スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    デスクトップバトン

  • 2008.10.28 Tuesday
  • jasminteaさんからのデスクトップバトンです。
    このバトンの主旨は何だろうか、と考えてしまうわけですけれども、どうやらこれは「覗き見の楽しみ」ではないかと僕は結論付けました。そうなると「ハテ?」なんですね(笑)。僕は他人様のデスクトップを覗いてみたいと考えたことも過去に記憶がなく、ということは逆に、果たして僕のデスクトップを見てみたいと思う人がどれだけいるのでしょうか。そう考えると記事として興味を引くものには多分ならないだろうという予測が立ちます。面白くないって(汗)。
    恋人の日記をこっそり読みたいネクラ若人や、旦那のメール受信箱を覗き見る浮気が心配な奥さんなら心情は理解できるのですが、デスクトップって表紙ですからねぇ。
    とツラツラ考えて首を傾げているのですが、出回っているものにそうゴチャゴチャ言っても始まらん。ではいってみましょうか。デスクトップバトン。

    1、あなたのデスクトップを晒して、一言!


    じゃーん!!


    見てほし〜の



    ウソです。ごめんなさいっ。m(_ _;)m 

    ヨメはんも覗いたりする家庭用PCではちょっと無理がありますわね。ネタです。
    本当はこちら。

    クリックしても大きくなんない

    実に平凡ですね。だから面白くないって言ったんですよ。

    なお、少しでもお役立ち記事にしたいので、デスクトップの晒し方について少々。
    この方法が全てではないと思いますが僕はこうしました。[ペイント]を使用します。もっともWindows限定ですけど(汗)。
    まずデスクトップを表示した段階で、[Prt Scr]プリントスクリーンキーを押します。ノートPCの場合は[Fn]+[Prt Scr]の場合があります。確認してください。
    押しても何の変化も現れませんけど、どっかに保存されているんです(汗)。そうしたら、[ペイント]を立ち上げてください。Windowsならどっかに入っています。どこに入っているかはそれぞれですが、たいていは画面左下の「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→で[ペイント]が出てきます。
    出てきたら、「編集」をクリック→「貼り付け」。これで画像が貼り付けられたはずです。
    そうしたら、適当に切り取るなり縮尺を変えるなりして「ファイル」→「名前をつけて保存」。ファイルは例えばJPEG形式にするなりなんなりしないとブログに貼り付けられませんよ。保存先はマイピクチャなりご自由に。
    あとは、その画像をブログに貼り付ければいいだけです。
    僕のブログを見ている人にはSEの人とかパソコンの先生もいらっしゃいますのでこんな話ウゼーでしょうけど、僕は実はプリントスクリーン機能を初めて使ったんです(笑)。なので、もしかして同様の人が居るかもしれませんのでちょっと書いてみました。

    2、OSは何?
    Windows XPです。

    2、これはあなた個人のパソコン? 職場や家族共有のパソコン?
    一応家族共有のPCです。ヨメはんはほとんど使用しませんのでほぼ専用のようなもの。しかし職場のPCなんて晒せるわけないでしょう(汗)。

    4、この壁紙は何? どこで手に入れた?
    僕は壁紙ってあまり興味がなくて、最初は買ったときのまま全く手を入れていませんでした。なんと「NEC LaVie」と表示が入ったそのままですね。これで約2年。それから、PCの中に入っているお仕着せの風景画像に2度ほど入れ替えました。上記jasminteaさんが僕にバトンを回される際に「凛太郎さんのデスクトップは質実剛健にwindowsの壁紙?」と予想されましたが、まあその通りでしたね。
    さて、昨年カメラ付き携帯を買いましたので、珍しがってこれで画像を何枚か撮りました。んで、ためしに壁紙をオリジナルに変えてみようかと思い、あの画像にしたのです。
    黄色い花は菜の花です。撮影場所は芦屋。街にもあんなところがあるのですねぇ。

    なお冒頭の美しい壁紙は、壁紙.comさんから頂戴しました。被写体はご存知最年長グラビアアイドルほしのあきさんです。もうこれにしちゃおうかな♪(共用PCなので無理か)

    5、壁紙は頻繁に変える?
    この菜の花の壁紙は半年くらい前でしょうか。4の設問で申しました通りほとんど壁紙は変えません。無精者です。今回ネタで一瞬ほしのあきさんに変えましたが、すぐさま元に戻してしまいました(根性ナシ)。

    6、デスクトップのアイコンの数はいくつ?
    もちろん変動は多々ありますが、示した画像内では28個あります。本当は3つ隠しています。

    7、ファイルやショートカットがゴチャゴチャしているデスクトップ、許せる?
    許せるも何も僕のデスクトップはいつもゴチャゴチャしています。阿呆なことなんですが僕はよくデスクトップ上に何でも保管する習性があります。

    8、何かこだわりはある?
    こだわりも何も、PCを立ち上げるとすぐさまIEなり何なりを開きますので、何も開いていないデスクトップをじっくり見る機会は自分ですらほぼありません。なのでどんな壁紙であろうがあまり関係はないのです。

    9、今回、このバトンが回ってきてからこっそりとデスクトップを整理した?
    6の設問で答えたとおり、フォルダを少し隠しました。それはフォルダ名に僕の名前が使われているからでして、画像は縮小して示していますからほぼファイル名までは読めないはずですけど、念のために。
    しかし、デスクトップを晒すことなど全く抵抗はありませんが、これが例えば「ブックマーク(お気に入り)の中身を晒せ」「RSSリーダーの登録ブログを晒せ」などというお題でありましたら、それは頑固に抵抗するでしょう。それに対してデスクトップにはプライベート感がほとんど無い。なので整理も最小限で晒せましたなぁ。

    10、最後に『この人のデスクトップを覗きたい』という人をどうぞ
    誰のデスクトップを見たいかな、僕は? うーむ。
    ・ビル・ゲイツさん〜例えばブラウザがIEじゃなくてFirefoxとかChromeだったら面白いんですが。
    ・麻生太郎さん〜ハンゲームのショートカットとかあったら爆笑モノなんですけどね。
    ・ブラッド・ピッドさん〜当然壁紙はアンジェリーナ・ジョリー?
    ・中川翔子さん〜しょこたんのデスクトップは見てみたいっ。ヲタク花盛りかっ。でもこの方ブログの更新もほぼ携帯からだからなー。
    ・小泉今日子さん〜もちろん個人的出歯亀趣味です。
    その他やってみようと思う人はご自由にどうぞ! ネタにはなりますよ。

    以上、終わります(汗)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2008/10/28 | 企画 | 22:59 | comments(4) | trackbacks(0) |

    お酒バトン

  • 2008.08.24 Sunday
  • おなじみjasminteaさんからのバトンです。今回は「お酒バトン」だということで。なんじゃそりゃ。なんつーバトンや(笑)。
    でもまあ呑ん兵衛の端くれとして、「お酒バトン」いってみますか。

    1、酔うと基本的にどうなる?
    そんなに変わらないらしいです。度を超さなければ(汗)。でも度を超すと目も当てられない。分量ですね。酔うという状態にも段階があります。
    酒って意識の拡大剤であると思ってるんですね、結局。だから、ご陽気なときに呑めばそれは笑いが止まらなくなりますしとにかく明るい。けれども落ち込んだときに呑めばそれはもうどよ〜ん、と。
    笑い上戸の人って、多分普段から前向きで明るい性格の人なんでしょう。泣き上戸の人は、そういう意識をやっぱり素面の時から持っているんじゃないかと思いますね。その人の深層に沈む意識というものは、酒によって顕在化してくるのかもなぁと思っています。でも、本音を引き出すために酒を利用するのは酒に申し訳ないので、こういった手法は使いませんが。

    2、酔っ払った時の最悪の失敗談はなんですか?
    申し訳ないですが、最悪のことなどブログには書くことが出来ません。みんな引いちゃうに決まってる(汗)。
    最悪でもないですけど、若いときはよく阿呆なことをしていましたね。川に飛び込む、電柱に登る、バス停を動かす、マンホールにエルボーを落とす。等々。財布を無くしたということが二度ほどありますが、逆にあれほど呑んだのに財布の中身が全く減っていなかった、という経験もあります。あれは誰かが払ったのか、それとも逃げたのか…。未だに謎なのですが、確認を怠ってもう十何年過ぎました(←人でなし)。

    3、その時はどの位飲みましたか?
    みんな若い頃の話なので、相当呑んでいます。しかし、正確な分量が分かっているくらいならば失敗はしていないでしょう。もうどれだけ呑んだのかわかんなくなっているからこそ「最悪」の事態になるわけで。
    思い起こせば、昔は一升酒とかしましたよね。それでも意識を保っていたのは、本当に若かったと思います。今じゃ絶対に出来ない。

    4、最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?
    呑みすぎた経験をお持ちの人なら誰しも分かると思いますが、二日じゃおさまらないんですよね。三日酔いです。あんな気持ちの悪いものはありません。ただ唸っています。誰も助けてくれない(涙)。

    5、酔っ払って迷惑を掛けた人にこの場で謝りましょう。
    皆さんには心底申し訳ないと思っています。特にH・Uさんには今でも申し訳ないと。あなたがいなかったら僕は今この世に居ないかもしれません。本当にゴメンナサイ。

    6、今冷蔵庫に入っている酒の量は?
    えーっとですね〜。
    ビール500mlが3本(モルツ)。発泡酒500mlが3本(淡麗グリーンラベル)。チリ産の赤ワインが一本ですね。

    7、好きな銘柄は?
    酒は銘柄ではなく状況で呑むものだと思っていますけれども、やっぱり美味いものとそうでないものとはありますね。どうしても。
    日本酒は銘柄にあまり左右されていません。確かに「神亀」とか「天狗舞」とか書かれてあると美味いですけど、やっぱり状態と燗のつけ具合に関わりますのでね。強いて挙げれば「満寿泉」でしようか。でもそんなに手に入りませんので。
    焼酎も同様ですが、見かけるとつい買ってしまうのは「ダバダ火振」でしょうか。高知の栗焼酎です。また黒糖焼酎は「有泉」ですか。与論島の酒です。
    泡盛は「春雨」ですね。でもあんまり売っていません。いずれにせよ、プレミアが付くと急に購買意欲を失います。
    ビールは思い入れも含めて言いますと圧倒的にオリオン、そしてサッポロClassicですが、あんまり売ってませんので飲めませんね。国産ですとプレミアムモルツと一番搾りはやっぱり美味いですけど、いつも呑んでると舌がおごりますのでほどほどにしています。ビールの範疇で言えば、僕にとっての最高峰はギネススタウトです。これは別格でありハレの日専用です。
    スコッチはバランタイン、ブランデーはカミュ、バーボンはハーパー、テキーラはクエルボ…などと書くとなんだかこだわりがあるみたいですけど、そうでもないんです。適当だったりします。また、いつもこういうのを呑んでいるわけもなく、常に財布と相談です。
    ワインは銘柄は全くわかりません(汗)。

    8、最近最後に飲んだお店は?
    お店ですと、金曜日(一昨日)に某居酒屋と某スナックに行きましたが、店の名前はご勘弁を。面倒臭い話が多かったのであまり美味い酒ではありませんでした。まあ浮世の義理です。

    9、良く飲む、思い入れのあるお酒5品
    えっと、よく呑むお酒と思い入れのあるお酒とは別物だと思うんですね。もちろん、それが一致することが最も望ましいことであると言えるかもしれないのですけど、思い出の濃いお酒を常用していますとその思い出が薄まるような気もしています。追憶は常にスクリーンに映じさせると劣化する、そんな気がして。
    だいたいよく呑むお酒は廉価で手に入りやすいものです。‐特颪世辰読畸覆藁免療垢杷笋辰討い詢未蠻笋蠅痢麦4L2000円強のもんです。しかしこれが案外悪くない。日本酒も本醸造です。ビールも、実はビールでない第三のビール(リキュール)が多いのです。プリン体の摂取が少なくてすみますしね。女房が壇れいさんの真似をして「金麦買っといたから〜」とよく言いますね(笑)。あんな華麗な美人とはまた違うアニメキャラみたいな配偶者ですが、帰ってきたときそう言われると気分は悪くない。ぅΕぅ好ーは更に安いものを。そんなウイスキーを水割りにしてガバガバ呑みます。ゥ錺ぅ鵑禄房任せですがそんなに高くない赤ワインですね。
    思い入れのあるお酒となると、なかなか普段は呑めないものが多いのです。‘本酒で言いますと、やはり義兄が年に一度送ってくれる「豊盃」でしょうか。本当にこれを呑むと嬉しくなるのです。なんだか気持ちがこもっているようでしてね。△泙拭⇔暁呂呂鵑料阿覇櫃鵑土佐鶴も忘れられません。この酒は、僕が大学を卒業して家を出ることになった時に、兄貴と二人だけで漬物だけを肴に痛飲した酒でもあります。さらに、釧路の地酒福司も忘れられません。あんな美味い燗酒はそうそう呑めるものではないように思います。に∪垢呂覆鵑噺世辰討眷半抜屬量端髻嵋波」。もはや幻の酒で、沖縄ですら手に入りません。これを夜が更けるのも忘れて呑んだ波照間島の思い出と共に、僕の中では永遠の1でしょう。ゥ咫璽襪呂覆鵑噺世辰討サッポロビール園の生に尽きます。最高ですね。

    10.バトンのジョッキを回す人5人
    北京五輪の日本の400mリレー銅メダルは見事でした。精密に磨き上げられたバトン渡しのテクニックが他を圧倒したわけですが、あんなバトンリレーは酔っていては絶対に無理です。おそらくバトンは落っことしてしまうと推察されますので、残念ながら僕のリレーは失格とせざるを得ないでしょう。
    ですが、ブログバトンは落としたのを拾ってもセーフであるらしいので、誰か酔眼で拾っていただければ有り難いです。見て下さっている方でお酒が好きな人はいらっしゃると思いますのでね。
    なんこで一杯の羨ましい方やバーボン命の方とかイカ塩辛がアテの方とか(笑)。
    もしよろしければどなたかいかがですか?

    以上でお酒バトン終わりますが(jasminteaさんありがとうごさいました)、ちなみにこれをアップした8月24日というのは、「愛酒の日」なのだそうなんです。そんな日に「お酒バトン」も何かの縁ですねぇ。
    いわれは、酒を愛した詩人若山牧水の誕生日である、ということらしいです。牧水か。旅を愛し酒を愛し肝硬変で死んだ偉大な詩人。亡くなってもうすぐ80年です。そういえば牧水が死んだ歳は、今の僕と同じだなあ。

     それほどにうまきかとひとの問ひたらば何と答へむこの酒の味
     人の世にたのしみ多し然れども酒なしにしてなにのたのしみ
     白玉の歯にしみ透る秋の夜の酒は静かに飮むべかりける
     酒飮めば心なごみてなみだのみかなしく頬を流るるは何ぞ
     酒飮めば涙ながるるならはしのそれも獨りの時にかぎれり

    なんだかしみじみと呑みたくなってきましたね。涙のごわずに。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2008/08/24 | 企画 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0) |

    エイプリルフールですよ。

  • 2008.04.01 Tuesday
  • えっと日曜日のことなんですけれどもね、近所にちょっとおしゃれなレストランが開店したのです。まあそんな場所には通常僕らなどは関係ないのですが…。

    「ポスティングで割引券が入ってたよ。ずいぶん安くなるし、一度行ってみる?」

    と同居人が言うので、ものは試しと出向くことにしたのですよ。僕は休日とはいえちょっと忙しかったのですが、日が暮れるころには帰宅出来たのでいそいそと。
    そうしたら、もうすごい人なんですね。割引券というのは効果あるんだなぁ(ワシらもそれに乗せられたクチ^^;)。なのでしばらく席が空くのを待つことになっちゃったのです。こんなの行列してまで入るほどじゃないのですが、同居人が乗り気だったもので。
    しかしまあ、それほど待たずに入ることが出来ました。んで、メニューを見ると、案外高いな(汗)。多少の割引券じゃ追いつかないや。
    でもまあ、安そうなメニューを頼み、ワインも一本だけ付けました。そういえば、ナイフとフォークの店なんてファミレス以外ではずいぶんとご無沙汰です。
    料理はと言えば…大したことなかったですね(汗)。ただパンは食べ放題なので、そこでモトをとって(全くワシらはイヤしいですねぇ)、満腹となって終了。もちろんデザートも食べました。僕はクレームブリュレが大好物なのでオーダーしたら、これは美味かった。この店は昼下がりにお茶するのに向いているんじゃないかな。内装もおしゃれですし。

    んで、会計を済ませて出ようとしましたら、「くじを引いてください」と言われました。オープン記念でまた割引券でもくれるのかと思いましたら、特賞はなんと3泊4日サイパン旅行だと。なんでしょうかこれは(笑)。レストランのオープン記念にしては飛びぬけすぎた内容。まあ絶対にこんなの当たりませんけどね。てなわけで相方が引いたわけです。

    そうしたら…。

    当たっちゃいましたよ! 特賞が!!
    オオーw(*゚o゚*)w


    なんの冗談かと思いましたよ。しかし、事務室みたいなところへ呼ばれて説明をうけることに。こんなことがあっていいの?

    僕は月曜、なんだかずっとフワフワした気持ちでした。サイパンなんて考えたこともないぞ。航空券とホテルだけですからあとはこっちの負担なのですが今は円高だしなぁ。おっとパスポート切れてるんでこれも申請しなくては。んで、G.W.はダメらしいんですが休みが取れるかなぁ。てなわけで相談してみますと、4日くらいなら何とかなりそうだと。期限は三ヶ月ですので、パスポートが取れ次第日程を調整したいと思います。うーむ、久しぶりの海外旅行となりそうだ。早ければ今月中にも出かけようと思いますっ。



    なーんてね。
    そんなことがあるわけないわな。これはタイトルにもありますようにもちろんエイプリルフールの妄想でございます。全部ウソ。そんないいことが今年は無いかなぁ…。
    続きを読む >>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2008/04/01 | 企画 | 00:22 | comments(10) | trackbacks(0) |

    歴史バトン

  • 2008.03.13 Thursday
  • えーっとjasminteaさんちからの「歴史バトン」です。確かに以前やった「歴史FANに100の質問」とカブっていますね。どう独自色を出すかですね。
    よくよく見れば、この企画は人物中心ですね。これってかえって難しいんですよね。人物評価って人それぞれですし。
    でもまあ、とりあえず始めてみましょう。歴史バトン。例によって日本史限定。

    1.歴史上の人物であなたの好きな人を3人あげてください。
    この系統のバトンではこの質問が一番困る。歴史上の人物で好きな人ってあんまり居ないのですよ。史上名を残す人は怖い人ばっかりで。以前は坂本龍馬はん一辺倒で書いていましたがそれもマンネリなので…。
    ・西行(憧れますね。スナフキンでもありまた文武両道の元祖かな)
    ・北畠顕家(元祖「風林火山」。爽やかですよね彼は)
    ・大塩平八郎(この人立派だと思うんですよね)

    2.友達になりたい人を3人
    自分にとってプラスになる人ってことで考えてみますか。以前徳川光圀を挙げて、印籠で何でも解決してもらおうという浅ましいことを書きましたが、その発展系。
    ・足利義満(権力〜この人に庇護してもらえれば全て思いのまま)
    ・紀伊国屋文左衛門(財力〜こんな金持ちが友人だと助かるなあ)
    ・坂田金時(武力〜なんと言っても金太郎さんですからねー。傍に居てくれれば誰に喧嘩売られても平気)

    3.恋人にしてみたい人を3人
    以前、兼ボディガードとして「巴御前」を恋人にと書いたことがあったのですが、今回は美しさを基準に。此花咲耶姫・衣通姫・小野小町と書けば簡単ですが以前その三人は書いたので、ちょっとそれを外して。
    ・藤原道綱の母(藤原兼家もメロメロ。本朝三美人の一人〜他は衣通姫と光明子)
    ・常盤御前(平清盛もメロメロ。美人の誉れ高い義経のかあちゃん)
    ・お市の方(秀吉も横恋慕でメロメロ。綺麗だったんでしょうねー)

    4.喧嘩したら絶対勝てないだろうと思う人を3人
    以前「鎮西八郎為朝」を挙げたことがありましたが、今回は腕力重視で。
    ・野見宿禰(相撲とりの元祖ですな。強かったようで)
    ・武蔵坊弁慶(牛若丸は勝ったらしいのですけどねぇ。でも普通勝てないな)
    ・河津三郎(河津掛けを破ったツワモノ。河津落とし参照)

    5.喧嘩したらうっかり勝っちゃいそうな人を3人
    僕は喧嘩に自信がないんですよ。口喧嘩ならともかく(汗)。ましてや昔の人はみんな強そうで、僕の生半可な関節技などみんな跳ね返されそう。公家とか弱そうですけどわかんないですしねぇ。また、「うっかり勝っちゃう」ですから本当は勝っちゃいけない位の高い人ですね。なので、
    ・安徳天皇(第81代天皇で清盛の孫)
    ・足利義勝(室町幕府第7代将軍)
    ・徳川家継(江戸幕府第7代将軍)
    って、子供ばっかりやん。そんなにアンタ自信がないの?!

    6.実はものすごい甘党そうな人を3人
    歴史上で本当の甘党ってことを考えると、武市半平太・近藤勇・森鴎外らが浮かびます。鴎外の饅頭茶漬けの話は凄い(汗)。しかし、問いは「甘党そうな人」ということなので想像で…ホントはどうだったかは知りませんけど。
    ・後白河法皇(どうも甘いものをネチネチと食べていそうだ。本当は瓶子が倒れた宴席に居たのだけど)
    ・武田信玄(どうしても信玄餅から離れられない。別に関係ないのに)
    ・西郷隆盛(下戸だったという話ですよね。あんなにデカい身体でしかも九州で)

    7.一緒にお酒を飲み交わしたい人を3人
    これ難しいなあ。
    ・天智天皇(本当は怖いけど、酒の勢いで一言聞いてみたい。「あんた誰?」)
    ・親鸞(話聞いてみたいなぁ。坊さん酒はダメかな。でも捨戒ということで)
    ・頼山陽(歴史についてじっくりと語りながら呑みたいですねぇ)

    8.歴史上の人物で、あなたの家族を作ってください。
    以前、父親は石田梅岩、母親は衣通姫と書いたことがありますが、今回はどうしようかな。典型的な人を選ぶか。
    ・父→毛利元就(三人の息子を信頼しての「三本の矢」)
    ・母→松下禅尼(北条時頼のしっかりものの母。こういう人に躾けられなきゃ)
    ・兄→秋山好古(「お豆腐ほどのお金をこしらえてあげるがな」と言って弟を助けた。いい兄貴だ。この一言がなければ後の秋山真之はなく日本はバルチック艦隊に勝てたのか、というifもあるな)
    ・姉→坂本乙女(頼りになりまっせ。弟としちゃしんどいかも、ですが)
    ・弟→武田信繁(信玄の弟。お前が生きていてくれたらなぁ…)
    ・妹→静御前(妹ってわけじゃないけど連れて歩きてー)

    9.なってみたい人を1人
    吉田兼好かな。今だったら間違いなくアルファブロガーでしょうね。あたしもつれづれなるまゝに日暮らし硯にむかひて暮らしたいー!

    10.次に日本のお札に書かれるであろう人を3人
    個人的には、正岡子規・宮沢賢治・中江兆民にして欲しいのですが(この3人なら納得するよ)、お札に載る人は偽造防止のために頭髪(男性なら髭も)がたっぷりあった方がいいと言われています(髭の無い福沢諭吉や岩倉具視もいますけどね)。この人たちはみんな…頭髪的に問題ありなのでムリかも(汗)。鴎外も毛がなぁ…。
    かと言って杉原千畝や植村直己じゃ最近の人過ぎるしなぁ。
    というわけで、髪と髭が立派な人。
    ・岡倉天心(髪も髭もフサフサでっせ)
    ・寺田寅彦(この人も髪の毛充分髭もアリ)
    ・与謝野晶子(女性も必要かな。なんと言っても「みだれ髪」)
    しかしながら、知名度は充分だと思うのですが先日、岡倉天心を知らないって人も居ました(汗)。そうなると寺田寅彦も危ないな。晶子は孫の与謝野馨が国会議員だしなあ。ああ難しい(笑)。

    11.このバトンを回す人を5人
    バトン置いておきますのでどうぞ拾って下さい。指名とか出来ませんがね(汗)。って、さっきから3人しばりでやってるのに何で5人なんだよ!
    でもまあ無理を承知で頼んでみるか。
    ・清少納言さん
    ・慈円さん
    ・大久保彦左衛門さん
    ・新井白石さん
    ・勝海舟さん
    辛口批評には定評のある方々です。ちょっと意見を聞いてみたくなりますよねぇ。

    やってみて面白かったのですが、難しかったですね。一部考えすぎて一日じゃ書けなかった(汗)。それでも忘れている人物が居そうだなぁ。
    プレッシャーをかけられつつ(笑)、ただのバトン記事にしかなりませんでしたけど、久々に力が入りました。jasminteaさんありがとうございました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2008/03/13 | 企画 | 23:28 | comments(2) | trackbacks(0) |

    月々のうた

  • 2008.02.21 Thursday
  • こういうのは実に現実逃避的な記事なのですが(汗)。
    先日、「ご当地ソング」を北海道から沖縄まで考えていまして、こういう作業が実に楽しかったものですから(電車乗っててもそればっかり考えていて悩み事とかを忘れる)、またそういうのをやってみることにします。今度は季節の移ろいを思い、月別にってことで。
    例えば四月の歌であれば、タイトルや歌詞に四月という文字が入っていて、その月のことを歌っているうたかどうか、ということで集めてみます。
    例えば僕の大好きなS&Gの「四月になれば彼女は」といううたがありますが、これは実は四月だけを歌ったうたじゃない。「April come she will〜」と始まって最後は「September Ill remember〜」まで続く。これは四月のうたじゃない。同様にN.S.P.の「弥生冷たい風」にしても「卯月の空 風が強くても〜」「五月の空 風が〜」まで続きます。こういうのは避けて、というくくり。「日本全国酒飲み音頭」ってのは一月から十二月までありますからね(笑)。
    でもこれも結構バラつきがあるのです。

    続きを読む >>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2008/02/21 | 企画 | 23:24 | comments(10) | trackbacks(0) |


    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM