スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    最近の僕のネットでの動向

  • 2012.05.26 Saturday
  • えー、ご無沙汰しておりやして…(こんなふうな書き出しは多分初めてでしょうな)。
    ブログなんて書こうが書くまいが勝手で「ご無沙汰です」なんて書いたら僕は恥ずかしいわけです。誰に向かってご無沙汰なんて言ってるのかってね。しかしながら、今回はこの凛太郎亭に僕自身が「ご無沙汰」と思っちゃったわけで、こんな書き出しに。
    僕は比較的定期的には書いているほうだと自分では思っているわけですが、複数のサイトを持っている場合、力配分が難しくなってくるわけです。で、ここがひと月以上お留守になってしまったと。間に、徒然草には一度記事上げましたけどね。でもあそこはもう月イチ月末更新ってのが定例化してますから。
    この間、いろいろあったんですけどね。G.W.もありましたし。僕は近場ながら奈良に3泊してまして、カミさんと山之辺の道16kmも歩いたりしていたわけです。こんなの、古代史ヲタの側面もある僕ですから、普通連載で書きます。しかし、書けなかった。いや、別に忙しくしていたわけじゃないんですよ。バタバタしてネットに入れなかったんじゃない。むしろ、PCの前にはいつもに増して座っていたわけです。

    で、僕が最近、どこに生息していたのかといえば、SNSです。(゚∇゚ ;)エッ!?
    これを言うのこそが、後ろめたいわけです。
    オマエSNSにだけは絶対に行かへん、て言うてたやないか、あんな閉鎖的なとこで書くなんて考えられん、mixiの誘い何回も断わったやろ、それで人間関係悪うしたん忘れたわけやあるまい、とね。
    断わった人はもうここなんて見ていないと思いますが、もし見ていたら困るな。ごめんなさい(汗)。

    しかし、SNSと言っていいのかな。別に会員登録しなくても記事は閲覧できますからね。普通のブログだと言うことも出来る。けどやっぱりSNSかな。登録しないとコメント入れられませんからね。限りなく開かれたSNSかな。
    だから、リンク張ることも出来ます。これです。→凛太郎の自転車操業
    僕にしては、5つ目のブログと言えるかもしれません。といって、郷土史ブログはもう終わっちゃったし、ひとつは一応補完用ブログだから、まあ3つ目でしょうか。
    何がSNSと言って、SNSの定義はいろいろあるわけです。ソーシャル・ネットワーキング・サービスですから、会員以外可視できないサービスだけを示すわけじゃない。普通は、mixiやfacebookみたいに完全会員制を言いますけど。
    SNSを、公的定義どおりに社会的な繋がりをインターネット上で構築するサービスだとすれば、ブログだってそうですし、個人HPでも掲示板を付けてればSNSになりえます。twitterはいわずもがな。だから、何だってそうなのです。あとは、割合といいますか、パーセンテージがどっちに寄ってるか、ですね。コミュニケーション重視なのか、アウトプット重視なのか。コミュニケーション重視であれば、それはどんなメディアで書こうとSNSっぽくなってくるわけです。
    そして、その個人の考え方による色分けだけではなく、やっぱりそのサービスそのものの軸足がどこに置かれているかも、大きな影響があります。ブログでも、FC2やライブドアはあまりSNSの香りがしませんし、昔の楽天やyahoo、そして昨今のアメーバなどは、SNSっぽいわけです。アメブロだってコメント欄その他を閉鎖してればSNSではなくなりますけれどもね。
    そういう意味においては、僕の今いる西宮流コミュニティという場所は、明らかにSNSでして。なんせ西宮市住人か、ゆかりの人しかいないわけですから。非常に限られた社会内で成立しているサービスです。いる人はみんな、オフでも知り合いみたいな感じで(笑)。僕も、こういうところで自分をさらけ出して書いていたら、あっという間に特定されてしまいます。危険だな(汗)。
    しかしあたしゃ、やっぱりこういうところでもアウトプット命でいるわけです。浮きますな。

    じゃなんでそういう場所で書いているのかってことですよ。それにはいろいろ事情がありまして。
    この「コミュニティ」に登録したのは、例の郷土史ブログをやっていたからです。
    書いている時に、どうしてもリンク張りたくなる記事がありまして。それは、このコミュニティ内の記事だったわけですね。そんなもの、勝手にリンク張ればいいわけですよ。僕のいつもの流儀であれば。で、トラックバック送信すればいい。このコミュのブログは、コメントは会員のみですが一応トラックバックは外部からも受け付けているのです。そういう意味においては開かれたブログなんですが、新着トラックバック欄というものがサイドメニューにないのです。エッ? (;゚゚)ノ マジ?
    しかしそんなものが無くても、ブログ主にさえ伝わればいいわけですが、それも伝わらないのですね。なんせ、編集トップページというものがないのですから…。新着トラックバックが過去記事に送られれば、それを知る手段はない、と言っていいわけです。
    システムとしては、ちょっとエキサイトブログに似てますね。ログインして「New Post」をクリックすれば新規投稿できます。で、その記事を手直ししたいと思ったら記事末尾の編集ボタンをクリックして編集ページに飛ぶ。そんなふうにエキサイトは、簡単に記事投稿&編集が出来ます。
    しかし、エキサイトは編集ページがないわけではありません。ちゃんとあって、過去記事管理もコメント&TB管理も出来る。しかし、西宮流にはそれがないのですわ(汗)。
    だから、一ヶ月前の記事にTBを送信しても、まず気づかれない。全然言及通知機能という役割を果たしていないわけです。だったらなんでTB機能なんてあるんだよ!
    だから、言及しましたよとその記事に対してアピールするには、コメントを書く以外ないわけです。で、しょうがないから会員になった、と。別にアピールしなくてもいいわけですが、このコミュは団塊の世代の利用が多く、わりにブログ慣れしてらっしゃらない。なので失礼に当たらないように一応気遣いは必要かと思いましてね。
    もちろん、会員になっても別にそこで書かねばならないことはないわけです。だから、西宮の歴史散策サイトやってます、みんな見てね、という記事だけアップして、放置していたのです。

    しかし、僕もそういう「西宮市民しか参加していない濃密なサービス」というものには、魅力もあるわけです。自己アピールのためにもね。なので、徐々に利用するようになりました。利用の仕方は「ちょっと歴史っぽい西宮・ウラVer.」ですね。サイトが完成して後、新たな発見があったりもします。それを郷土史サイトに付け加えたい。しかしながら、ライブドアブログは15000字制限があって、僕はもうひと記事に字数ギリギリまで書いているのです。僕の習癖ですね(笑)。だから付け加えられない。なのでその「西宮流ブログ」で補完記事を書いて繋げる、という方法をとりました。さすれば、プラスして集客もできるわけです。
    ま、そんな感じで気軽に利用していました。別に自分自身の軸足をそのコミュニティに置く、なんてことは考えぬまま。
    しかし今回、ちょっとその場所で、集中連載を始めてしまったわけです。ここ一ヶ月くらい。
    中身は、国指定史跡「西宮砲台」についてなんです。
    ちょっと歴史の話になりますが、西宮市の海岸に幕末に建造された砲台があります。こういうの。これ、勝海舟が設計した攘夷用の(黒船迎撃用の)砲台なんですが、なんせデカいものです。高さ約12m。幕末の土木技術を知るうえでも大変貴重な史跡なのですが、これ、西宮市民においてはどうもバカにされる対象なんですね。それは、幕末これが完成したときに大砲を試し撃ちしたところ、中に煙が充満して砲手もあわてて逃げ出したという逸話が残っていて、使い物にならない無用の長物という評価が定着しているからなんです。
    僕は個人的に、そんなことはあるまい、と思っているわけです。なんせ龍馬はんの師匠の勝のとっつぁんが設計した砲台ですよ。凛太郎として、そういう評価が定着していることは我慢ならないわけです。僕のことを知っている人ならおわかりですね。
    そのコミュでは、やはり最近もこの砲台のことを「役立たずのガランドウ」なんて書いていた方もいて。なにをぉ!というわけで、僕は歴史ヲタクのプライドを賭して、勝麟太郎海舟の名誉挽回をかけて反論記事を書くことにしたんです。
    なんせ西宮市の人に読んでもらいたいから、こういうコミュが一番なわけで。
    で、それが一ヶ月以上かかっているわけ(笑)。なので、他のメディアはどこもかしこも今はお休み。

    でもね、そんなの一ヶ月もかかるものじゃないのですよ。そりゃめちゃくちゃ力は入りましたが(勉強も必要だったので)、もう実は現時点で書き終えているわけです(だからこうして凛太郎亭に出てきているのですが)。だいたい、全部で60000字くらい。そのくらいの連載、徒然草なら何度もやっていますし、ここでだって今年に入っての「キラキラネーム」の連載はそれに近い。でもね、なんせそこは一度に全角2000字以上は受け付けてくれないのです(汗)。なので、ちょっとづつ小出しに連載ってことになっちゃう。結局全30話ということに。
    原稿は別のエディタでもちろん一気に書いています。僕は勢いで書くほうなので、時間があるときにババババッと打ちまくる。けど、それをアップするのに、やっぱり推敲がいるんです。中身じゃなくて、たいていは字数を削る作業ですね。コピペしてえいやっとアップしようとしても「字数オーバーです」と言って受け付けてくれない(涙)。で、少しづつ削って当てはめる。そんな作業に早朝は忙殺され、ほかの事をしている余裕がありません。
    そしてそこは、一発勝負なんです。つまり、草稿状態で記事を置いておけない。先ほど申しましたように管理ページというものがないわけです。前の楽天ブログみたいなもんかな。だから、事前に準備できないのです。うわ面倒くさい。
    他にも、特定のタグが使えなかったり、投稿ページにさまざまな制約があったりで、使っているぶんには全くブログという感じがしません。昔、ブログを始める前にgooの簡易日記サイトで「lintaro's bar」というのをやっていたときのことを思い出しました。あれもう8年前やん! あの時代の不自由さと、ほぼ同じ。

    で、こういうコミュニティに毎朝2000字くらいの記事を投稿しつづけていますと、反響もあるんです。そこらへんが、SNSですね。徒然草や凛太郎亭で書いていたって絶対にダメ。限られた人たちしか読んでいないことが有利に働くのです。おそらくは、コミュに新着記事一覧ページがあって、そこから飛んできていただける。そして、利用者が少ないからその新着一覧からなかなか流れ出ていかないのです。朝一番に記事を上げて、夜まで一覧表に存在していたことも。つまり、もう記事をセカセカと書く時代を過ぎ、特定の人が書いた記事のコメント欄で交流をはかったりするようなサービスになっちゃってます。SNSですな。だから、僕などは目立つ。こんな鬱陶しい歴史ガチガチの記事でも、日のユニークユーザーが100を超えます。
    大変有難い話で「西宮砲台について見直した」という声もよせていただく。僕としては勝海舟とその砲台の名誉回復が目的ですから、これはいい流れであるのです。
    ですが、やっぱりSNSですね。「話題の砲台前の海岸でみんなで集まって飲もう」なんて企画もあらわれたりする。すぐさまオフ会だ(笑)。で、僕にも当然お誘いがかかるわけです。なんせみんな近いところに住んでいるはずで、しかも団塊の世代で時間のある方が多いから、こういう話は早い。たまたま僕は予定があって(これはホントです)不参加でしたが、地域SNSのすごさを思い知った次第。人間関係は、まあ濃密になりますよこういう場所にいると。だいたいコミュニティと銘打っているサービスで、コミュニケーションを避ける人間は、いちゃいかんのだと思いました(笑)。

    今週いっぱいで、連載も終わります。また、もとのネットライフに戻るかな。
    しかし、久々にこうやってダラダラ書きをしました。ここなら読者のことも考えなくていいし、字数を気にしなくてもいいし、ああホームって本当にラクだなとつくづく思っています(笑)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2012/05/26 | 雑記 | 22:40 | comments(4) | trackbacks(0) |

    今年も、年だけは変わらずに暮れる

  • 2011.12.29 Thursday
  • 年の暮れ、と言われ始める時期になってからこっち、大阪も神戸も西宮も、街はイルミネーションで彩られています。いくらLEDだとはいえ、「節電」とはいったいなんだったのかと思わされます。いや、関西でもまだ節電は訴えられていて、新聞でも「でんき予報」なるものが出ています。しかし、全く実感は伴わない。電力会社のプロパガンダとしか思えなくなっています。
    この「節電」で、あのときは信号が消え死者が出、病院等は大変な難渋を強いられたのだ。その大震災のことも、もはや過去のことに押し流してしまうかのような街のイルミネーションに、僕は複雑な心境を覆い隠せません。
    いや、イルミネーションはいいんだ。こういう書き方をすると誤解を呼ぶ。「自粛しろ」なんて思ってません。大いに輝いてくれ。僕の違和感はそこにはなくて、あくまで「節電を乞う電力会社」と「光の祭典」が共存できている不思議さにあるのです。
    寿ぐことは寿ぐべきだ。それは、思います。世間では、自殺者数がまた30000人超え。震災で亡くなられた方が約20000人であることを思えば、なんたることかと。
    今、生ある全ての人に祝福あれ。今年は、強くそのことを感じざるを得ません。

    ま、面倒臭い話はともかく。ネットに居るんだからネットのことだけを振り返ればいいんです。
    で、振り返ってみますとこれが…。このブログは従来からも確かに手抜きで成り立っていますが、その手抜き度合にも程がある、と今年は言わざるをえませんね。年内書いたものをいまざっと振り返って、そのスカスカ具合にちょっと自分でも呆れます。いくら余剰パワーの8〜9割方を郷土史ブログにつぎ込んだとはいえ…。
    その郷土史ブログは終わりましたから、来年からはもう少しマシなものが書けるようになるか、といえば、どうもそうはならない気もしています。一旦こうした手抜きを覚えると、ラクな方へ流れますからね。
    今年は「フローとストック」という話を数回しましたけれども、少しでもストックたらんとするならば、もう少しちゃんと書きたいもんです。カテゴリが「雑記」「短文」「ブログの話」ばかりで埋まらないようにしたいな。これもひとつの自分史だと思えば…。
    そんな内容の無い「凛太郎亭日乗」そして月イチ更新の「凛太郎の徒然草」に訪問してくださった奇特な皆様に、本当に厚く御礼申し上げます。また来年も懲りずに何かは書きますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
    ブログは、今日で年内最後の更新となります。徒然草にも、何だか奥歯にものの挟まったようなややこしい話を書いて、終わります。どうもありがとうございました。

    さて、明日から僕はまた出かけてしまいます。雪深い妻の実家で年を越すのが目的ですが、29日は東京に寄ります。
    目的は、もちろん天皇杯。我らが紫の勇者たちが横浜Fマリノスと準決勝を戦いますので、気持ちだけでも後押ししたい思いが止まず、国立競技場へと馳せ参じます。
    あの、黒部や松井大輔やパクチソンを擁し天皇杯を制した2002年以来の快進撃。今度も、あの時と同じ若いチーム。しかも今、J2ながらサンガ史上最高のサッカーを彼らは体現しています。アントラーズに次いでマリノスも喰えるか。宮吉や久保やドゥトラが、中澤や栗原らの強力DFを切り裂けるか。声が涸れても、それを見届けたい。

    では、頑張ってきます(笑)。みなさんも、どうかよいお年を。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/12/29 | 雑記 | 00:21 | comments(12) | trackbacks(0) |

    週末日記

  • 2011.10.02 Sunday
  • この二日間、何だかまともに休日だったので、今日はちょっと日記書いてみます。普通ですけど(汗)。ということで、先月末の夜から。

    9/30 pm7:30 「さど×まさし音楽会」Public Viewingを観にゆく 雨が止んで助かる
    まっさんが西宮に来るというので観に行きたかったのですが、世の中そんなに甘くはありません。「さだまさし」の名前は凄いんです。即日完売、というより即時完売、即分完売みたいな状況だったようで。
    ただ今回は、いつものコンサートではなく佐渡裕&オーケストラとのジョイントで、 震災チャリティなんです。なので少しでも募金の人数を集めることも重要なこととの判断からか、無料でコンサート会場前広場にパブリックビューイングを設けてくれるとのこと。なので、行ってきました。
    場所は、阪急西宮北口駅前すぐの県立芸術文化センター。通称「ゲイブン」。開演は6時半からなのですが、それはさすがに無理。僕は7時半くらいに現地に到着しました。もちろんカミさんはとっくに来ています。
    僕が着いた頃に雨が止んだようです。開演時にはまだ降っていたらしく。ラッキーでした。
    ゲイブン前の広場には、モニターとスピーカーが。そんなに大きなモニターではなく「街頭テレビってこういうもんだったのかな」と思ったり。
    この「さど×まさし音楽会」は、どうもNHKが後で番組にするらしく、ネタバレになるのでルポは止めます。
    ただ、このコンサートはオケが主体であって、ちゃんとクラシックの曲もやります。オケでシベリウスなど6曲。さだまさし6曲。それで休憩含み2時間半の予定ですから、今回はまともに曲中心でなされると思ってたのです。ところが、やっぱりしゃべるしゃべる(笑)。佐渡裕さんもしゃべる。その上、僕が到着した頃にちょうどマル秘ゲストが登場しまして、この西宮在住の超売れっ子落語家(これだけでわかりますね^^;)がもうしゃべりまくる(こんな人出てきたら話止まらんわな)。結局、いつものさだまさしコンサートと同じ。9時に終わるわけがない。大幅に予定を超過して終了。クラシックコンサートではありえないことですね(笑)。
    ひとつだけ。やっぱり「ライオン」が歌われたのですが、フルオーケストラと共演ですとこれはもう「泣け」と言ってるようなものです。あっしもジワリと…。

    9/30 pm9:50 帰宅 入浴 夕食
    外でメシ食べて帰ってもよかったんですけれども、先にどうしても風呂に入りたくて。そういう日ってあると思います。で、帰宅。ザブンとバスタイム。
    さて、ハラ減りました。ここまで、コンサートの休憩時間にゲイブンすぐ近くのコンビニでビール一缶買って飲んだだけ(街頭テレビコンサートだとこういうことも出来るのでいいな)。
    ところで、カミさんは外メシする気満々だったので、何か夕食の用意を仕込んでいたわけではありません。でも、手分けすればなんとかなります。シメジとししとうだけ買って帰って、うちにあったナス&茗荷とともに天ぷら。この遅い時間に天ぷらはどうなの、とも思いますがこれが最も早く出来るのです。僕はその横で大根をおろし葱を刻みます。これ、薬味ですね。さらに同時進行で大鍋に湯を沸かします。沸いたら、乾蕎麦を投入。これは、到来物の山形の羽黒蕎麦です。約8分茹でたらザルにあけて水洗い、最後に氷水でバシっと締めます。よし、上々。ちょうど天ぷらも揚がりました。そばつゆはさすがに面倒なので「寿がきや」の濃縮だしつゆで対応(笑)。出来たー。時刻は10時40分。では、いただきます。
    やっぱり天ぷらは揚げたてに限りますね。食べるとコロモがカシュっと音をたてる。もう少し時間が経つと具材から水分が出てきてしまうのだな。ハフハフと熱い天ぷらを食べ(ナスは外がサク・中がねっとりムフ)、次にキリリと締めた蕎麦をズズッ。うひーたまらん。決め手は、信州善光寺の七味唐辛子「八幡屋礒五郎」です。こんなに蕎麦に合う七味はない。これがあるから蕎麦を食う、みたいなものかも。そして、日本酒を冷やでグビリ。五臓六腑ぅ。あっふ〜ん幸せ。
    酒呑みながらなのに、15分くらいで食べきってしまうな。幸せは長くは続かない。まあね、天ぷらはヘタるし蕎麦は伸びるから早く食べるのが鉄則なのですけど。

    9/30 pm11:30  ちょっとPCタイム
    カミさんは布団に入りましたが、僕は少しだけネット接続。あと30分で9月が終わるので、それまでにブログ記事をひとつ投稿しないと(汗)。
    もういっこの某メインブログは、今年に入ってずっと月末にひと記事だけ投稿するにとどまっています。月別アーカイブに穴をあけたくないという理由だけで、何とか月イチは投稿してます。でもいつもギリギリ。
    これ、ひと記事を一気に書いているわけではなく、5行書いては次の日、300字書いては翌週、てな感じで間を置いて書き続けてますので、あとで読み返すと整合性がとれてない場合が多々。それを、ざっと推敲して語句を少し書き直し削りしてアップ。ふう、間に合った。記事はこれです。あのブログも始めてまる7年経つけど、ユーミンをとりあげるのは初めて。
    日付がかわって10月1日、睡眠薬代わりに清水義範の本を読みつつ、就寝…。

    10/1 am7:00 起床
    珍しく朝7時まで寝ました。最近歳をくったせいか、どれだけ夜が遅くてもどうも夜明け前に目覚めてしまいます。6時間以上寝られたら良し♪
    トースト(8枚切)とヨーグルト、コーヒーの簡単な朝食。精進揚げとはいえ昨夜遅くから天ぷら食べたので、多少もたれてそんなにハラ減ってないんです。コーヒーおかわりして、ゆっくりと新聞を読み、相方は広告チラシに目を光らせる。いつものまったりとした休日の朝です。

    10/1 am8:30 自転車に乗り西宮ポタリング
    昨日とかわって秋晴れの空。気持ちいいっすね。\(^o^)/
    最近運動不足なので、ちょっと自転車に乗ってひとりウロウロ。目的は、写真撮影とか。
    別で書いている郷土史ブログも、始めてからもう一年を過ぎました。予想以上に長引いています。で、載せる画像はほとんど撮影済みなんですが、書いていると「あ、これ抜けてる」とかやっぱりあるんです。そんなのを補完しにウロウロ。
    あのブログも、残すところあと5回だな。名残惜しい。しかしおそらく今月中には終わらない(汗)。今年中には絶対に終わるけど…。
    10時を過ぎて、西宮ガーデンズのブックファーストへ。休日の書店って何でこんなに楽しく寛げるのでしょうか。好きですね、書店のひととき。あれこれ物色して時間があっという間に過ぎます。ここにはソファもあるので疲れません。

    10/1 am11:30 天下一品へGO!
    10月1日は「天下一品祭り」。ラーメン無料券をくれるので、これはどうしても行かなければなりません。行かないという選択肢は京都人の僕には無いのです。
    今年はたまたま僕も行ける土曜日なのでラッキーだったのですが、うちの最寄の天一だった上甲子園店が閉店してしまったため(涙)、ちょっと離れた城ヶ堀店へ。近所に天一がなくなったのは悲しい出来事でした。
    店でカミさんと待ち合わせ。さすがに今日は行列が出来ています。しかしほどなくして入れました。
    「並ふたつ」「こってりでよろしいですか?」「当然。」
    ほどなくして出来上がりました。ではいただきます。
    もう何を論評するわけでもないのですが(今さら)、やはりソウル・フードのひとつですねこの天一のラーメンは。賛否両論ありますけど、子供の頃からの刷り込みですからもう逃れられません。天一好き♪
    完食(完麺完汁)。ごちそうさまでした。

    10/1 pm1:00 酒ぐらルネサンスin西宮えびす神社
    今日と明日は酒ぐらルネサンスです。毎年恒例の西宮市をあげての日本酒祭りですが、これは見方を変えれば「タダで酔っ払える」イベントでもあるわけです。えびす神社では祭りらしく鏡開きに振舞い酒、そして各酒造メーカーのブースでは、自慢の幾種類もの酒を揃えて試飲させてくれます。これだけでもうへべれけに。そして市内のよりすぐりの飲食店が特別に屋台を出し境内が巨大な居酒屋に。また、白鹿、大関、日本盛などの大きな蔵は自社のショップもサテライト会場として開放していますから、全てを回ればベロベロになります。うひょー(笑)。
    さんざん呑み、屋台でうまいものも食べ、いい気分になってあちこち出歩きます。白鷹の会場ではソプラノ播摩夏奈さんのミニコンサートでさらに酔い…結構なことですね。
    白鹿の酒ミュージアムにも寄ります。ここはつまり酒の資料館なんですが、普段は有料なのにイベント中は無料開放。なので、毎年入ります。そういえば昨年は、この資料館の中で郷土史ブログ用に何枚も写真を撮りました。その写真が活用できたのは、時系列でやってますんで半年後の4月でした。
    さらに半年。また白鹿の酒造博物館の無料開放の日が来ました。まだサイト出来上がってません(汗)。今年も、記事用に写真を撮ります。今度の画像は、しばらくしたら出てくると思います。
    あちこちウロウロして、夕方帰宅。酔っ払いましたね。少し寝っころがって牛になります。ふぅ。しばらくは読書タイム。

    10/1 pm7:00 夕食 団欒
    といっても、昼に天下一品でラーメン食べてからずっと呑み食べ続けていたようなものです。お腹空いていません。ダイエット中だったらもう夕食は抜くところです。しかし、なんとなしにおさまりが悪いので、入浴後仕切りなおしです。
    メニューは茄子の田楽(昨日の残りのししとう添えて)、カスベの煮物(エイのヒレの干物を戻して煮付けたものです。カミさんの実家の定番)、菊の花のお浸し(これも津軽の定番)で、焼酎のロックを(まだ呑むのか^^;)。いずれも少しづつです。それから、銀鱈粕漬けでごはん一膳。
    その間、テレビ観てました。ふと思い立って新聞を見たらフィギュアのジャパンオープンやってましたので。テレ東だからヘンな演出も少ないかなと思いましてね。
    いやあ、シーズンにはまだ早いからか、各選手ミスだらけで。ミキティなんて転倒また転倒、回転しないわで80点台。まあしょうがないのかなぁ。まあね、コルピ選手が出ない時点で楽しみが半減…。(アホカ)
    その中で、レオノワやロシェットを上回って女子のトップにロシアのトクタムショワという選手が。何と14歳ですって。驚きです。以後どうなってゆくかな。とにかく軽いんですよ。ふわりと浮かぶように飛ぶそして回る。重力の設定が彼女だけ違っていたかのようでした。楽しみ。

    10/1 pm11:00 就寝
    まだ寝るには早いんですけど、寝床で本読み出したら知らぬ間に寝ていましたわ(汗)。

    10/2 am5:30 起床 PCの前
    また夜が明けきる前に目覚めてしまった…。しかしまだカミさんが寝ているので、チャンス。ともかくもPCの前へ。
    昨日結局遊んでいてPC開いていません。金曜も、ブログの更新に追われて他は何もしていない。いや、木曜も開けてない。ヤバいですね。まずメールボックスをひろげます。
    うわ、どっちゃり来てる(汗)。まず広告メールを削除してスリム化して、それから読み始めます。返事の必要なものは急ぎ書きます。うわーすまん、メールの返信もせずに自分のブログ更新するなんて人デナシの所業です。この場を借りてお詫び申し上げます。ごめんなさい。忙しかったなんてウソです。m(_ _;)m
    この時点で一時間経過。メールボックスは閉じて、RSSリーダーを。
    未読が何百も。(_□_;)!!
    かなりすっ飛ばしましたが、知り合いのブログは全てちゃんと読んでいます。コメントとか残さずに申し訳ない(いやワシが何か書いたらそれこそ人様のブログ汚しだからこれでいいのか?)。そんなふうにして友人ブログとか読んでいた頃、カミさん起床。

    10/2 am8:00 朝食
    今朝は大好きなホットケーキです。\(*^▽^*)/ ←ガキ
    うちのカミさんはホットケーキを焼くのが上手い、と僕は思っているのですが、不思議に思うことがありまして。というのは、フライパンの上でホットケーキを裏返す際に、うちの人は「パンッ」と音を立てるようにして返すのです。言ってみれば、フライパンに叩きつけるかのごとく。そんなことをしたら空気が抜けて固くなるんじゃ、押しつぶされるんじゃないのかと思うのですが、これが不思議とふんわり焼けている。
    「何でそんな乱暴な焼き方を…」「友達にこうすればいいって聞いたのよ」「いや、だから叩きつけるとどうして旨くなるんや?」「知らないわよ」
    ネットで調べてもよくわかりません。もしかしたら、叩きつけずそっと裏返せばもっとうまく焼けるのではないのか。そんな気もしてるんです。どなたかご存じないですか。
    しかし今朝もうまく焼けている。バターを乗せると熱でとろりと溶けていきます。ナイフを入れ、メープルシロップをたっぷりとまわしかけて…。
    うまいっ。(^ー^)
    美味ければいいのかしらん。ややこしいこといってもう焼いてくれなくなったら困るからなぁ。

    10/2 am9:30 尼崎市中央図書館へ
    ちょっとどうしても調べたいことがあったのですが、西宮の図書館は今、全館休館なんですね。何かメンテやってるらしく。なので、隣の市へ。いやなに自転車で30分くらいで着きます。そのくらい動かないとね。
    よその市の図書館ってのは勝手が違うので(書籍検索の仕方とか分類とか)戸惑うこともありますが、それより新しい発見があっていいですね。今後ももっと積極的に行こうと思います。
    しかし、図書館へ向かう道すがら、尼崎というところも歴史の香りたっぷりだなぁと。雉ヶ坂、琴浦神社、崇徳院という町名、佐々成政の墓、秀吉が隠れた広徳寺。図書館は尼崎城址にあり、そばに契沖生誕の碑が建っています。もうね、ただ図書館に向かって走っただけで目につくこんなラインナップ、うらやましい。思わず「ちょっと歴史っぽい尼崎」というサイトを作りたくなります。無理ですが(汗)。

    10/2 pm12:00 再び酒ぐらルネサンスへ
    今日も懲りずに行きます。楽しいんですもん。まずは、大関のショップ「関寿庵」から。
    そういえばちょうど一年前、関寿庵で試飲中に大関の長部家と小松帯刀との関係を聞いて、このページを書いたのでした。書いたの七月末ですよこの間やんか(汗)。そしてもう一年か早いなぁ…。
    酒ぐらルネサンスというイベントも、ご時世もあり徐々に縮小化傾向にあるように思えます。ことに今年はアサヒビールの撤退が大きい。アサヒビール西宮工場は、現在稼動しているとはいうものの、それは震災の影響で東日本の工場が被災したために急遽代わって動いているだけで、本来はもう停止していたはずでした。なので、イベントにも不参加です。例年この祭りでは工場でできたてのビールを供してくれていたのに…残念です。
    いつ、何がおこるかはわからない。だから、寸刻を惜しんで2日連続で酒祭りに参加しているのです(と、もっともらしく言う。説得力ないけど)。
    あちこちまわって、最後は本会場であるえびす神社へ。ここでもさんざん呑んで、終り〜。
    〆に何か食べたくなったので、神社近くのうどんや「はんげしょう」へ。ここのうどんが僕は西宮ではいちばん好きです。きれいな麺ですよ。イカ天ちくわ天ぶっかけうどんと、ちくわ天玉子天カレーうどんを注文。ふたりで食べます。あいかわらずここの麺はキレがあってうまいっすよ。時々は食べないとさびしくなりますもんね。

    10/2 pm3:00 再びPCの前
    うちに帰ってしばらく休んだのち、カミさんが買い物に出たのでチャンスです。あの人はダイエーとかヨーカドーとか行ったらもうしばらくは帰ってきません。ブログ書いちゃおう♪

    10/2 pm6:00 まだPCの前に居る
    張り切って書こうと思ったけれども、結局いいテーマが思い浮かばなくて、それでも何か書きたくて、つい日記を書いてしまいました。_| ̄|○
    とりたてて内容もなく、これで終ります。カミさんも帰ってきました。
    さーて明日は結婚記念日だなー。どこに行く? なに、ワインが飲める店だと? 生意気な(笑)。じゃあサイゼリアでいいか? (わはは)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/10/02 | 雑記 | 18:19 | comments(2) | trackbacks(0) |

    今年は自粛

  • 2011.04.01 Friday
  • えっと、どこもかしこも自粛ムードです。もうすぐ関西では花見のシーズンなんですが、今年は夙川あたりも人出が少ないかも、と予想。
    この「自粛」には二通りあると思うんですよ。
    ひとつはもちろん、心からそう思っている人。「あの惨状を見ていたらとても酒呑む気にならんよ」「私たちだけ楽しんでたらバチがあたる」と思って、娯楽を控えちゃう人ですね。
    それについては、何も申し上げることはありません。「自粛」ですからその人の自由です。そういう方々の被災者に対する気持ちは、尊いと思っています。僕だって。その人の姿勢です。人がとやかく言う問題じゃない。「もうそろそろ自粛からの脱却を」なんて論調もありますが、人の心情に対して他人がとやかく言うのは僭越以外の何ものでもありません。

    けれども、今回の自粛ムードには明らかにもうひとつありますな。それは「不謹慎」という言葉と対になって登場します。つまり「人目を気にして」。
    CMがようやくACから脱却しそうですが、あの企業のTVCM自粛は、「買いたくても買えない人がいる」ことに対して配慮したものらしいのですが、これはどちらかと言えば企業イメージを守ろうとしてのことじゃないんですか。「不謹慎だ」と言われるのが望ましくないから。
    イベント自粛なんかも、昨今のものはそういう空気があります。そりゃね、震災直後は東京などでも余震が続いてましたから、観客の安全性を確保できないということはあったでしょう。そして現在も「停電」問題があります。これは、しょうがない。しかし関西では特に影響はなかったんです。でも取りやめになるものが多い。これは「不謹慎」だと言われたくないからではないかと邪推するんですよ。
    道頓堀のグリコの名物ネオン看板があの日から消灯しました。それに対して「偉い」「もうグリコしか買わない」といった声がネットで多く聞かれました。そうなると、点灯しているところは「不謹慎」てことになっちゃいます。ご承知のように関西では電気事情が違うのですが、あちこち軒並み明かりが消えました。
    コンビニも照明を落としました。なんだか店に入ると暗い。過剰反応であるようにも思えるのです。電気代節約にはなってると思いますが。
    そんな「不謹慎だ自粛しろ」と声高に叫ぶ人なんて、そんなにはいないだろうと思ってたんです。けれどいるんだな。先日、ちょっと目の当たりにすることがありまして。驚いてしまったのです。
    被災者が言うのなら話はまだわかるんです。申し訳ないなとこっちだって思います。けれども別に今回何も被っていない、けれども感情だけは過剰に迸っている人の存在。こういう「正義感」を持つ人(そして「寛容性」に欠けている人)が多数いることがわかった今、「不謹慎対策自粛」もしょうがないように思えてしまうのです。
    この国だけのことなのか。他国でもそうなのか。この「不謹慎ファシズム」。

    最初に言いましたように「自粛する自由」というものはあってしかるべきだと思います。それに対して、とやかく言うべきではない。個人(あるいは法人も含めて)の尊厳の問題です。
    同様に「自粛しない自由」もあるはずなんです。被災者の皆さんの感情を逆撫でしないようなことにおいて、個々の生活を楽しんでいる場合に関係ない人が「不謹慎だヤメロ」と人に言うのは間違っている。全て、各々の問題に帰するべきだと考えています。

    僕はといえば、特に何も自粛はしていません。いつものようにメシ食って、節電もせずいつものようにこうしてパソコン開いています。関東の電力不足に対し関西から電気が供給できるのなら、僕も多少は慎もうと思いますが、どうやら関係ないみたいで。
    まあ、こういう姿勢に「不謹慎だ」と思う人もいるでしょうけれどもね。

    しかし僕も、これはさすがに自粛しようと思っています。それは「エイプリルフール」。今日は、4月1日です。
    毎年ではありませんけれども、僕も4月ばかに乗っかって虚偽の記事なんかをよく書いていたりしたわけです。で、今年もネタ考えてたんです。
    でもね、今年はまずいかなと。僕がウソついたりつかなかったりで何かが変わるわけでもありませんが、慎もうと思いました。一応宣言しておきます。

    今年は、ウソはつきません。

    それだけだとちょっと宣言としては弱いかな。

    私は今後一切、ウソはつきません。

    そういうつもりで、以後暮らしていこうかなと考えています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2011/04/01 | 雑記 | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

    風の如くに年の暮れ

  • 2010.12.28 Tuesday
  • 毎年「一年が早い」と書いているような気がします。来年もブログが継続していたら、やはりそう書くのでしょうね。マンネリですな。
    そんな暮れのご挨拶記事を書くのも、もう7回目になりました。まさに風の如く過ぎていきます。

    僕のこの一年はひとことであらわすなら「先送り」としか書けない(汗)。面倒なことは全て後回しにしてきてしまいました。来年はそのツケが…考えただけで恐ろしいのでもう止めます。
    ネットで振り返るのはネットのことだけにしよう。

    この「凛太郎亭」は、夏以降書く頻度がぐっと下がりました。ここまで書かなかったことって今までなかったですね。これはもちろん僕の感性が鈍くなってブログに結実しない、ということが大きいのですが、もうひとつは、別館ブログを始めてしまったということもあります。どうしても新しモノ好きなので、ネット接続すればまずそちらの管理画面を開けてしまいますので。
    その西宮歴史散策ブログですが、楽しい(笑)。
    始めた当初は、今年中に終わるかも、なんて考えていたのですが、全然終わらない。全部で20記事くらい書けば近代までたどり着くか、という予想も崩れました。もう、時代区分の記事割り振りは出来ていますが、どうやら40記事に到達しそうです。まだ半分も書いていない。
    これ以降は桃山時代、江戸時代、明治と続きますが、この時代になりますと実際に遺物が残っています。そうなると、全てを網羅したくなる。あれもこれも書きたい。
    ですけど、読者はいません(わはは^^;)。アクセスする人は、このブログの1/20、いやそれ以下でしょう。でもいいんだ。いつかあのサイトも価値が出る(笑)。いや出なくても、僕の中では相当に大きい。そんなふうに思える題材に出会えたこともまた、今年のネットライフの中では特筆すべきことでした。

    と、新作のサイトにアタマを奪われたこの一年でしたが、それでもこのブログともうひとつの「徒然草」もしぶとく続けていきます。一応、月に一度は書けている。まだ月別アーカイブの欄に空白は出来ていません。こうして淡々と書き続けられればいいなと思っています。

    今年も「凛太郎の徒然草」「凛太郎亭日乗」そして「ちょっと歴史っぽい西宮」を訪問してくださった皆様に、厚く御礼申し上げます。また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
    年末年始は例年の如く出かけてしまいますので、今日で年内最後の更新となります。徒然草にも、歌の話か旅の話かよくわからない思い出話を書いて、終わります。

    それでは、みなさんどうぞよいお年を。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2010/12/28 | 雑記 | 22:17 | comments(6) | trackbacks(0) |


    CALENDER

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM