スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    G.W.らしいけど

  • 2014.04.29 Tuesday
  • だんだん日が長くなってきた。うれしい。夜明けが早いといろんなことがはかどるような気がする。暮れるのが遅いと急かされている感じがしないのもいい。そしてだんだん暖かくなってきた。これもうれしい。今年の冬はいろいろしんどかったからな。俺の季節の開始を寿ぎたい。

    ところが津軽ではようやく桜が咲いたとか。弘前城の枝垂桜は有名でこちらは満開らしいが、金木の芦野公園はもう少しだとお義母さんが言っていた。これから花見にゆくらしい。芦野公園の桜は、昔一度だけ見たことがある。なんせ結納のときだったので、思い出が濃い。

    なんかゴールデンウイークらしいけれど、旅に出られるわけじゃなく、そう思えばつまんないけど、ただいつもより時間が少し自由になるから、少しでも有効に使いたいとは思う。そういいつつ、のんべんだらりと過ごしてしまったりもするこのテイタラクはどういうことか。

    「昭和の日」という名称にはどうも馴染めない。それは思想的に僕が極左だからというわけではなく、次世代は12/23が平成の日になると約束されたようなもので、天皇制続く限り元号名祝日が無限に増えることになり、そのうち365日祝日になるぞ、という危惧があるから。(ヾノ・∀・`)ナイナイ

    ポール・サイモン夫妻を逮捕 治安乱した容疑」(朝日新聞) 何事かと思うじゃないか。「自宅内での争いが原因で2人とも軽傷を負った」つまり夫婦喧嘩か。そりゃ怪我すりゃ警察も出ざるを得ないが他に書き方はないのか。サイモン先生も若いな。72歳で怪我する喧嘩とは。

    なんだかルパン三世が実写化されるそうだ。漫画、アニメの実写化は基本好きではないが今は明らかなミスキャストでなければ是としている。PVを見るとこれもまた良しと思える。しかしどうしても抵抗が残る。それは、ルパンが明確に年下になったこと。

    「しずる感」という言葉を初めて聞いた。「美味しそう」という意味でもう定着しているらしい。英語の「sizzle(焼肉のジュージュー音)」からきているそうだが、こういうのに慣れるまでは時間がかかりそうで。感覚としては涎が垂れそうな感じを思い浮かべるがそれは綺麗ではないな。

    「ピロピロ飲み」という言葉も同時に初めて聞いたのだが、松村邦洋氏の20年来の持ちネタらしいので、これは僕のアンテナが足りなかったらしい。ところが検索しても意味がよくわからん。縦笛の音がピロピロなのか、またどこがギャグ(?)なのかがさっぱり。誰か教えてくれ。

    twitterなどのアイコンに、アイドルの顔やアニメキャラを使用することを厳しく取り締まるべきだと思う。もちろん著作権肖像権の侵害が最大の問題だが、昨今の犯罪自慢や拡散希望の馬鹿なtweetががシャアや猪木から発せられるのを見たくない。いろいろ悲しくなる。

    東海林さだお氏と椎名誠氏の中年時代の対談で、年食った証しとして「カツ丼を食えという支配欲が無くなる」「カツ丼から天丼へと移行している」という話が印象に残るが、逆に僕は好きだった天丼をあまり欲しなくなった。むしろカツ丼を前より好むように。どういうこっちゃ。

    昔の画像、映像を見ていて明らかに今廃れたもの。歩きタバコ。自転車の二人乗り。壁当てキャッチボール。人に迷惑がかかることが無くなるのは結構だが、これは倫理観が上がったのか、それとも規制が単純に厳しくなっただけか。歩きスマホもいつか廃れてくれるだろうか。

    神戸に弾痕の残る古いビルがある。もちろん戦争の爪跡だが、そんな話を若い人にすると「米軍が上陸したのかすごい」と返されたので驚いた。もちろん機銃掃射による弾痕。その時は、もう若い人の感覚ってそうなのかなと一旦思って納得したが、これって世代の問題ではないよね。

    通販はやらない。どうも心理的抵抗が大きすぎてやったことがない。現物を見ずしてどうして購入できるのか。だからAmazonとは無縁である。しかしながら、老後はこういうのが便利になってゆくのだろう。なので今から手始めに、とは思うのだがなかなか踏み出せない。

    最近僕は墓石に刻まれた銘文ばかり読んでいるのだが、異体字というものがあってしばしば苦労する。先日二字に分けたものがあって(文政という元号が文正攵となっていて、文正と勘違いするじゃないか)、こういうもののルールは昔はどうなっていたんだろうかと思う。

    同じ一字なら峰・峯、松・枩などがあって島・嶋・嶌はお馴染みだが、晩の日と免が引っくり返った字には悩まされた。読めねえよ。崎と嵜はなんだかちょっと雰囲気が違う気がする。呪と咒も?だし。脅・脇や裏・裡を使い分けてるのは日本だけか? 棗と棘はどうなる?

    WikipediaをWikiと略すことにどうしても慣れない。気持ち悪さを感じてしまう。これには有名な「携帯電話だってケータイと言うやろ」という反論があり、僕も略語については書いたことがあるが(これ)、この気持ち悪さは例えばホームページを「ホーム」と言うような気持ち悪さなんですよ。

    facebookに限らず、来訪者が実名ばかり、或いはHNであっても明らかにリアル友人ばかり集ってるサイトが増えた。ついていけない。ネットが見知らぬ他人の中で新たな人格で構築する場所でなく、現実社会の中のひとつの場になって久しい。どうも「侵食された」感が強い。

    運命論者ではないつもりだが、なんとなく人の一生における運不運というのは一定であるような気がしている。したがって、今日何かいいことがあっても、どっかでまたバランスがとれてしまうのだろうと思うと、素直に喜べずに終わってしまう。マイナス思考の塊のようやな。

    しかしただマイナスだけでもない。悪いことが起こったときにもそんなに悲観的にならずに済む。どっかで天は帳尻合せをしてくれるのじゃないかとも思うから。100円落としたら、どっかでまた100円拾えるよ。人生悪いことばかりじゃないさ。案外僕は楽天家だったのかな。

    今日は雨になった。ちょっと肌寒く感じるのは、僕の身体がもう待てずに夏仕様になってしまったせいかもしれない。雨が上がれば、また暖かくなる。黄昏時の神戸を歩きながら、紙ふうせんの「霧にぬれても」を思い出していた。久しぶりにやっちゃんのきれいな声が聴きたい。

     
     霧にぬれても [EPレコード 7inch] Dailymotion

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2014/04/29 | 短文 | 18:52 | comments(8) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 18:52 | - | - |

    コメント
    凛太郎さん
    この前の記事の時は お誕生日の頃だったので
    お祝いの言葉も贈ることなく、すみませんでした
    今は、束の間の「お兄ちゃん」か(^^)

    私も「昭和の日」には抵抗ありです
    同じく、12月23日は いつか 平成の日になるのか、という思いもあるけれど、それ自体が理由ではなく、単に それならそれで、なぜ昭和から始まるのか、えこひいきじゃん!って気持ちから(笑)

    人生って 帳尻合わせてくれるものなのかどうか、まだ確信はもてないのですが、私も昔は、喜びきれないところがありました
    でも今は、変わった、と思う
    100円拾ったら、「また失う日が来るから」と とっておくんじゃなくて、速攻 使い切る性格になった気がします
    失ったとき、大変でも、その時はその時、また、流れていけばいい、先に考えて つらい身構えはしないでおこう、って…
    いい齢のオバチャンが 逞しくみえてましたが、まさに自分がその域に脚を踏み入れた感があります

    霧にぬれても、って 確か 冬が来る前に の次のシングルだったような…
    もう1度 あなたと やり直せるならば
    あの日の ふたりに 戻りたいの~♪ って曲でしたっけ?

    凛太郎さんの記事を読みながら この曲を思い浮かべたら、
    気がついたら涙が出ていました

    >よぴちさん
    ありがとうありがとう。(^^)
    そうそう。「もう1度あなたと…」のうたです。冬が来る前にのあとの曲。
    紙ふうせんはやっぱりハーモニーがきれいなんですね。赤い鳥なんだから当然なんですけど、平山泰代さんはもちろん後藤さんもいいんですねぇ。
    やっちゃんは地元のケーブルテレビとかでTVショッピングの番組に出てたりします。おいおい、と思わず言ってしまいますがな(笑)。お二人のお住まいが僕のうちから徒歩圏内で、多分一番近くに住む芸能人(笑)。はい、面識はありませんが(汗)。

    休日というのは庶民にとっては既得権みたいなもので、天皇制反対のサヨクの人もおそらく休日を減らすことには反対でしょうから(笑)、まああっていいわけです。でも、みどりの日でよかったのにね。
    11月3日は文化の日で、さすがに終戦直後ですから明治の日とはしなかったわけで。
    昭和天皇が長命したので、次の平成は短いんじゃないのと言っていた人が多かったのですが、もう26年。そうやって考えますと、僕らはもう昭和より平成を長く生きてるんですな。早いねぇ。ブログでは、昭和の話ばっかり書いてるけど。「霧にぬれても」も昭和のうただ(笑)。いい齢のオッチャンオバチャンになってきましたなあ。これからも張り切っていきましょ〜♪
    はじめまして。田宮2と申します。
    人間の倫理観は上がらないと思います。残念ながら古今も人間は本質的に変わらないと思います。古代の宗教や文芸が今も共感されているように、本質は変わらないと思います。
    ネットの台頭が大きいでしょうね。個人の意見が公に言える機会が増え、共感する頭数から新しいオピニオンが生まれる土壌が出来てるんだと思います。
    これは諸刃の剣で、同時に民間による監視社会とも言い換えられると思います。その点で仰る「規制が厳しくなった」という意見を支持したいと思う次第です。

    ツールは変われど人は変わらず。これは1930年代のソ連とあまり変わらないと思います。

    主様のブログを読み、つい意見具申をしたくなりました。ご無礼平にご容赦お願い申し上げます。主様の見識をお聞かせ頂けたら、幸甚でございます。
    • 田宮2
    • 2014/05/18 8:56 PM
    >田宮2さん
    ありがとうございます。
    しかしその、何と申しますか身も蓋もないと申しますか(笑)。僕も確かに人の倫理観が単純に向上するとは思いませんが…。
    おっしゃるように根本的に人の性は変わらないものだとすれば、何が人を変えてきたのかということになります。
    倫理観を向上させるのは、宗教、教育、規制(法律、相互監視社会等)ということになるんでしょうか。いや法律等は人間の本性を罰を与えることで無理やり押さえ込んでいるわけですから、違いますか。
    例えば「人を殺してはいけない」という倫理観を考えてみたりもするのです。これは人に本質的に備わっているわけではないでしょうから、後天的な倫理観でしょう。
    宗教は「不殺生戒」「汝殺す無かれ」と説くわけです。教育も「いちばんいけないこと」と教え、法も殺人罪を用意しています。
    そして、殺人発生は減少しています。統計は日本の近代のものしか今検索で調べられませんでしたが、近世と比べておそらく近代のほうが減っているような(武士もいないし)。
    何がいったい殺人を抑制しているのか、ということを考えますと、法ではないような気もまずしてしまいます。殺人に対する罰則が、昔のほうが上であるからです。
    ただし、警察能力は上がっているという考え方もありますが。なので抑制が働くのかとも。「監視社会」ですね。田宮2さんは昨今は「相互監視社会」であると。
    僕は、長年の教育の結実もあると思うのですよ。繰り返し繰り返し「いけないこと」と教え続けた。親から子へ、孫へ。学校、地域社会、マスコミ。その結果、殺人がいけないことであるということはDNAに刻まれているように思うまでになった。
    しかしこれは、個々の倫理観向上と言えるのかどうなのか。洗脳か。
    船が沈没して無人島に二人流れ着いて、誰も見ていなくとも(監視もなく殺しても誰も分からない)、そう簡単に相手を殺せませんよね。

    うーん、極論にゆけば見えてくるかと思ったんですが見えてこない(笑)。もっと時間かけて考えないと浅学なので無理かな。したがって、今のところ田宮2さんに申し上げるような見識はありません。また時間が経っていろいろまちまったら、何か書くかもしれませんが。
    お久です。
    相変わらずオンラインゲームばっかやってますw
    久しぶりに来て、しかもこんな古い記事にコメントするのは、まだピロピロ飲みが解決してなさそうだったからww
    オイラの学生時代に流行りましたよ〜♪
    瓶ビールを左右から両手で持ち、直接口に加え(いわゆるラッパ飲み)た状態で、リコーダーを吹くように指をパタパタ動かしながらゴクゴク飲むのです。
    この飲み方がピロピロ飲み。
    現在アラフォーならみんな覚えてると思いますが、今やるのは時期的に恥ずかしいですねw
    • にが
    • 2014/07/11 10:27 PM
    >にがさん
    ど〜も〜。( ̄∇ ̄)
    いやその、ピロピロ飲み自体はわかったんです。今は動画サイトもありますので、両手で瓶を持って指をパタパタさせて飲んでいる松村氏も見たんですが。
    ,修譴魏燭妊團蹈團躇みというのかがわからん。
    △匹Δ靴討△△いΠみ方をして見せようと思った理由がわからん。
    ギャグらしいがどのポイントで笑えばいいのかがわからん。
    などなどの疑問が、現状解決していません(笑)
    そうでしたか!
    えっとですねぇ、推測入っちゃいますが。
    .團蹈團蹐賄の音色。
    飲みの席のノリで、飲まされるときに何かしないと、ということで思いつきでやったのが、妙にウケただけ。
    酔っ払いどうしだから、これをやっただけで笑ってくれる。
    という感じですかねぇw
    • にが
    • 2014/07/13 8:04 PM
    >にがさん
    いやいやどうもすみません。m(_ _;)m
    結局、感覚の違いなのかなとも。ピロピロは笛の音だろうなとは僕も思ったわけです。それしか考えられないか。しかし僕は笛の音をピロピロと表現したことがない(笑)。
    他の点もそうなのでしょうなあ。僕はとくに面白いとは思わなかったのですがウケたので広まったんでしょうから。
    ひとつは、流れの中で見ていないのでダメなのかもしれません。こういうギャグというものは、あとからそれだけ抽出されても芸人さんは困るでしょう。
    なんにせよ、僕の情報アンテナが低すぎるということですが(汗)。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM