スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    西宮の踏切いろいろ

  • 2014.01.26 Sunday
  •  阪神電鉄の高架工事および甲子園駅の改修工事が進んでいます。( ̄  ̄)
     便利になるのは有難いことです。駅のリニューアルも良し、また高架化によって例えば小曽根線の渋滞がなくなるなら助かります。しかし反面、歴史好きとしては、駅に残る路面電車甲子園線の痕跡が消えるのは非常に残念ですし、江戸時代からある用水路が暗渠化されるのもまた寂しいことです。
     そして、踏切は当然なくなります。

     

     上鳴尾墓地に程近いこの踏切。どんどん工事が進んでいます。踏切が無くなるのは有難いのですが、残念なことがひとつ。この踏切の名前が消えるのが惜しい。この踏切名は「焼屋敷踏切」といいます。昔の字名からきています。

     

     古いアザ名はどんどん消えて、統合され美名が冠せられたり、どこもかしこも甲子園○○町になったり、○○何丁目という無機質な町名が横行したりするのは、時代の流れです。先日も神呪字中谷が上甲東園に呑み込まれました。そんな流れにわずかに抗っているのが、橋名や公園名、そして踏切名と言えます。
     「焼屋敷」というだけで、どれだけイマジネーションが膨らむか。焼けた屋敷は、平重盛の館か。足利尊氏が籠った松岡城か。それとも「屯倉屋敷」が転化したのか。考えるだけで面白いのに…( ̄  ̄;)
     踏切は、いつかはみんな消えるでしょう。安全を考えれば当然のことです。でも、いい踏切名って時々あるんですねぇ。そんなのを折にふれて写真に撮ったりしていました。ちょっとこの機会に放出します。

     阪神電車は、市内の本線はこれで全て高架化されます。しかし武庫川線は、しばらくは残るでしょう。

     

     終点ほど近い上田にある「入江」踏切。もう鳴尾浜も埋め立てられて久しく海岸線は遥か彼方です。しかしこんな踏切名が、昔はここまでは海だったんだぞと訴えているようにも見えますねー。(^^)

     JRは武庫川と夙川という高い川の堤防を蒸気機関車が越えなければならないために、明治7年の開通以来市内では高さを保って敷設されています。したがって踏切はほぼ無いのですが、夙川を越えた芦屋寄りにはいくつか存在しています。

     

     大師踏切。文学散歩の視点でseitaroさんが記事にされています。
     この「大師」とはどういう意味でしょうか。大師と言えば西宮においては神呪寺なのですが、もうひとつ菊谷町にある栄潤寺が「越木岩大師」とされています。この踏切は栄潤寺の真南に位置します。もしも踏切名の「大師」が越木岩大師由来だとすれば、栄潤寺開山は昭和2年なので、それ以降に出来た踏切ということになります(踏切はとにかく最初の名称を改めない)。ということは、渡辺温が事故にあった昭和5年は、まだ出来たての踏切だったということでしょうか。ちょっと調べる価値はありそうです。

     

     西守具踏切。いいですねぇ。この「守具」という名は非常に貴重です。つまり、夙川近くにあった「夙」という村が「森具」と名を変えるに至ったミッシングリンク的地名なのですから。詳しくは「ちょっと歴史っぽい西宮」を参照して下さい。長いけど(汗)。

     阪急神戸線には、ご存知「昭和園道踏切」があります。

     

     いわゆる「西宮七園」において、昭和園だけが地名から失われています。そのわずかな痕跡がこの踏切名であるわけです。

     

     甲陽線には「水道路踏切」があります。
     上ヶ原浄水場から神戸まで水道を引いた、その水路上の道です。この踏切もseitaroさんが紹介されています。細雪の水道路と西宮の水道路踏切
     その筋ではかなり有名な踏切のようです。僕はハルヒについては不調法モノでよく知らないのですが、聖地であるようです。

     今津線はいろいろ揃ってますよ。

     

     線路とやくじんさん筋が交錯するところにあるこの踏切。今は段上という町名も「だんじょう」としか読みませんが、そもそもは「だんのうえ」なのです。その歴史を示す踏切名。この「ノ」が実に効いています。

     

     甲東市場は、震災前までは存在していたと聞いています。今はもう既にありませんが、踏切名だけがその名残を伝えています。

     

     消費組合とはまた古い。戦前の呼び名でしょう。今の若い人には「生協」と言っても通じないかも。コープという名が席巻しています。
     で、その消費組合はどこらへんにあったんやろな?(それを調べてへんのかいな (゚O゚)\(--; ォィォィ )

     今津南線は、完全高架になりました。あの踏切も消えるかと思っていましたら、見事に生き残っています。朝晩、車両が車庫入れのために、高架線から一旦地上に降りて神戸線に入る、そのごく僅かな時間だけに必要な踏切として。

     

     いいですねぇ。球場前踏切。\(^▽^)/
     笹舟さん、seitaroさんが紹介された「勇者たちへの伝言 いつの日か来た道」が話題になっていましたが、その追憶の西宮球場の名残りの踏切です。
     まだ「球場橋」も「球場前線」もあります。以前にも書いたことがありますが、こういうのは是非とも残してほしいわけです。子供たちに「どうして球場前?」と問われれば、大人たちは「ここに西宮球場という野球場があってな。ほんで阪急ブレーブスいうてな…」という話をしなくてはならない。そうして、語り継がれていくものがあるんです。
     踏切も、なかなかに歴史を語ってくれます。


    ※初出:西宮ブログ「凛太郎の自転車操業
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2014/01/26 | 西宮流 | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 07:32 | - | - |

    コメント
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM