スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    ご当地ソング

  • 2008.02.13 Wednesday
  • もうひとつのブログでちょっとご当地ソングについて触れまして、それで試みに47都道府県全てでご当地ソングを僕は数えられるだろうか、と思って書き出してみたのです。そしたらねぇ…。
    演歌に詳しくないからだと思うんですけど、どうしても出てこない県があるんですよ。現時点ですと山形、福島、三重、岡山…。検索して探せばあるのでしょうけれども、僕が知らないのを挙げてもしょうがないので。
    また教えていただければなぁとは思うのですけれども。

    続きを読む >>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2008/02/13 | 企画 | 23:19 | comments(11) | trackbacks(1) |

    音楽バトン

  • 2007.10.26 Friday
  • さて、jasminteaさんちから「音楽バトン」を拾ってきました。
    このバトンものというのは何年か前にブログ界でめちゃめちゃ流行りまして、その嚆矢はなんと言っても「musical baton」だったのですがそれとはちょっと違うようです。まああの「musical baton」って「コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量」とかアナログ派には答えようのない質問とかだったので、こっちの方がやりやすいですね。
    では、始めましょうか。音楽バトン。

    1.最近よく聴く曲は?
    最近と言えば最も近しい時間のことですね。それですと買いたてのCD「はじまりはじまる」(まるで六文銭のように)ですね。「引き潮」「石と死者」「街と飛行船」…もう今は夢中になって聴いています。

    2.テンションが上がる曲は?
    「Kill The King」(Rainbow)上がりますね。「Spotlight Kid」でも上がるなぁ。
    「Eagle Fly Free」(Helloween)カッコいい。たまらん。
    「風になりたい」(THE BOOM)天国じゃなくても楽園じゃなくても。
    「愛より青い海」(上々颱風)いつも心に抱いて〜。
    「炎のファイター〜イノキ・ボンバイエ」無意識にファイティングポーズ。これしかない。

    3.切ない気分になる曲は?
    「別れの曲」(フレデリック・ショパン)ベタかもしれませんが世界一切なく美しい旋律。
    「君と歩いた青春」(風)君と初めて出逢ったのは僕が一番最初だったね。
    「横恋慕」(中島みゆき)長い髪を三つ編みにしていた頃にめぐり逢えれば…
    「好きになって、よかった」(加藤いずみ)初めてそう思った あの日描いた夢は…
    「愛はブーメラン」(松谷祐子)ラムちゃん切ない〜。

    4.思い出の曲は?
    「愛してるよって言ってごらん」(松山隆宏)
    「No Good-bye」(沢田聖子)
    「Too far away」(水越恵子)
    「セシールの雨傘」(飯島真理) 
                                物好きな方はリンク先へ。

    5.癒される曲は?
    「G線上のアリア」(J.S.バッハ)心が鎮まってきますよね。
    「Without you」(Nilsson)深夜の定番。マライヤ・キャリーじゃちょっと…。
    「America」(S&G) 大好き。
    「この歌をある人に」(吉田拓郎)
    「銀河熱風オンセンガー」(山本正之)何聴いてもダメなときは山本正之っ

    6.カラオケで絶対歌う曲は?
    「1/6の夢旅人」(樋口了一)極私的プライベート(カミさんと二人)なら絶対歌う。
    「本日のスープ」(大泉洋 with Stardust Revue)同上。
    「川」(In the Soup)同上。つーかこの選曲でわかる人は分かりますね?
    「情熱の薔薇」(THE BLUE HEARTS)これか「TRAIN-TRAIN」か。声カレる。

    7.今ライヴで一番聴きたい曲は?
    今、であればもちろん「街と飛行船」です(問1参照)。凄いだろうなぁ。

    8.このバトンを5人に回してください。
    ブログネタが尽きたとお困りのあなた!! あなた拾ってみませんか?! だって5人も回せる人なんて居ないですよ。o(;△;)o エーン

    てな感じですけど…これは真っ正直に書いたのですが、もしかしたら「こんなの知らない」という曲が多いでしょうか? それだけが心配。みんないい曲なんですけれども。
    なんだかこういうのを書いていると、ひとつひとついろんなことを思い出します。切なくなったりテンション上がったり。楽しいですね。機会を与えてくださってありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/10/26 | 企画 | 22:05 | comments(10) | trackbacks(0) |

    歴史FANに100の質問

  • 2007.04.14 Saturday
  • 「歴史サーチ」というサイトのブックマークを外してからどのくらい経ったでしょうか。一年以上になりますね。よくお邪魔していました。確か管理人さんが、荒らしに疲れて閉められたといった記憶があります。リンク集として本当に実用的だったのに。

    その「歴史サーチ」で生まれた「歴史FANに100の質問」。これをjasminteaさんのサイトで見かけました。そもそもは影千代さんのサイトからだそうで。
    今は歴史サーチも閉じられ、どこに了解を取っていいのかもよくわからないのですが、いい質問が並んでいるのを拝見すると僕もやってみたくなりました。バトンじゃないので無断拝借ですが、許してやっていただきたいと思います。

    それではいってみましょう。「歴史FANに100の質問」。なお、日本史限定で回答します。

    続きを読む >>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/04/14 | 企画 | 08:07 | comments(4) | trackbacks(0) |

    戦国バトン

  • 2007.03.27 Tuesday
  • いつもお世話になっていますjasminteaさんちから「戦国バトン」を拾ってきてしまったのですが、激しく後悔(笑)。といいますのは、僕は歴史好き、日本史好きでずっとやってきているわけですが(ですから歴史に関するブログ記事もあっちでずっと書いているわけなんですが)、その中で最も不得手な時代と言えば戦国時代です。うーむ。
    これは、時間軸が一本でないからでしょうね。日本中でさまざまな歴史事件が同時進行し、絡み合う部分もあればそうでない部分もある。信長が出てくるまではそれが一本化しない。なので把握しにくいからでしょう。世界史を全体的に学ぶのと同じようなややこしさがある。なのでいつもこの時代は省略してきましたし、逃げてきたと言ってもいいでしょう。
    でも拾っちゃったからなぁ(笑)。
    戦国時代については、ものすごく詳しい人がたくさんいます。歴史シミュレーションゲームその他も影響して若い人も実力が凄い。そういう人がいる中で、こういうものを書くのには非常に恥ずかしい思いがしますが、それでもやってみましょう。戦国バトン。

    ★ あなたの戦国時代の知識源はなんですか?
    ちゃんとした知識源ってないですね。どんな通史の本を読んでも武田や上杉や北条なんて名前はどんどん入り込んできますから、 それぞれで気になった部分で、ちょっとだけでも深入りすることはあります。でも本を買ったりはしませんね(汗)。せいぜい図書館くらい。

    ★ 好きな戦国武将を挙げてください。(複数回答可)
    おことわりしなくてはならないのは、好きな戦国武将と言われて思いつく人物はちょっといないということです。興味をひかれる人はいますが、とても好きとまではいかない。戦国時代とは下克上の時代、弱肉強食でありますから、家臣のことを大事にしても最終的には利己主義でないと成功しない。人類愛を持っていれば滅亡する。そんな時代だと思います。だから「戦国武将」として名を成す人はみんな怖い。とても好きだとまでは言えません。
    でも強いて挙げるとしたら、
    ・別所長治(愚か者とも言われますが、芯は強かったと思います)
    ・稲葉一鉄(まさに頑固一徹)
    ・直江兼続(直江状は本当に痛快ですね)
    ・前田慶次郎(兼続の友達ですが、こんなに面白い人もそうはいない。「大ふへん者」「天下無縫のひょっと斎」自由人ですなぁ。史実かどうかは知らないけど^^;)
    ・大谷吉継(戦国という括りからは外れるかもしれませんが、男の美学かなあ)

    ★ 上に挙げた中であえて選ぶとするなら最も好きなのは?
    上に挙げた武将ではないのですが、僕は羽柴秀吉という人をどうも嫌いになれないでいます。好きと言えるまではいきませんが評価している。
    この人が得意なのは城攻め、ひいては兵糧攻めです。兵糧攻めと言えばそりゃ城内に餓死者が出たりする悲惨なものですが、味方に損失がない。合戦には強さを発揮しますが、仕事としてやっているだけで、どうも本来合戦好きではなかったのではないか。いかに戦死者を少なくして勝つかに重点がおかれているようにも見えます。比叡山焼き討ちで秀吉だけはこっそりと逃げ道を作った、というのは後世の作り話だとは思いますがなんだか秀吉だと納得が出来る。無益な殺生は避けたい、という気持ちがあったのだとも思えませんが本質的に殺し合いが肌に合わなかったのではとも思えます。「惣無事令」というのも大発明で、力でねじ伏せるだけでなく懐柔手段もよくわかっている。晩年の評価が低いのですが僕はそれにも一定の理由が見出せるようにも思っています。

    ★ また逆に、嫌い(好きになれない)な戦国武将は?
    こんな答えにくい設問は困ります(汗)。前述したように僕は戦国武将は好き、嫌いというより「怖い」という範疇なので…。しかし無理やりひねくりだすことにしましょう。
    ・藤堂高虎(この処世術に長けた有能な人物を嫌いと言っては申し訳ないが、絶対に友人にはなれない)
    ・松永久秀(この人も有能だとは思うのですがね。でも友人にはなれない)
    ・山内一豊(と書けば怒る人がいるかも^^;) 

    ★ その中で、最も嫌い(好きになれない)な武将は?
    やはり上に挙げた武将ではないのですが、僕は織田信長がどうしても好きになれない。この人がいなければ戦国時代は終結しなかったかもしれませんし、 その後の家康の天下と平和な時代は確かに来なかったかもしれません。歴史上の人物として評価は出来るのですが、人間性はまた別。どうも人を機能としてしか見ていなかったようにも見えます。ねねへの手紙に見られるような優しさを評価するむきもありますが、それとて部下操縦策の一環のようにも思えて。

    ★ この人にはもっと長生きして欲しかったなぁ、と 思う武将は?
    小早川隆景にはそれを感じますね。戦国時代の話からは外れるかもしれませんが、この人がもう少し生きていたら関が原の様子は変わっていた。同様のことは前田利家や羽柴秀長にも思うところなのですが、やはり隆景の不在は大きかったと思います。

    ★ アツいと感じる合戦は?
    設問の意味が汲み取りにくいのですが…。
    どういうのがアツい合戦なのかはよくわからないのですが、筑前岩屋城の合戦などはやはりアツいと言えるのかもしれません。

    ★ あなたは自分が、信長、秀吉、家康の誰に一番似ていると思いますか?
    誰にも似ていないでしょうね(汗)。この三人は相当に優秀ですから。
    それより、頭の出来具合と実行力は全然違いますが、性格から言って僕は明智光秀型だと思います。ストレスをためて暴発するような(大汗)。

    ★ もし自分が戦国武将だったら、どんなタイプの武将だと思いますか?
    おそらく小早川秀秋のように、オタオタしてはっきりと自分の意思を示せず、土壇場で風見鶏になったりして激しく後悔し頭がおかしくなってしまうでしょう。僕は秀秋のような気の小さい人物には実にシンパシーを感じます。市井の人ってあんな状況になればああなっちゃいますよねぇ。

    ★ 戦国時代をぜんぜん知らない人に勧めたい書籍、マンガなどありますか?
    とくには思いつきません。それより、僕は全然やったこともないし詳細は全くわからないのですが、「信長の野望」などのゲームから入れば意外に戦国時代の全体像が見えてくるのではないかと想像します。

    ★ そろそろ答えるの面倒になってきましたか?
    面倒ではないのですが、僕は歴史上の人物で好き嫌いというのがほとんどないのです。好き、とはっきり言えるのは坂本龍馬はんくらいで。なので、好き嫌い主体の設問だと本当に困ってしまいます。僕が偏屈なだけなのでしょうけれども(汗)。

    ★ 最後に、あなたにとっての「戦国時代」とは?
    ちょっと設問からずれるかもしれませんが、戦国時代というくくり方はいったいいつからいつまでを示す時代区分なんでしょうかね。応仁の乱以降であるのか、明応の政変からか、また伊勢新九郎長氏の登場からなのか(最近は長氏って言わないらしいですけど)。また終わったのはいつか。信長上洛までなのか、秀吉の小田原攻めまでか、関が原か、また大阪夏の陣までなのか。そんなことでもこの記事を書く時に悩んでしまいます。
    下克上という時代は、身分の境を一時的に取っ払ってしまったわけで、一種の革命的な匂いもします。そうすれば、労働者階級が政権を握ったとも言える鎌倉幕府の成立とともに評価出来るのかもしれません。また下克上を壮大な一揆の集合体として見れば、これもまた評価に値するかもしれません。浅薄な見方かもしれませんが、加賀の一向一揆と本願寺王国の100年間の自治にはロマンを感じたりもします。
    しかし、あまりにも血が流れすぎた。無秩序の弱肉強食の時代と見てしまえば、これは悲しい時代にも思えます。力なきものは滅びるだけ。「人間が人間らしく生きた時代」という評価がよくされますが、人間らしいということはこういうことなのかと思えばまた深く考え込んでしまいます。
    このバトンを考えられた方はおそらく戦国時代が大好きであると考えられ(そういう設問が並んでいる)、それに対してこういうグダグダしたことは書くべきではないとはよく分かっていますが、つい書いてしまいました。やっぱり本音しか書けませんよ。ギャグもなにも挟めなかったことを深くお詫び申し上げます(滝汗)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/03/27 | 企画 | 00:03 | comments(2) | trackbacks(0) |

    古代史バトン

  • 2006.10.20 Friday
  • 世の中には不思議なバトンがありますようで…(笑)。
    jasminteaさんから「古代史好きさんに30の質問バトン」が回ってきております。ちょっくら回答。

    1、まずHNを教えてください。
    凛太郎でございます。(何でそんな質問が?)                 

    2、古代史好きのきっかけは何ですか?
    うーんわかりませんね。どちらかと言えば歴史好きという範疇かな。きっかけは学習漫画あたりかしらん。でも飛鳥や法隆寺に初めて行ったのは中学生、その時には既に「隠された十字架」は読んでました。

    3、古代史歴は何年ですか?
    そんなのわかりませんが、上記質問から考えますと27〜8年になるでしょうか。でも「古代史歴」と言えるほど詳しいかどうかはわかりませんよ。jasminさんや他の人と比べても。

    4、大河ドラマで古代をやるなら誰が主演ですか?
    古代は、平安時代より以前は大河ドラマではやらない方がいいと思うのですがねぇ。視聴者の個々の解釈が違うからどうしても満足いくものは出来ないかと。
    でも、阿部仲麻呂ならば出来るかもしれませんねー(ほとんど中国が舞台になっちゃいますが^^;)。

    5、それはどの俳優さんにやってほしいですか?
    仲麻呂=森崎博之とか(趣味に走りすぎか^^; でもあの笑顔は合うと思うけど)。

    6、一番好きな古代史上の人物は誰ですか?
    うわー思いつかない。好きな人ってもしかしたらいないかも。怖い人ばっかりで。
     
    7、歴史上のすべての女帝ががつなぎの天皇だったと思いますか?
    いやつなぎではないと思いますね。つなぎとはっきりしているのは持統、元明、元正だけかと。あ、後桜町天皇もつなぎだな。そして称徳天皇は決してつなぎではなかったと思います。いったい誰に繋ごうって言うんです?

    8、葛城皇子と大海人皇子のどっちが好きですか?
    どっちも好きとは言えないですよ(汗)。二人とも怖いよ。

    9、葛城皇子と大海人皇子のお父さん、お母さんは誰だと思いますか?
    舒明と皇極でしょ? と書くとつまんないけど(汗)。
    天智のオヤジは舒明だと思いますけれどもね。あとは、書こうと思えば新たに記事上げなくちゃだなあ。天武の父は高向王、と書くことも出来ますが、じゃ高向王って誰?
    でもねぇ、天武は新羅人てのはちょっとそこまでは思えない。むしろ継体王朝より以前の血筋かも。そうなると応神朝となりますが。継体と共に蘇我氏が勃興。しかし欽明は…ホントに安閑、宣化と兄弟か? 忍坂彦人大兄皇子って誰よ? 応神河内王朝と継体・蘇我王朝、そして百済系王朝となんだか三つ巴…。
    止まらないのでヤメ(汗)。

    10、鎌足と不比等はどちらほうがより策士だと思いますか?
    不比等でしょうね。日本最大の政治家だと思います。さすがに好きにはなれませんが(汗)。

    11、持統天皇ときいていいイメージを持ちますか?
    いいイメージも何も、持統天皇は怖いよ(笑)。

    12、身分がみんな同じだったら天武天皇はどの皇子にに皇統を継がせたいと考えたと思いますか?
    それは実績のある大将軍の高市皇子だと思いますが…。大津は才気走りすぎとも思いますし草壁は弱い。
    と言って、案外新田部皇子が可愛かったりして(笑)。

    13、藤原4兄弟の名前を4人みんな言えますか?
    言えるでしょう。って、これテスト? (笑)
    道隆、道綱、道兼、道長。え、藤原兼家の息子の話じゃないって? こりゃまた失礼しました。

    14、もう少し長生きしてほしかった古代史上の人物をひとりあげて下さい。
    神武天皇とか(これ以上長生き出来るのか? 笑)。
    でもifを考えれば、大田皇女はもう少し生きていたらとは思いますね。どうなったでしょ。
    それから、藤原麻呂がもう少し陸奥国に居れば天然痘には伝染しなかったのか…。そうなれば歴史は? 橘諸兄と対抗できたか? 藤原仲麻呂は出てこなくて済んだか? 京家は発展したか? おっとあんまり書くとブログのネタばれになりますがな(汗)。

    15、古代史上で一番美人だっただろうなと思う人は誰ですか?
    木花咲耶姫も居ますが、やっぱり衣通姫でしょう。

    16、古代史上で一番美形だっただろうなと思う人は誰ですか?
    美形というのは男の人ですか?
    ちょっと時代下りますけど在原業平かなあ。

    17、古代史上でこの人の伴侶になるのだけはカンベンと思う人は誰ですか?
    藤原薬子とか(笑)。あんなお色気過剰の方は荷が重い。そんで夫はナイガシロですしねぇ。

    18、この人が生まれ変わって今の総理大臣になってくれたらいいのにと思う人は誰ですか? 
    聖徳太子とか。でも太子も結構タカ派なんですよね。仁徳天皇とかはどうでしょうか? やっぱり民のことを考えてくれる人でないとねぇ。 

    19、毎週購読している歴史雑誌はありますか?
    無いですね。毎週ともなると(汗)。

    20、「天上の虹」を読んだことはありますか?
    ありません(汗)。全然知らないので検索しました。持統天皇の話なんですね。
    jasmintea説によると(笑)、このバトンは「天上の虹」バトンとも言えるようで。僕に書く資格あるのかな?

    21、他に古代史マンガでお勧めは何ですか?
    古代史マンガって読んだ記憶があまりありません。強いて言うなら「火の鳥」と「日出処天子」は読みましたが、とくにすすめません。

    22、あなたのお勧めの古代史の本を教えてください。
    これって言うのはないなあ。ごめんなさい。

    23、万葉集の中で好きな歌を教えてください。
    石見の海 角の浦廻を 浦なしと 人こそ見らめ 潟なしと…。ああ長くて引用できない。とにかく中学生のときにこの人麻呂の絶唱であるこの歌を知って「長歌っていい」と思いました。
    よろづたび かへり見すれど いや遠に 里は離りぬ いや高に 山も越え来ぬ 夏草の 思ひ萎えて 偲ふらむ 妹が門見む 靡けこの山… これにシビれました。「山よ靡け!」と叫ぶ人麻呂。胸に迫ります。 

    24、万葉集といえばこの人という人は誰ですか?
    やっぱり人麻呂なんでしょうね。

    25、どうしても行ってみたい古代史ゆかりの寺、遺跡等はありますか?
    僕は腰が軽いので「どうしても行きたい」ところはもう行っています。
    なので、行けない所を。「広開土王碑」とか(笑)。

    26、あなたにとって古代史とは何ですか?
    幻想かな。

    27、古代史のどこが面白いですか?
    解釈がある程度許されるところでしょうか。でもどの時代もそうかもだけど。

    28、このバトンを回す人5人どうぞ。
    秦河勝さん
    南淵請安さん
    高向玄理さん
    吉備真備さん
    菅原道真さん

    29、その5人の印象は?
    とにかく頭のいい人たちですよねぇ。なのでいろいろ教えて欲しいですね。ホントのことは言えないとは思いますが、解釈のヒントくらいは欲しいな。ぜひバトン受け取って下さいー♪
     
    30、最後に一言どうぞ。 
    僕は古代史というより「歴史好き」の範疇だと思いますので、そのぶん薄まっていて「古代史バトン」に指名される方々よりも浅薄ではないかと思います。そこが気がかり。
    すぐ書けるかと思いましたが案外難しかったです。迷うところ多し。主観が出ちゃって恥ずかしいからでしょうね。
    jasminteaさん、機会を与えてくださってありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/10/20 | 企画 | 22:00 | comments(4) | trackbacks(1) |


    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM