スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    その後の雑感

  • 2015.03.31 Tuesday
  • 季節はすっかり春。僕はぐうたらした日々を送っている。いろんな人に迷惑をかけ、様々なことを逸しつつ暮らしているが、さほど鬱々としているわけでもない。もう「なるようにしかならぬ」と達観している。ただあまり陽気でいると人目があるので一応暗い顔をしている。

    お見舞いの連絡も盛んにいただいて、ありがたいとは思う。病人というより怪我人というに近いから、電話に出れば「意外に元気やな」と言われる。すみませんね(汗)。食欲も衰えてないよ。運動しないので筋肉は落ちて、ただ脂肪だけが蓄積されてる。

    「いつ治るの」と問われるのがいちばんしんどいな(汗)。そんなの答えられません。「早く治せよ」と言われてもねぇ…。どう努力すればいいんだ。せいぜいコラーゲン質のものとか多めに食べるくらいかな。鶏軟骨とか豚ソーキとか牛筋煮込とか旨いね(また太る)。

    地球の重力というものは恐ろしいものだということをひしひしと感じる。以前頚椎捻挫をやったときもそう思った。自分の頭の重さに首が耐えられない。椎間板が潰れたのも同じで、背骨をヨコにしていると楽なのにタテにすると途端に負担がかかりしんどくなる。なんともはや。

    地球が無重力であれば、おそらく治癒は飛躍的に早まるのではないか、との妄想が生じる。それに近しいのは水中であり、バスタブにつかっていると実に快調で愉悦を感じる。ついつい長湯となる。ということは、萎えた四肢を回復させるにはおそらく水泳が良いのだろうな。

    幸せか不幸か、ということを決めるのは、主観であるべきだ。どんなに貧しくても本人が幸せと思っていれば良し。隣の人を見て自分が劣っている、不幸だと考えるほどつまらぬことはないし、あいつよりマシだから幸せだと感じるのはもっと下らぬことである。

    ここしばらくは、飛躍的に読書量が増えている。そりゃそうでしょうな。他にやることがない。あとはラジオくらい。主としてFMだったが、スポーツがいろいろ開幕してからは中継もよく聞く。甲子園の傍に住んでいるのにそれをラジオで聞いているのは不思議な気分。

    ラジオのスポーツ中継は、贔屓選手、チームのものでないと面白くないことを発見。映像なら贔屓に関係なくプレイを見るのが楽しいが、試合経過が音声で淡々と追われているだけだと、野球にせよサッカーにせよ応援モードでないと退屈してしまう。

    TVは疲れるのであまり見ないが、それでもU-22の五輪予選は見た。久保裕也の姿を見て不覚にも涙が。カミさんに「馬鹿じゃないの」と言われ(汗)。でもそんなサンガサポは多いと思うよ。もしもあのゴールが原川力のクロスだったら号泣したやろな(笑)。

    しかしTVというのは…。普段なら絶対に家に居ない平日の午前。寝ながらぼんやりと観ていると、どのチャンネルも芸能人の離婚の話ばかりしている。ワイドショーってすごいな。これが最も視聴率が取れる内容なのだろう。人というのは噂話から離れられないんだろうか。

    でも制作側にも問題あると思うよ。興味深い内容のVTRであったとしても、必ずスタジオに沢山の芸人さんが居てコメントする。必要なのかな。音楽番組でもスポーツ番組でも芸人さんがリアクションして終わる。理解できないな。かくしてまたTVを観なくなる。

    僕はスマホを持っていない。あれを持つととりこまれるので意識的に所持していないのだが、発症したときはやっぱり欲しいと思った。寝ながら使えるしね。だが暫らく経ってみると、ネットと離れるのもまた一興だと思う。僕はネットでのインプットはしずらい。

    臆病な人は洞察力が鋭いのではないかと思う。高所恐怖症というのは、落ちて地面に叩きつけられることを想像するから怖いのだろう。先を読むから怯える。そう考えて、自分の臆病さ加減を正当化しているのだが、一笑に付されること多し(汗)。

    春だなあ。僕の住んでいるところでは、なんだか桜が満開らしいね。全く観てないや。ここしばらくの雨で、もう散っちゃうかもしれない。まあ今年は諦めることにすっかな。「もともと花には興味ないのさ」と強がってみる。酒も自重してることもあるし。

    たったひとつ良かったことは、引きこもっているためにいつもは鼻水ズルズル目が痒い! の花粉症が今年はホントに軽微であるということ。吸い込まなけりゃアレルギーも出ないのよ。嬉しいね。当方、くしゃみにすら恐怖心があるので、有難いなと思う。

    エイプリルフールか…。今年は嘘つく場面がないや。人を騙すのも悪趣味ではあるし、「病人のくせに」と言われそうなので、自重しましょ。実はこの記事にも少しだけ嘘が混じっているが、分かる人はいないでしょうな。どうでもいい話です。

    良くなったかと問われれば、つい昨日と比べてしまうのでよくわからないと答える。しかし一ヶ月前の記憶を辿れば、好転しているのは確かかなあと思う(そうでないと困るが)。少なくとも、横たわってじっとしてれば痛みはさほどない。地球に重力さえなければなあ。

    ブログ書きたいなと思う。何も生産的なことをしていないと、妄想が暴走する。ネタを思いつき、知らぬ間に脳内で文章を作っていることに気が付く。10年もやってると、これも生活の一部になってるんだなと。そんなこんなで、少しづつでもまた書いていければなと今思ってます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2015/03/31 | 短文 | 17:46 | comments(2) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 17:46 | - | - |

    コメント
    凜太郎さん

    腰の様子はボチボチのようで…
    くしゃみがキツイ、というのも よく分かります
    出るなら出るで、体制を整えておかないと酷いことになりますもんね

    重力のせいで、腰痛などと言うものが存在するようになったようなものですよ
    というか、その前に、2足歩行なんて始めたのが失敗だったのかもしれませんが(>_<)

    ちなみに、水泳は泳法によっては腰に負担がかかるので、水中歩行がおススメです(^^)

    ところで…
    私より ひと足先に「知命」の年、おめでとうございます☆
    何はともあれ、おたがい、この日を迎えられたことを ただ、喜ぼうではありませんか(^o^)丿
    去年の今頃は病室で、「この辛さが終わるなら、死んでしまうのも悪くはないか」とさえ思っていた私なのです

    天は ただ喜ばせるためだけに 人を生かしているのだと信じたい

    おめでとうございます!
    • よぴち
    • 2015/04/03 1:53 AM
    >よぴちさん
    どうもありがとう♪
    何と言いますか、記事が暗いな(汗)。そんなつもりもなく書いたのですが、これではキャラ的にどうもいかん。ブログくらいは平常運転を開始せねばアタシもつまんないのでね。
    そうか年齢か…(笑)。今年は止めようかと思ってましたが、ま、その、そういう記事も書くかな。実年齢は伏せて(笑)。
    • 凛太郎
    • 2015/04/05 6:49 PM
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM