スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    サイドバーの話

  • 2006.11.30 Thursday
  • また楽屋落ちの話なんですが…。

    メインブログの凛太郎の徒然草がこれで明日で三年目に入ります。一年経った時にはブログを始めて一年経ってという記事も書き、結構記事がたまって形になってきたことがうれしかったものですが、もう二年ですとさほどの感慨もありません。更新頻度は落ちていますがそれはしょうがないこと。三年目であっても、僕のストレス解消に大いに役立ってくれているわけで、ブログというものの存在については感謝しています。

    さて…。
    こうして時間が経過して困るのは、gooブログのサイドバーなんですよね。
    僕のメインブログはgooで作っているわけなんですけれども、このgoo無料版というのはカスタマイズがほとんど出来ません。ここじゅげむと比べればそれは自由度がありません。わずかに一部のテンプレでCSSがいじれる程度。それでもまだありがたいので僕はカスタムテンプレを使ってCSSだけはいじくっているのですが(→ブログカスタマイズ)、HTMLはいじれない。不自由きわまりないのです。(有料版であればHTMLはさわれますがそれだけのためにカネ出すのも^^;)

    もっとも困るのはサイドバーの順番です。これが一番問題(汗)。
    サイドバーの構成は手をつけられません。なので上から、カレンダー、管理者ページへのリンク、エントリーアーカイブ(月別の過去記事一覧)、カテゴリリスト、新着記事一覧、コメント一覧、TB一覧、ブックマーク…と続くわけです。
    カレンダーも別に一番上になくてもいいのですがこれはまあいいでしょう。管理者ページへのリンクも最下部であっていい。しかしこれらは別にスペースに変化があるわけではないので我慢できる。
    困るのは「エントリーアーカイブ」です。月ごとの一覧。なんで困るかといえばこれは増殖してくるからです(汗)。徒然草ブログは2004年12月に開設、もっともテストやINDEXページを11月で投稿しているので実際は11月から始まります。ということは、明日は2006年12月なので、これ更新したら26行にも及んでしまうのですね。長いこと長いこと(汗)。
    本当は下のカテゴリアーカイブとかの方がずっと重要なのです。カテゴリ毎の投稿数も出ていますからね。しかしこれではどうにもならん。もっと下部の、例えばブックマーク欄とかプロフなんて見たことがない人がいるのではないかしらん。邪魔ですね。僕がもっとも重要だと思うブログ内検索なんてその下です。イヤになるな。HTMLがさわれれば、これをスクロール式にして一定の大きさにすることも出来る。それより下部に下げちゃうことも出来るのですが。
    なので、僕はCSSをいじくれるのをいいことに、エントリーアーカイブのフォントサイズを9pxにしています。せめてもの抵抗で(笑)。これで縮めているわけです。これ以上文字を小さくすると見えなくなる限界でございます。
    しかし…このエントリーアーカイブって見ている人がいるのかなぁ。まとめ読みする人はここを使いますね。しかしそんな奇特な人などそうそういるとは思えない。まとめ読みならカテゴリアーカイブの方が使いやすいですし、僕は蛇足かもしれませんがトップにINDEXも設置している。もうこれって邪魔でしかないものだと思うのです。パッと見て、ああこの人は長くブログをやっているな、という印象を持つ以上の役割はない。

    まだブログを閉じる予定はないので、これからもこのアーカイブはどんどん増えていく。もうそうなったらフォントサイズをゼロにしちゃおうかしらん。そうすれば、「過去の記事」というエントリーアーカイブのタイトルだけが残って中身は消滅する。最終的にはそれしかありませんね。タイトルがぽつんと残るのは不細工ですけれども。

    このじゅげむブログはそんなの自由ですから、一番上にブログ内検索、そしてカレンダーは残しましたがカテゴリ一覧、メインブログへのリンクをその次に持ってきています。これでなくちゃ。オリジナルと比べていただければ分かりやすい。そしてエントリーアーカイブはずっと下。この凛太郎亭ブログはこれでちょうど開設一年なのですが、以前にやっていた「lintaro's bar」というHPの過去ログを移転したので2年半ぶんの記事があります。やっぱりアーカイブは長い長い(笑)。
    しかし、これはHTMLをさわってスクロール式にしたりすることも可能なのですが、伸びるにまかせています。そのアーカイブの下にはスポンサーリンクとか見なくてもいいもの(汗)、また管理者ページへのリンクなどがあります。このあたり、ややこしいリンクも入っていますので(笑)、どちらかと言えば人目につかないほうがいい。なのでアーカイブでどんどん下に追いやっているのです。わはは。RSSが最下部ですけれども、登録してやろうと思われる奇特な方なら探してくれるでしょう。

    ブログをある一定の期間以上続けると、どうしても作りこみたくなる欲求って出てきますよね。なかなか満足しないもんです。

    続きを読む >>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/11/30 | ブログの話 | 22:41 | comments(2) | trackbacks(1) |

    過去記事が生きるということ

  • 2006.11.10 Friday
  • またもうひとつのブログの話なのですが…。
    以前にみんなの「アリス」という話を書いたことがありました。主旨は「過去記事は生きている」ということについてなのですが、最近またそれについて思いが深まる出来事がいくつもありました。
    僕はメインブログ「凛太郎の徒然草」で、旅行や歴史やプロレスの話などをいろいろと書いているのですけれども、その中でフォークソングを中心とした好きな歌、懐かしい歌という、まあ思い出話みたいなカテゴリを持っています。これは、うたを一曲取り上げてその曲の僕が知る背景と自分の追憶をグダグダと書いている記事なのですが、原則として一アーティストに対して一記事(吉田拓郎とN.S.Pについては番外)と決めています。別に他意はないのですが、ただその方が内容がダブらなくてよかろう、程度のことです。

    ところで、最近いくつかの過去記事にコメントがついています。アリスもそうですが、チューリップの記事にも先日来どっとコメントがつきました(僕にしては、の話ですが)。嬉しいことではあるのですが、恥ずかしい気持ちも多い。書き込みをされた方々は筋金入りのチューリップファンの方々であったからです。こういう書き込みを拝見すると、いかに自分が知ったかぶりで背伸びをして記事を書いているかがわかります。
    ブログの記事というのは、そのパーマリンクひとつひとつが自分の「顔」となります。書いた記事には責任を持たなくてはいけない。いかに僕がチューリップの専門家ではないと言ってもそれは許されません。全世界に向けて発信しているのですから。そんなことを痛感させてくれる出来事でもありました。

    そして、「六文銭」の記事です。これには、あの伝説のグループ「六文銭」に在籍されたかつてのメンバーの方ご本人から直々にコメントが入りました。こんなことがあってもいいのか。僕は本当に驚き、望外のこととて狂喜しました。しかし、「穴があったら入りたい」と思ったことも事実です。こういう「本物」の方がこの記事を読まれたのだと思うと、自分のあまりの生意気さに消え入りたくなります。そして、筋金入りのファンの方がまた書き込まれ、コメント欄で細に入った話が展開されています。とにかく嬉しいことですが恥ずかしい。そんな値打ちのある記事ではないのに。

    ブログというものは、いったい誰に向けて書いているのか。それは自分なりに以前結論は出しています。「自分のために書いている」です。しかし、世に出してしまうとそれは一人歩きを始める。
    ブログを書く、という行為を見直さなくてはいけない時期にきているのかもしれません。
    僕には、ブログを通じてお付き合いをしている人はごく少数の方しかいません。書くことに主眼をおいているために、あちこち出歩けないのです。かつて、自分にとってブログとはコミュニケーションツールではなくアウトプットツールだと書いたことがありました。
    僕のブログを継続して読んで下さっている方というのは、多分10人くらいではないかな、と推測しています。有難い方々です。しかし、アクセス数を考えるとその10倍以上は読まれている。かなりの方が検索でたどり着いて下さっているのではないのでしょうか。gooの貧弱なアクセス解析では詳細はわからないので推測ですが。
    ということは、その道に非常に詳しい方の目にも触れている可能性がある。かつて坂本龍馬はんについて何回か記事にしたことがありましたが、これは専門家であるヒロリンさんの目にも触れています。ヒロリンさんの細に分け入った質の高いブログを拝読していますと、もうあのような拙い記事を消去したくてたまらなくなります。ああ恥ずかしい。

    僕のフォークソングについての記事は、そろそろ転換点にきているのでしょう。この先どういう記事を書いていこうか迷います。まだまだいくつも書きたいことはあります。しかしながら、あまり無責任なことを書き散らしてもいいのでしょうか。その点で逡巡です。
    本当に自分に思い出が深いものについてだけ書くか。「一アーティストに対して一記事」などと言う生意気な原則は捨てて。レビューなどということは考えず思い出話に絞るか。ちょっと考え直してみたいと思います。まあそんなことを考えること自体が自意識過剰という見方も出来るだけに恥ずかしいのですけれども。

    でもまあ、時として嬉しいこともあるのです。今回の六文銭の記事におけるご本人の「御降臨」もそうですが、他にもいろいろと。
    goo無料版にはリファラ表示がなく貧弱なアク解しかないので、アクセスがどっと増えた時などは自分のアドレスを検索したりします。どっかで被リンクされたのではないかと。そうして、時々掲示板やHP、ブログなどで自分のブログのアドを見つけることがあります。そんなときはなんだか嬉しい。ああ読まれているのだなと。
    例えばこういうささやかな記事をふと見たときなどは、ああ書いてよかったなと思えます。伝わっているのだなと。
    そんなこともあるので、以後は身の丈に合った記事を書いていこうと思います。原点に戻って。書いた記事は全て自分の「顔」となるのですから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/11/10 | ブログの話 | 23:07 | comments(6) | trackbacks(0) |

    gooブログの機能改善(?)で困る

  • 2006.11.02 Thursday
  • ここはじゅげむブログです。そりゃわかってますって(汗)。
    でもメインブログは、gooの「凛太郎の徒然草」なのです。こっちはその愚痴ブログなので、ここにクドクド書くのですが…。

    気がついたのは昨日の事です。キッカケは「アクセス数激減」。アクセスip数がいつもの半分になっている。まあそういうことは「つまらないブログ」として当然ありうるわけですが(涙)、最近はアクセスがいつもより多めだったので、あれ、おかしいな、と。
    スタッフブログに飛んでみました。そうすると、えらいことになっています。いわゆる「炎上」というやつですね。

    概要文機能改善のお知らせ

    gooブログは「概要文」が書けるようなシステムになっているのですね。詳細はこちら
    その概要文を、「区切りの位置を本文先頭から200文字程度に統一いたしました」という「改善」を行ったのです。さすれば、もう非難轟々でありまして…。
    この非難はよくわかります。僕は概要文(続きを読む)という設定はうっとおしいので嫌いなので使用していないのですが、これを上手く使ったブログは多い。ちょっと思わせぶりの文章を書いておいて…とか、概要文を一行表示に統一して、とかね。それが一律200文字となってしまったわけですから、今までの記事のレイアウトがみんな崩れてしまうのです。泣けるだろうなぁ。これが「リクエストによる改善」らしいのですから哀しい。
    この非難の声はよくわかります。今まで「炎上」はよく見てきましたが、たいていそういうのには「人間の醜さが出るなぁ」と批判的視点で見ていましたが、今回のことは厳しい。つい炎上に対して「もっとやれ!」と不謹慎なことを考えてしまいます(汗)。これがひとつの圧力になればねぇ。コメントはみんな罵声じゃなくてちゃんと意見を書いているし。

    さて、冒頭に書いた「アクセスカウント障害」は、この機能変換に付随して起こったものらしいです。そういえば、僕はコメントがついた時にメールでお知らせしてもらうシステムにしていたのですがそれも機能していなかったようで。なのでコメントを見逃していました。
    まあこういうのはいずれ復旧するはずです。他にも、タグが間違って表示されちゃったりヘンな記号が文章内に紛れ込んだりしている不具合も出ている由。

    まあそういうのは解決しそうな問題です。しかし、これでひとつ困った機能が失われていることに気がつきました。それは、

    「非表示カテゴリ」の記事が表示されなくなった

    ということなのですね。これは痛い。
    「非表示カテゴリ」であれば表示されないのは当然だろう、と思われるでしょうが、これはちょっと違うシステムなのです。gooってのは、「隠し記事」が作れるのです。
    管理画面でカテゴリの設定をします。僕であれば例えば「酒についての話」とか「都道府県見て歩き」とかですね。そういう基本設定の中で、「表示外記事」というカテゴリをひとつ作っておく。
    管理画面では、カテゴリの一覧管理で、「そのカテゴリを表示する・しない」という選択肢があるのですね。そこで、「表示外記事」というカテゴリを「選択しない」にしておく。そうすれば、表示外記事カテゴリで書いた記事は、自分のブログ上には表示されない。しかし、実際にはURLを持った記事として存在しているのです。わかりにくいですかね(汗)。
    つまり、その記事自体のURLを指定した場合は表示されるのです。なので、データや後日談などを表面は見えないところで書いてリンクを貼ることも可能ですし(枝記事が作れる)、またトラックバック用の記事を書くことも出来ます。トラックバックを打って意見を言いたいのだけれども自分のブログ内容にそぐわない内容である場合便利です。
    まあいろいろ使い道があるわけで、僕はこういう「隠れ記事」を50記事ほど持っています。
    それが、一切表示されなくなった。これはどういうことでしょうか。
    どういうことでしょうか、と言っても、例えば「ブログの使い方」などに「こうして隠れ記事が作れる」などとは書いてはないわけで、ある意味「ウラ技」的な事柄です。なので全くこのことについてはアナウンスされない。
    でもなぁ…。これは僕にとっては結構重要なアイテムだったのですよ。この「隠れ記事作成」「未来の日付で投稿」などがあるために、gooブログの価値があると言ってもよかったのですから(笑)。このじゅげむに比べて実に使い勝手の悪いgooブログが。

    しかし今さら移転など出来ません。何年も積み重ねたものがある。とにかく不具合であってくれることを望むだけです。アナウンスが全くなされないのは「ウラ技」であっただけにしょうがないのかもしれませんが…。
    これが不具合でなかった場合は、もうひとつ隠し記事専用のブログを持って、それに隠し記事を全て移転してリンクを貼るしかない。トラバはこのじゅげむブログを主体にして…。ああ面倒だし格好悪い。
    とにかくしばらく様子を見ます。単なる不具合で杞憂に終わればいいのですが。「杞憂でした」と追記がしたい。
    概要文表示問題についても善処を望みます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/11/02 | ブログの話 | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

    YouTubeのリンクを貼っていいのか

  • 2006.10.28 Saturday
  • ネットライフをおくっている人で、YouTubeを知らない人はおそらく少数派だとは思いますが、このサイトはつまり動画配信サイトです。アメリカのサイトで全て英語で構成されているためにとっつきにくいのですが、誰でも動画が貼り付けられて無料で閲覧できるので便利です。これが何故問題なのかということについては、もちろん著作権の問題です。
    本来は自分でとったビデオ動画などをウェブ上に載せて広く見てもらいたい、という目的のサイトであったと思われるのですが、当然のことながらTVで流れた映像、コンサートなどを撮影した映像がどんどんアップされている状況。だからYouTubeは有難いのですが(汗)、当然TV局や映像会社は困るわけで削除を要求します。ただアップする際に規制が事実上かけられないので、削除してもまたアップ、のいたちごっこで揉めているのが実情のようです。
    ただ、先日から削除スピードが上がったような気がします。「ユーチューブが3万件削除 著作権侵害の指摘受け(gooニュース)」と本格的にメディアが動き出したからでしょう。まあ当然のこと、と言えば当然ですが一般視聴者からすれば残念なことではあります(汗)。

    さて、ブログをあちこち見ていますとYouTubeの配信動画を貼り付けたサイトを多く見かけます。2ちゃんねるのYouTube板ほどではありませんが、引用としてYouTubeの当該ページを貼り付けることは普通に行われています。そんなブログを集めて人気ランキングを作るサイトもあり、日常茶飯事でしょう。僕も引用リンクを貼ったことがあります。便利ですからね。
    これは果たして引っかからないか、ということはぼんやりとは考えていたことですが、「まあいいか」ということで放置してきました。動画そのものを貼り付けているわけではなく、僕の場合ただアドレスをリンクしているだけですからね。URLなんて結局文字列ですから、そこに著作権云々など本来は発生しないはずです。
    動画をリンクする方法もあるのですが(→こちら)。こんなことは紹介しない方がいいのでしょうけれどもね。

    さて、そうやってリンクを貼る動画(または動画を掲載しているページ)は、やはり著作権侵害の違法動画であることが多いのですが、それが違法動画であることを承知でリンク貼っていいものなの、ということが論議対象となっているようです。

    「YouTube人気動画リンク集」は合法か(1/2)


    この記事は「人気動画リンク集サイト」への言及であるけれども、個人ブログでも同じことでしょう。ウェブ上のサイトであることには違いがないからです。
    上記リンクでは、「送信可能化権」と「自動公衆送信権」について著作権問題を分けて考察していてややこしいのですが(いや法律論としては当然ですが^^;)、違法動画をそれと知りつつ紹介することで「幇助罪」が適用される可能性が示されています。確かにそれはそうかもしれませんが…。違法動画は「視聴されること」で違法性が確立し、その「視聴」の手助けをしたことになりますから。うーむ。しかしURLを貼り付けることで幇助罪が発生するというのはどうも納得しにくいのですが。

    実際はそんなブログにまで司法の手は当然伸びませんが、アクセスアップ目的でYouTubeの違法動画を貼ることは控えたほうがいいのかもしれませんね。どんないちゃもんがつくか分かりませんから。
    それに、リンク貼ってもすぐにリンク切れしちゃいますし。

    続きを読む >>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/10/28 | ブログの話 | 13:51 | comments(2) | trackbacks(14) |

    ページ送り機能を導入

  • 2006.10.13 Friday
  • じゅげむブログは、ユーザーの要望に一生懸命応えてくれていてなかなか好感が持てるわけですが(まるで媚びているかのように…それは言い過ぎか^^;)、最近は「お客様のご要望に対応しましたシリーズ」なんてなタイトルでいろいろリリースしてくれています。
    大半はあまり用の無い部分なのですけれどもね(汗)。でも助かるのもある。管理画面に『記事のページ送りに「最初のページ」「最後のページ」のリンク』を入れてくれたりね。そんな気遣いは嬉しい。スパム対応も次々と対策機能を打ち出してくれている。全然ユーザーのリクエストを聞かない某ブログとはえらい違いで…それはまあともかく(汗)。

    今度は、カテゴリ、アーカイブページにページ送りを導入しますという機能を追加してくれましたよ。こういうのも有難いですね。早速導入してみることにします。
    公式ブログを使っている場合は再ダウンロードすればいいだけのことですが、僕はあれこれカスタマイズしていますので再ダウンロードというわけにはいかない。タグを埋め込む作業が必要です。それには、上記リンクの情報によると
    <!-- BEGIN page -->
    {prev_page_link}&nbsp;{page_now}/{page_num}PAGES&nbsp;{next_page_link}
    <!-- END page -->
    というタグを挿入しろと書いてあるわけです。
    そんでやってみたのです。構造で言うと<!--BODY-->の最下部に挿入ということになりますね。
    しかし、どうもうまくいかない。いや、ダメということではないのですよ。でもカッコよくはない。文字の大きさと位置が悪い。左寄せに表示されちゃうのです。なんでだろ?
    僕はこういうことはトンと詳しくないので、このテンプレの元になっている「cutout」のソースを見てみることにしました。すると、
    <!-- BEGIN page -->
    <ul class="navi">
    <li class="prev">{prev_page_link}&nbsp;</li>
    <li class="num">{page_now}/{page_num}PAGES</li>
    <li class="next">&nbsp;{next_page_link}</li>
    </ul>
    <!-- END page -->
    となっています。なのでこれをコピペすることにしました。
    そうすると…うまく表示されないのです。弱ったな。僕のテンプレは古いのですよ。約一年前のカスタマイズですから、何かがその間に変わっているのだな。
    このソース、HTML知識のある人はわかると思いますが、<ul>とか<li>とか入っていますよね。これって箇条書きタグなんですよ。どうしてこういうものが入っているのかがよくわからないのですが、このせいで表示が3段になってしかも・〜表示になる。なのでこれを取っ払ってしまいます。そして文字の大きさをフォント2にして、中央寄せにしてみます(これだとやっぱり左寄せ表示なので)。ということで、
    <!-- BEGIN page -->
    <center>
    <font size=2>
    <class="navi">
    <class="prev">{prev_page_link}&nbsp;
    <class="num">{page_now}/{page_num}PAGES
    <class="next">&nbsp;{next_page_link}
    </font>
    </center>
    <!-- END page -->
    としてみました。
    うーむ、これならちゃんと表示できたぞ。一件落着。

    と、ここまでやっておいて、ふと疑問に。最初のソースと表示が全然かわらないのです。この「cutout」のソースにはclass属性が入っていますが、そんなのいらないのじゃないか?
    なんのclass属性でどう制御されているのかはサッパリわからないのですが、最初のソースに戻してみることにします。フォントと中央寄せのタグだけは加えて。
    <!-- BEGIN page -->
    <center>
    <font size=2>
    {prev_page_link}&nbsp;{page_now}/{page_num}PAGES&nbsp;{next_page_link}
    </font>
    </center>
    <!-- END page -->
    これでやっても結果は同じでした。うーむ、何のためのclass属性だったんだろう? おそらくCSSの方で何か(それこそフォントしか中央寄せとか)制御していたのでしょうけれども、そこまでは見てなかったよ。質問してみたいのですが、誰も答えてはくれないのでしょうね(涙)。

    というわけで、最下部に<< 2/41PAGES >>などと言うページ送り機能が加えられています。トップページ、カテゴリページ、アーカイブページで活用できます。もちろんパーマリンクでは出てきませんよ。当然のことですが(汗)。
     
     
    続きを読む >>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/10/13 | ブログの話 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) |


    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM