致します。

     さて、こちらは浜脇小学校です。

     
     
     現在まで残っている西宮最古の小学校は浜脇小ですが、ここには明治33年の門柱が残されています。パネルを付けて顕彰されています。
     この中津墓地に残る旧鳴尾小の門柱が、明治27年移転以来のものであったならば、浜脇小の門柱より古いということになります。

     ただ、その証明は難しいのです(汗)。宮っ子に載せられていた写真は、大正期のものだと推測されています。鳴尾村誌などにも同じ写真が掲載されています。
     「鳴尾小学校百二十年のあゆみ(同窓会編)」によりますと、明治27年移転のとき(現鳴尾支所位置)、門は南側に設けられました。その門の位置は、昭和5年まで変わらなかったようです。ただし初期は門をはいってすぐに校舎がありました。そして明治41年に校舎は北へ移動し、門を入って直ぐは運動場になりました。
     その後明治45年、大正9年と校舎は増改築され、校域は広がって現在の43号線上まで及んだのですが、あの写真は門と校舎の間に運動場があるため、明治41年をさかのぼれないのです。
     したがって、浜脇小の明治33年より古いか、とは証明できません。ただ、移転して昭和5年まで36年間、玄関門柱なんてそんなにしばしば取り替えるものではありませんから、おそらく明治27年以来のものだと思いますけれどもね。
     しかし何ともわかりません。学校関係の方なら調べることは可能だと思いますが。

     森繁久彌さんは、たぶんこの門を通ったはずですね。森繁さんが鳴尾村西畑に越してきたのは大正6年、以来6年生のとき大阪堂島小へ転校するまで、鳴尾小に通われたはずです。

     現在の鳴尾小の門です。

     
     
     鳴尾小は、平成に大改築があったようです。墓地の門柱を仮に初代とすれば、現在の門は三代目ということになります。意匠的に門柱と呼べるものは、もうありませんね。

     
     
     昭和5年以来の二代目門柱は、小学校内に保存されています。この門柱は、昭和5年から平成まで、長きにわたりました。懐かしいと思われる方もおられるのではないでしょうか。

     再び中津墓地です。
     
     
     
     門以外に、この塀も確かに昭和初期のものとすれば、モダンですね。阪神間モダニズムは墓地にも及んだか(笑)。それはともかく宮っ子には「へいもどこからか運んでこられた」との証言もあります。
     それがどこからか、ということを調べるのは、難しすぎますけれども。(-_-;ウーン


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2013/08/04 | 西宮流 | 09:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

    八十塚古墳群をゆく

  • 2013.06.30 Sunday
  •  梅雨ですね。なんだか雨は降らなくとも蒸し暑い。ε〜( ̄、 ̄;)ゞフー
     えー、古墳の話なんですが。

     また自分のブログの話をして恐縮ですが、僕は歴史散策サイト「ちょっと歴史っぽい西宮」というのを公開しています。その中に、「稲荷山古墳と大塚古墳」という項があります。3年前(2010年)に書きました。
     稲荷山、大塚古墳というのは、津門にあった前方後円墳です。今はもう存在せず、津門稲荷町、津門大塚町という町名にだけその痕跡を残しています。この古墳について、僕は4世紀〜5世紀にかけての築造、古墳時代区分で言うと前〜中期の古墳である、と書きました。
     これは「西宮市史」に依拠して書いたわけなんですが、その後いくつか本を読んでいましたら、現在ではどうも両古墳とも6世紀の後期古墳である、という説に変わっているようで。うわぁ(汗)。
     これは、改めなくてはなりません。しかし一度世に出したものですから全面改訂というわけにもいきませんので、大量に追記をしました。
     こういうことは、よくあります。<( ̄∇ ̄)ゞゴメリンコ〜♪

     その古墳のページなんですが、失われた稲荷山と大塚古墳の話に終始しています。実は西宮市にはいくつか現存する古墳もあるのですが、それについては訪ねることをしていません。
     理由は、面倒だったから。(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
     しかし、そんなことでいいのか。あのサイトは西宮の史跡網羅を目標としており、大いに反省しました。というわけで、僕は今年の春先から、自転車で行ける範囲の市内古墳をボチボチとまわり、その探訪記も併せて追記しました。
     
     もし興味のある方は、ご覧下さい。→先史時代〜稲荷山古墳と大塚古墳
     えっと、今回足した探訪記分だけなら、こちらから。
     ケータイ、スマホからの閲覧は推奨しません。長いから(汗)。

     今回はその番外編を少し。
     西宮には、群集墳がいくつか固まりとしてあるんです。仁川五ヶ山古墳群、上ヶ原古墳群、神園古墳群、八十塚古墳群と。
     そのうち八十塚古墳群は、芦屋市とまたがってるんです。こちら側は苦楽園ですが、あちらがわは岩園町、朝日ヶ丘町、六麓荘町と。
     で、芦屋側も少し見ようと思いまして、先日自転車で足をのばしました。

     そもそも西宮でもあたしゃ甲子園界隈に住んでますから、苦楽園なんてこんなときでもないと縁が無いのですが、今回は岩園トンネルを初めてくぐりましたよ。トンネルを抜けると、そこは庶民にはハードルの高い禁断の地、芦屋の山手です。
     まずは、岩園天神社へ。

     

     岩園という地名がもう群をなす石室を連想させるわけですが、社殿に向かい合うようにして、役行者像が祀られている場所があります。

     

     巨石の上に役行者さんがいらっしゃいますが、これ、実は古墳なんですね。
     神社内には二基、古墳があるそうです。もう一基は社殿の裏手に。

     

     こちらは、石組みの感じがなんとなくわかる感じで残っていますね。

     岩園町は邸宅ばかりかと思いきや、いくつか農地までありました。こんなところで作った野菜はどのくらいの値がつくのだろう、などと下世話なことを思わず考え(汗)。とにかく、緑が多い印象です。
     さらに「岩園緑地」と名付けられた保護樹林が。

     

     芦屋には「緑ゆたかな美しいまちづくり条令」というのがあるのだそうで。確かに緑は多くて、なんとなしに「ゆとり」「余裕」というものを感じます(庶民の僻み感覚)。
     この保護樹林の中は、岩だらけです。おそらく、古墳の石室を形成していた岩たちだろうと思われます。

     

     こんな感じで。古墳の痕跡でしょうね。

     さらに道を隔てると、この町に入ります。

     

     初めて来たわけじゃないですが、前に来た時は僕も車でネクタイも締めてました。今は半ズボンにチャリンコ。いいのかなこんなやんごとなき人々がお住まいの場所に。・・・( ̄  ̄;) うーん
     もちろん静かな住宅地ですが、以外に交通量が多い。タクシーがやたら走ってますよ。しかし自転車は全く見かけません。つーか、まず人が歩いていない。ここにお住まいの方々は、歩かないのかもしれません(汗)。

     

     町内の案内図です。思わず記念撮影を。( v ̄▽ ̄) イエーイ♪
     …しかし、防犯カメラ設置という文言にビビります。いや何も悪いことはしてないのですが(汗)。
     と、その案内図に注目。

     

     八十塚古墳群としるされた一角がありますよ。六麓荘に一区画とは。高級古墳群かいな。
     もっとも、私有地なのか入ることは出来ません。

     

     こんな感じで鬱蒼と木々が茂っています。この中に、古墳が何基か眠っているはずです。なるほどねー。
     
     以上「ちょっと歴史っぽい西宮」古墳編番外でした。帰り道は下りなので爽快〜♪


    ※初出:西宮ブログ「 "target="_blank">凛太郎の自転車操業
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2013/06/30 | 西宮流 | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

    越木岩鉱泉

  • 2013.05.28 Tuesday
  •  (^-^*)/コンチャ!
     初夏のいい気候…と申しますかもう昼間は暑いっすね。最近体力の衰えを如実に感じている僕は、時間があればまた市内をプラプラと自転車で走っています。花粉が終り梅雨が始まるまでのこの季節ならではですが。
     そうしますと、新たな発見もいくつかあるんですねぇ。僕は2010年に西宮歴史散策サイトを書きはじめて、もうそれは一応完結してるんです。で、西宮市の歴史っぽい場所はたいてい出入りしたつもりでいたのですが、まだまだ深いなこの街は。
     日曜、神園町あたりにいたのです。夙川学院にいろいろあったようで、最近工事をしていますよね。あそこには神園古墳群があったので、現状どうなってるのかなぁと。もちろん古墳の「跡」ですけどね。

     そんな話はいずれまた別サイトに追記していこうと思うんですが(いつになるかはわかんないけど)、せっかく神園町まで来たので、すぐ隣の獅子ヶ口町へ。
     越木岩鉱泉を見ようと思いまして。
     ダンプ先生が鷲林寺の寒天工場を調査されていて、それにタイチさんが資料を出された記事がありましたよね(→ぶんしょやの引き出し:広告に)。そちらに牧場の搾乳場の住所として出てまして、ふくさんが話題にされていました。
     この越木岩鉱泉。僕も前から気になってまして。苦楽園ラジウム温泉がまだ湧いている、という噂があって探しに行き、見つけそこねたとき以来、阪神大水害で埋まった温泉群に興味がわきまして。
     越木岩鉱泉は西宮市史にも記載があります。
     昭和29年発行「日本鉱泉誌」(厚生省国立公園部編)には越木岩鉱泉と大社鉱泉二ヶ所とが記されている。
     越木岩鉱泉
     一般には獅子ヶ口鉱泉の名で知られているものである。獅子ヶ口町五九番地(現・中村一雄宅)が鉱泉の浴場の休憩所で、鉱泉はそのすぐ西側の夙川の川床に湧出していた。昭和十三年七月五日の水害で埋没し、さらに夙川の護岸工事でまったく跡をとどめなくなってしまった。この鉱泉は胃腸病とくに二日酔によくきくといわれ最盛時には、一日千人もの人が一升びん持参で鉱泉をくみにきたという。びん一本につき五銭の手間賃をとっていたそうである。(以下略)
     このあと、この鉱泉から「川崎シーシック」という船酔薬をつくっていたことも記されています。
     今は「語り部ノート西宮」という市のサイトは閉鎖されていますが、そこにも確か載っていました。その記述は「環境学習都市・にしのみや エココミュニティ情報掲示板」と同じものだったと思いますが、記載があります(→温泉(鉱泉)の湧出)。
     「今では石垣の隙間からチョロチョロと湧き出ている状態で、その下にはクレソンやセリが自生しています。」と書かれていますなぁ。出てるんだ。
     そしてふくさんも挙げられた「宮っ子:わたしたちの神原(平成24年7月1日)」これ、詳しいですね。
     さらに、個人で行かれている方が。この「ご近所の温泉」というなかむらさんのサイトは本当にすごい。越木岩鉱泉の項(→こちら)は更新履歴ですと2001年に、川床から湧いているのを探し当てられています。こういうのはホント敬服します。

     では、先人に倣って僕も鉱泉をのぞきに夙川の岸に下ります。c( ̄▽ ̄)
     宮っ子に出ていた、石垣の下から細々と出ている鉱泉は…。

     

     これですね。(^^)
     ゆっくりとではありますが、結構流れ出ています。水質はあくまで透明できれいなのですが、このあたりの砂利は成分のせいか少し赤茶けているような(気のせいかな)。植生も若干異なり、周りより茎の太い草が生えています。
     場所は、夙川東岸、越木岩橋からすぐ上流地点です。
     
     

     さてもう一ヶ所。堰で2段ほど上流。50mくらい離れてるのかな。

     

     川床の真ん中に噴出しているとのことです。

     

     飛び石がありますが、その中ほどに湧出口が岩で囲まれています。これはご近所の方がされたのでしょうか。わかりやすい。幼児なら露天風呂として使用できそうな感じ(笑)。

     

     これ画像だとわからないんですけど、下からこんこんと湧いています。砂が湧き起り、みなもが常に揺れています。こういうのは動画でないと無理かなー。
     この日は暑かったのであたしゃ短パンサンダルで来ています。
     で、足湯をしてみました。(* ̄∇ ̄)/
     ですが、よくわかんない。( ̄ー ̄; 温泉と違い鉱泉ですから水温はまわりの川と同じくらいなんです。冬であればもしかしたら、多少温かく感じるかもしれません。 

     

     西宮でも東南方面に住んでいる僕にはあまり縁が無い夙川ですが、いいところですなぁ。年配の方は散策、御婦人は犬を歩かせ、子供は水遊び。強い初夏の陽射しは暑いものの、五月の薫る風は清か。いい気分で僕も岸辺でたゆたっていましたら、日焼けしました。( ̄▽ ̄;)!!ガーン

    ※初出:西宮ブログ「 "target="_blank">凛太郎の自転車操業
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2013/05/28 | 西宮流 | 04:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

    旧西宮市図書館ステンドグラスさらに続報

  • 2013.04.14 Sunday
  • (*^0^*)/ こんにちは〜
     さて、こちらの記事を書いて以来宿題となっていた、市内公民館にある旧西宮市図書館の形見のステンドグラスの続報です。
     みーさんの情報によれば、公民館は前回見つけた春風公民館の他、用海公民館、南甲子園公民館に存在するというお話です。

     南甲子園公民館は僕の住む場所から近いので、まず覗いてみることにしました。

     

     タイガースの応援で盛り上がっている甲子園ですが、ここらへんともなれば閑静な住宅街です。
     では、入ってみることにします。

     

     入ればロビーです。さすれば、もうステンドグラスが正面に見えます。
     
      

     紛れも無く、かつて六湛寺にあった旧西宮市図書館のステンドグラスのかけらのひとつですね。

     さて、次に用海公民館です。
     
     
     
     さすが用海地区、まるで酒蔵を模したような美しいデザインですね。
     にゃんこさんに教えていただいたとおり、臨港線からもうステンドグラスの存在を確認することができます。
     
     

     裏返しに見えてますなぁ。(^^)
     建物は3階建てなので、間違いなく3階の南側に存在するのですが…。
     実は用海公民館の3階南側は、講堂になっているのです。なので、休日などはよく行事が行われておりヨソ者がフラリと行ってもなかなか入れません。最初に行ったときにはカラオケのど自慢大会か何かが行われていたのかな。位置的に考えますとちょうどステージのバックにステンドグラスがあるはずで、いくら厚顔な僕でも、気持ちよく歌ってらっしゃるところへ入り込んでステージに上がらせろとは言えません(笑)。
     で、2度ほどフラれ…今日は三度目の正直だ、と意気込んであたしゃ朝から自転車を漕ぎ、9時前には公民館に着きました。( v ̄▽ ̄) イエーイ♪
     公民館の方にお願いして、講堂の鍵を開けて中に入れてもらいました。本当に朝早くからわがままを言いまして申し訳ありませんでした。(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ 

      

     これも、間違いなく旧図書館のものですね。デザインは、先の春風公民館、南甲子園公民館と同じものです。中央、北口図書館また越木岩、高須分室も同じ。

     ちょっと歴史っぽい西宮「阪神間モダニズム」に追記させていただきます。

     で、これで公民館はコンプリートか、と言われればそれはわかりません。まだあるかもしれませんしね。
     このステンドグラスを探す指針として、僕は「少なくとも昭和60年以降に出来た建物」が条件だろうと思っていたのです。旧図書館の閉鎖が60年なので。それ以前の建物ですと、ステンドグラスをはめ込める窓をわざわざ作らなくてはならないじゃないか。そう考えまして。
     ところが用海公民館の方にお伺いすると「公民館はもっと古いよ」とのこと。うーん。さすれば、このステンドグラスはあとからはめ込んだことになります。ちょうどいい窓があったからでしょうか。
     そうなると「昭和60年以降の建物説」は…うーむ困ったな(笑)。
     他に、少なくとも大社小学校にあることはわかっています(→宮っ子バックナンバー)。小学校へは行きにくいですけれどもねぇ。何か機会はないかしらん。
     そのほか情報お持ちの方がいらっしゃれば、よろしくお願いしまーす。

     えー、もうひとつだけお願いが。
     僕は、歴史やプロレスなどは詳しいのですが、不得手な分野も当然あります。その最も苦手な分野は、ファッションと花でしょう。花とかの種類はホンマようわからん(汗)。
     このステンドグラスにデザインされている花は、何ですか? リンドウなのでしょうか。スズランなのでしょうか。花は疎くてよくわかんない(汗)。どなたかご教示いただけませんでしょうか。 m(_ _;)m

     ※追記
     用海公民館ですが、いつ建ったのか正確に知りたいと思い、宮っ子のバックナンバーを少し繰りました。「わがまち用海」で公民館を検索しますと、もっとも古い公民館の記事はこちらです。昭和40年に公民館そのものは出来ていますが、2階建てです。そしてこちらの記事には、公民館改築の次第が出ています。昭和61年に工事が始まり翌年に竣工した様子。
     公民館の方には、僕の伺い方が悪かったようです。どうもすみませんでした。
     したがい、「昭和60年以降の建物説」はまだ生きているとも言えます♪

    ※初出:西宮ブログ「凛太郎の自転車操業
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2013/04/14 | 西宮流 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

    ららぽーとのmemorial towers

  • 2013.03.09 Saturday
  •  ちわ〜v( ̄∇ ̄)v
     ようやく春になった感じがします。あたたかい。カミさんはいかなごのくぎ煮を炊きましたよ。しかし花粉も本格化して…Σ(>o< ) ヘックシ!
     あんまり外に出たくないのですがそうも言っていられません。買い物がてら、近所のららぽーと甲子園に来ました。

     

     ららぽには、いつも北東入り口から入るんです。鳴尾図書館にも寄りますし、用事があるとすればヨーカドーと旭屋書店、島村楽器とHMVくらいなので。だから、正面から入ることはほとんど無く。ファッションなんて縁のないおっさんなので。
     だから、こういうの気がつかなかったのです。前からあったのかな。正面入り口までに、小さな塔が三基建っています。

     
     
     なんの目的でこういうものが。装飾なのかな。で、ぼんやり見てますと、なんか英語が刻まれたプレートがあります。
     一基に二枚。合計六枚ですね。
     僕は世界約900ヶ国語に通じているのですが、英語だけは不得意なんです(笑)。読めるかな…。
     ざっと見ますと、どうやら阪神パークのことが書かれてあるみたいです。

     ちょっと僕なりに訳してみます。
     
     

    On this site once was an amusement park called Hanshin Park.
    For over seventy years it served as an oasis for residents of the Hanshin area, during which it survived a world war and
    the Hanshin earthquake.
    The park played a central role in the community entertaining and nurturing people of the ages with its zoo, swimmingpool, skating rink and everything else it had to offer.

    昔ここにはな、阪神パークっちゅう遊園地があったんや。
    戦争、震災、いろいろあったけど、かれこれ70年以上もみんなのオアシスやってん。
    動物園、プール、スケート場…いろんなもんがあってな、娯楽の中心やったなあ。老若男女が集うてな。おもろかった。世代を超えて、子供たちも育まれてきたんや。

    The zoo animals, including elephants, giraffes and monkeys, were much loved by children, who bestowed the name "Leopon" to a baby born to a leopard and lion --the only one of its world.
    People from all over Japan flocked to Hanshin Park to catch a glimpse of the adorable creature.

    動物園には象やキリンや猿たち、ようさん生き物がおって、子供らはみんな大好きやった。中でも、ヒョウとライオンの間に生まれた"レオポン"。世界でここにしかおらんかったんや。
    かわいらしい動物たちを一目見よと、日本中から人が来とったわ。

    An era passed, and now
    the Lalaport KOSHIEN stands on the site.
    Many of the trees that graced Hanshin Park stand here to this day.
    The great camphor tree that watched over history and countless smiles now serves a new role as the symbol tree of Lalaport.

    時代はかわってしもた。
    今はららぽーと甲子園がここに建っとる。
    ほんでもな、阪神パークを緑に彩っとった木々はな、いまもここにあんねん。
    歴史と数え切れんほどの笑顔をずうっと見守ってきたあの大きなクスノキは、今ららぽーとの新しいシンボルや。

    The camphor tree is also the city tree of Nishinomiya city.
    The Lalaport KOSHIEN is a new facility that presents the indigenous nature of the region with a modern attitude.

    クスノキは、西宮市の木でもあるわな。
    ららぽーと甲子園は、もとからあった自然をそういう近代的な考え方に取り入れた、そんな施設やねんな。

    The Lalaport KOSHIEN reflects the nature of this region, which spans the mountains of Rokko, the rivers lined with cherry blossoms and the way to the sea.

    六甲の山々、桜咲き誇る川、海へ向かう道、そんな自然にまたがるこの街を映しだした場所なんや。ここは。

    Enjoy
    "An exciting journey through nature! "

    楽しもやないか! この「自然の中のわくわくジャーニー」を。

     こんな適当な訳では下駄さんに怒られそうな。(^▽^;)
     後半はららぽーとの宣伝めいていますが(汗)、前半は郷愁をよぶ内容ですね。
     注釈をつけますと、阪神パークがここに出来たのは戦後です。「70年以上」というのは、戦前の浜甲子園阪神パーク時代も含んでいます。浜甲子園阪神パークをご存じない方は、ちょっと長いですがこちらをご覧下さい(笑)。→ちょっと歴史っぽい西宮
     ららぽーとの木は、阪神パークのものを受け継いでいるということは場内あちこちに書かれているのですが(この項最後部参照)、ここにもそのことが書かれていました。
     しかし、英語で書かなくてもいいのになぁ。子供が読めませんね。少し惜しい。でも、"The great camphor tree that watched over history and countless smiles"ってのは、ちょっとカッコいいですね。
     
     
     
     この木は、人々の楽しかった追憶の日々と、数え切れないほどの笑顔を見続けてきたのです。どうかいつまでもそこに立っていて。

    ※初出:西宮ブログ「 "target="_blank">凛太郎の自転車操業
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2013/03/09 | 西宮流 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |


    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM