スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    もう孫かいな。

  • 2014.04.05 Saturday
  • いやね、僕もいい年してますけど、まだなんとなしにどっかで若者気分が抜けていない部分があるわけですよ。青いと言いますか。浮ついてるといいますか。人に言えば馬鹿と言われてしまいますのでここでしか書けないんですけれども。
    しかし、同級生の中にはもう孫が出来たヤツがいる。前にも書いたことがありますが、だいたいそういうのは女性でした。しかし、男の同級生では聞いたことがなかったんですが、とうとうあらわれまして。爺さんかよ。ふぅ。

    まあそれはともかく。そいつなんですけどね。
    孫の画像をメールで送ろうとしてくるわけですよ。
    いや別に親友とかじゃないです。はっきり言って、そんなに深い友達でもないんです。同じクラスだったということくらい。ところが一人マメなヤツがいて仲立ちしてくれてるので、ここまで付き合いが続いているようなもんです。
    そんな僕のところにまでどうして孫の画像を送ろうとするんでしょうかねえ。
    僕は、所持しているケータイというのはもちろんガラケーですよ。ネットをケータイから覗くことは全く致しません。メールは一応しますけど、ほぼ身内だけとしか使わない。完全に使用方法は携帯電話での通話が主です。なので、使い放題プランにしていないんです。ラインとか全然興味なし。
    画像なんてのは、送られたら迷惑です。こっちにだって金がかかるわい。なので添付ファイル付きのメールは開けません。開けずにメールを返します。なんか送りたいものがあるならPCに送れ。アドレス教えてやるから。
    でまあ、送ってきたみたいなんですが。
    僕は、PCは基本的に平日は朝しか開けません。なのでメールも朝しかチェックしないわけです。そうしたら、そいつが怒ってくるわけですわ。さっさと見ろよ、と。
    しょうがないので見ましたよ。そしたら、孫の画像です。阿呆か。
    かわいいねと言わねばならんのですかね(汗)。別にかわいくないわけじゃないけど「普通」の赤ちゃんの画像なんですが。こいつの娘も知らんしもちろんその娘の配偶者も知らんしね。

    こういうの、以前にもよくありました。だいたい、子供の成人式の写真を見せようとするムーブメントです。2年くらい前に何人かが始めて、しばらく続いたようなおぼえがあります。
    僕は親になっていないので、そういうのを見せたがる心理ってのがさっぱりわかんない。褒めて欲しいんでしょうか。立派になったね、とか言えばいいんでしょうか。しかしその成人式を迎えた若者の、子供時代を別によく知ってるわけじゃないので(何回かは見たことがあっても)、感慨もなにもありませんわな。「あのときに頭を撫でてもらった子供がこうなりました」って言われてもねぇ。
    僕もいくら浮ついていて青くても、一応「きれいになられて」とか返しますよ。大人だから。でも、面白くもなんともない。
    ツールの進歩というものも、良し悪しだなあとつくづく。
    以前はこんな簡単に画像を送ったりはできませんでしたから、年賀状の季節だけ通り過ぎるのを待てばよかったんです。二十年くらい前かな、友人からの年賀状がみんな子供の写真になったことがありました。あれも困ったもんでしたが、正月だけでしたからまだマシだったと思います。いまは、時期を選びません。面倒だなー。

    いや別に、気を遣って欲しい、とは思ってません。別に子供や孫の写真の年賀状が送られてきても、それを見てこっちが悲しくなるとかそんなことは全くありません。そんなことで気を遣われたらこっちがしんどいわ。オマエも早くこういうのが送れるようになれよ、的な添え書きがあったときだけはムカっときましたが、普通のものであれば気にはなりません。幸せなんでしょうから。
    ただ、芸がないな、と思うだけ(笑)。みんな同じなんですもん。
    しかしメール添付は、押し付けがましいと思いますぜ一応。反応しなくちゃいけないのが鬱陶しい。

    ですが…孫ができるくらいの歳になれば、こういうことも恬淡としているべきなんでしょうな。そこがまだ自分でも青いと思います。うーむ。


    今日の一曲は「うろこ雲の絵」を。

     
     西岡たかし・五つの赤い風船 CD-BOX youtube

    つくづくいいうただなあと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2014/04/05 | 雑感 | 18:17 | comments(4) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 18:17 | - | - |

    コメント
    懍太郎さん

    続けての更新
    特別に 意味など ないのでしょうけれど
    自分から発信出来るエネルギーは ないけれど
    せめて 少し自意識過剰になって
    ありがたく 読ませて戴いてます

    まだ先が見えなくて 正直つらい

    でも
    ありがとう
    • よぴち
    • 2014/04/06 6:04 PM
    >よぴちさん
    わざわざ無理を押して書き込んでくれてありがとう。せめて一週間くらいは続けて書いてみようと思いまして。
    中身は、何も意味はありません。ホント僕特有の戯言ばかりですけど、ひと記事に一曲入れてるのはパクリです。ただそれだけでこれも何の意味もなさないけど、一応僕なりに旗振ってるつもり。あと今日神社に行ったんで、神頼みはしてきたよ。今の僕に出来るのは、そのくらいです。
    • 凛太郎
    • 2014/04/06 6:48 PM
    これはわかりますねぇ…。

    子どもがいないころは、いただいた年賀状に子どもの写真なんかがあると、「相手がこれをうれしがると思ってんのかな」と疑問でした。
    しかし、子どもができると、ある意味ですごく楽なんだなぁと痛感しました。年賀状をつくるときに、考えなくていいんですよ。子どもの写真でも載っけときゃいい。親戚相手なら報告にはなるでしょうし、興味がない大半の人は、年賀状くらいスルーしてくれるでしょう。らくちーん。
    私に「芸」があったとしても、年賀状で発揮する気はありませんし(笑

    でも、メールはほんとわかんない。気心の知れた友人に、イヤガラセで送りつけたことはありますがね。
    あんまり言うとアレですが、自分と他人の区別はきちんとつけようぜ! なんて大人げないことを思ったりはします。

    なんというか、奇妙な「生きにくさ」みたいなものを感じてしまうなぁ…。

    • 服部堂
    • 2014/04/08 10:01 AM
    >服部堂さん
    メールの画像添付はウザったい訳ですが、年賀状についてはそんなにdisるつもりもなく。ただつまんないだけで(笑)。確かに、楽なんでしょうね。それが家族写真に移行し…。とにかくPCが普及して画像を自宅で簡単に印刷できるようになったことがそういうのに拍車をかけたのだろうとは思います。今は年賀状自体もインクジェット紙が普通ですのでね。
    これは、年賀状のメール化だと僕は思っておるわけです(笑)。
    もうそれなら、虚礼廃止せよと言いたくなる訳ですが、年賀状印刷というものが始まってから以降ずっと虚礼ですから、少なくともmyprinter作成であるだけマシだと言えるかもしれません。うーむ。
    ちなみにあたしは年賀状で芸を発揮してますが、普通の人はそんなことしなくてもいいと思います(汗)。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM