スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    鳴尾の古い石造物をたずねて(六)

  • 2013.12.11 Wednesday
  •  もうその六になってしまいました。m(_ _;)m
     もはや上鳴尾墓地の観光案内とはとても言えないような細かな話になっていますが、ちょっと解せないものを見ましたので、Webに載せることにします。
     
     

     無縁墓に近い西北方面。石造七重塔や五輪卒塔婆があり、何やら由緒がありそうな一画です。そこに、卵塔がいくつか並んでいます。卵塔(無縫塔)とは、見ての通りタマゴみたいな形をした墓塔です。多くはお坊さんのお墓で、特に禅僧の墓塔として用いられることが多い形態です。

     
     
     この手前の卵塔が最も立派ですが、それにはこんなふうに刻まれているのです。

     

     「開山霊峰道悟和尚禅師之塔」
     開山ということは、霊峰道悟和尚禅師が寺をお建てになられたのでしょう。で、禅師というからには当然禅宗ですね。
     これを見たときに僕は?となったんです。果たして、どこのお寺の開山禅師でらっしゃるのでしょうか。

     禅宗のお寺の系譜というのは、鳴尾ではまず江月山長蘆寺が挙げられます。
     14世紀に建立されたとされ、南北朝建武年間の記録が残っています(鳴尾村誌に拠る)。西宮では海清寺と同じ頃に建立されたと考えていいでしょうか。
     この長蘆寺は、文明7年(1475)の水害で流され、荒廃したと考えられています。
     その法統を継いだのは、観音寺であるとされます。観音寺は寺の多い鳴尾の中で、唯一の禅宗寺院です。

     

     現在は幼稚園を経営されていて、そのHPを見ますと観音寺の歴史についても記されています。(→慈応山観音寺の詳細)
     観音寺は長蘆寺の流れをくみ、文政年間に春芳和尚が改号し再興したと伝えられているようです。
     長蘆寺は臨済宗大徳寺派で、大徳寺の塔頭如意庵の末寺であったとされますが、観音寺は妙心寺派です。これは春芳和尚からということになります。
     なお、観音寺は戦災で焼失します。これを再興されたのは、西宮芦屋研究所員さんが連載された夢の里シリーズでもおなじみの海清寺住職(後に妙心寺管長)春見文勝禅師の弟さんの春見正道禅師です。昭和26年のこと。
     こういうことを調べていて、僕はようやく上鳴尾墓地の古石造物が海清寺に移されたことに得心がいきました。なるほど。

     さて、中世に隆盛した長蘆寺は文明7年に途絶え、文政年間に再興されるまで「盛衰は不祥」と観音寺さんが書かれています。つまり1475年から1820年頃まで約350年間、どうなっていたかは不明なのです。
     前述の霊峰道悟和尚禅師の卵塔を見ます。

     

     見難くて申し訳ありませんが、側面に「寶永六」の文言が確認できます。没年のようです。宝永6年は1709年であり、霊峰道悟禅師はどうも1600年代に活動された方のようです。
     霊峰道悟禅師について、僕は図書館で調べきれませんでした。事績がわかればもう少しはっきりしたことも推測できるのですが、ちょっと宿題とします。なおネット検索では黄檗宗のお坊さんであったことくらいしかわかりませんでした。
     この卵塔が霊峰道悟禅師の墓であるならば。
     墓というものはそんなに理由も無く移転するものではありません。1709年以来300年間、ずっとこのあたりに存在したと考えたほうが自然です。この卵塔のすぐ北西側に、禅宗の観音寺さんが隣接しています。どう解釈すれば良いのでしょうか。
     1475年から1820年頃まで「盛衰は不祥」である長蘆寺から観音寺への鳴尾禅宗寺院の法統ですが、その空白期間である1600年代末から、もしかしたら黄檗宗霊峰道悟禅師に始まる時代があったのかもしれない。そんなふうにちょっと考えたりもします。
     霊峰道悟禅師の卵塔台石にはもう一面、文字が刻まれているんです。そこには「○○○建之」と。建之はわかるんですが肝心の部分が剥落も多く読めない(汗)。これが解読できれば一気に謎も解けそうなのですけれども…拓本でもとらないと無理か。

     霊峰道悟禅師さんの横にも卵塔がいくつか並びます。

     

     隣のお墓には當山二代、その隣は當山六世とあります。その当山とはどこなのかが気になるところですが、二代目さんの墓石に元号は確認できなかったものの、その隣の六世さんの墓石には「明和三年」の年号が見えます。1766年。観音寺再興の文政年間にはまだ間があります。

     いろいろと考えます。
     例えば、すぐ隣の浄願寺さんには広い寺院内墓地がありますが、観音寺さんには、見たところ墓地はありません。せいさんに納骨堂が存在することを教えていただきましたが、江戸時代からそういう形式だったわけでもないでしょう。
     観音寺さんは戦後幼稚園を併設したために、寺院内墓地のスペースがなくなったのかもしれません。で、この卵塔がある一画は、観音寺さんの真裏です。もしかしたら墓石を移されたのではないでしょうか。
     また「開山」といっても、名前貸しであることもよくあります。現に観音寺の前身とされる長蘆寺の創建は大徳寺七世言外宗忠禅師ですが、開山は言外宗忠禅師の師である二世徹翁義亨国師となっています。霊峰道悟禅師さんも同様で、あれは後世の供養塔であるかもしれません。
     しかし、霊峰道悟禅師さんは、ちゃんと文献で確認はしていませんが同じ禅宗でも黄檗宗らしい。臨済宗の現観音寺さんに直接関わりがあるとは考えにくいわけで。また没年を考えると、時代が違いすぎます。しかし1700年代は、長蘆寺と観音寺の流れからすれば、ちょうど空白期間にあたります。うーむ。
     この墓石群がもしかして観音寺さん管理のものであるならば…。

     こういうことは、花園幼稚園で伺えば簡単にわかるのかもしれないのですけれどもね(汗)。これら卵塔には花も手向けられていますし、お世話なさっている方がおられるわけです。さすれば事情をご存知のはず。しかし僕の立場は、西宮歴史調査団のようにしっかりと学術的調査をやっているわけでもなくタダの野次馬ですから、恐縮ですし気後れもしますので聞けません。またぼつぼつ趣味の範囲で調べてみたいと思います。石造物班も出来れば次回は上鳴尾墓地を対象にしてください(笑)。

     それにしても、墓地はなかなかに奥深い。今回ちょっと集中的に見てまわりまして、歴史の残り香をずいぶんと感じました。西宮には、段上の貝之介墓地などまだまだ深そうな墓地があります。眠られている方々に失礼さえなければ、近隣の墓地を散策するのもまた趣がかわって良いかもしれません。
     しかしながら。明治以降、ことに戦後飛躍的に人口が増えた日本で、墓地に空きスペースが無くなっているのも事実です。上鳴尾墓地でも、無縁墓のタグを付けられた墓石を多く見ました。

     

     こういうことはわかっているつもりですが、またこうして墓地の様相も変わっていくのだろうと思います。
     鳴尾の古石造物をたずねる話、今度こそ終了です。ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2013/12/11 | 西宮流 | 06:18 | comments(5) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 06:18 | - | - |

    コメント
    初めまして。艦載人と申します、趣味で寺巡りをしております。ブログたいへん興味深く、拝見いたしました。

    霊峰道悟について、手元にあった辞書類で調べてみましたところ、鷲尾順敬編『日本仏家人名辞書』(増訂版、東京美術、1991年。初版は明治三十六年、近代デジタルライブラリーでも閲覧可能なようです)に下記のようにあります。

    以下引用。原文は旧字体

    ドーゴ 道悟(二二九六〜二三六九)
    〔黄檗宗〕摂津慈応寺の開山なり、道悟字は霊峯、美濃多芸群の人なり。
         (中略)
    四十四歳黄檗山に登り、木菴より戒を受く、増島村に春日寺を開き、西の宮鳴尾に慈応寺を開く、黄檗山の悦山慈応の二大字を書し贈る、一住二十年なり、
    後中島〔摂津中島か−引用者補記〕に遊び、病に罹りて寂す、宝永六年四月廿四日なり、寿七十四、臘五十八。(続日本高僧伝)

    引用終わり。

    とあります。上記辞書の生没年は皇紀ですので、660年を引くと、寛永十三年(1636)から宝永六年(1709)が霊峰道悟の生没年となります。
    霊峰道悟が開山となる、鳴尾の慈応寺については、西宮市史などを確認していないので詳細は不明なので何とも言えないのですが、ブログで取り挙げられている
    墓地近くの観音寺の山号が「慈応山」である事と何らかの関連があるような気もするのですが・・・・・・

    また、上記辞書記事の典拠となった『続日本高僧伝』ですが近代デジタルライブラリーにて確認してみたのですが、霊峰道悟の項は見出せなかった点も気がかりだったりします(見落としているだけかも)。

    • 艦載人
    • 2014/11/27 2:19 PM
    >艦載人さん
    ありがとうございます。大変貴重な情報をご教示いただき感謝申し上げます。
    結局西宮市史、鳴尾村誌などの郷土関係資料には、僕が調べた中では霊峰道悟和尚の名は一切出てきていません。観音寺に直接問い合わせたわけではありませんが、おそらく観音寺さんも霊峰道悟和尚については外向けに言及されたものは無いと思います。書きましたようにいずれも観音寺、鳴尾の禅寺の17〜18世紀の状況は不明とされています。
    ところで、その後霊峰道悟和尚の名前については、別のところで発見しています。
    http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000061497/p11117784c.html
    元禄年間に刻まれた鳴尾の総鎮守社である八幡神社の鳥居にその名が刻まれていました。
    総合しますと、18世紀には道悟和尚の慈応寺が神仏習合時代に八幡神社の別当を兼ねていたと推察されます。
    その後観音寺を再興したとされる春芳和尚が八幡神社の別当寺として松雲禅寺を担っていたことがわかっています。山号から長蘆寺の後身として建立されたことは十分に考えられます。
    黄檗宗だったと思われる慈応寺と臨済宗と思われる松雲禅寺が同じ系譜にあたるのか、それとも二つの寺が存在したのかはまだわかりません。合併して観音寺になった可能性もあります。ともかく、19世紀の春芳和尚と18世紀の道悟和尚は、今は同じ墓所に鎮まられています。
    摂津春日寺(増島村)のことは初耳でしたので全くわかりませんが、これも手がかりになるかもしれません。
    これ以上は僕の手に負えるのかどうかは全くわかりませんが、貴重なお話本当にありがとうございます。
    • 凛太郎
    • 2014/11/29 9:01 AM
    お返事及びご教示ありがとうございます。

    先日のメッセージでは『本朝続高僧伝』に道悟和尚の記事が見られないと述べましたが、本当に見落としていたようです(汗)。
    該当記事は巻八に「摂州慈応寺沙門道悟伝」として収められています(http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/816825
    のコマ番号「17〜18」)。
    しかし、白文かつ文飾が多くてかなり難しいです(汗)。
    ただ、道悟和尚が開いたという東鳴尾の慈応寺の寺号について、
    「相伝在昔大慈応現地也。悦山宗公大書慈応二字、掲之欄干」
    とあり、「大慈応現」が由来とのことです。
    大慈は「仏の広大無辺な慈愛」(『仏教語大辞典』)との事で、さっくり言えば、
    上記引用箇所は、古くからの仏の霊験あらたかな地を相伝し、悦山宗公に「慈応」の二字を大書してもらったという事でしょうか・・・・・・
    この記述から、凜太郎さんが指摘されるように慈応寺には前身寺院(例えば江月山長蘆寺など)があり、その由緒を引く継ぐ形で道悟和尚が慈応寺を引き継いだと
    考えても良いのかなぁと、想像してます。

    また、鳴尾八幡神社の記事で触れられている、鳥居の銘の「慈応山」を慈応寺と解すれば、元禄十二年(1701)には慈応寺は存在した事になり、この点で『本朝続高僧伝』
    の記事を補う貴重な史料といえるように思います。

    それと、摂津増島の「春日寺」ですが『続本朝高僧伝』では「春明寺」とあります。
    こちらも道悟和尚が開いたとの事ですが、何らかのトラブルに会い、道悟和尚は紀州に避難する事になったそうです。
    この春明寺から紀州に移り、紀州から東鳴尾に移って、道悟和尚が創めたのが件の慈応寺との事です。

    長々と失礼いたしました。
    • 艦載人
    • 2014/11/29 12:21 PM
    すみません。
    先ほどのメッセージの『本朝続高僧伝』は『続日本高僧伝』の誤りです。
    • 艦載人
    • 2014/11/29 12:27 PM
    >艦載人さん
    本当にお心遣いありがとうございます。続日本高僧伝をご紹介いただいて当方がすぐに確認をしなくてはいけませんでしたのに、お手数をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。
    しかしこの漢文は難しいな(汗)。だいたい日本人が江戸時代以降に書いた漢文なら普通解せるのですが、僧侶関係はやっぱり読みにくい。もっと素人にわかるように書いてもらいたいものです(えっ?)。
    ただ、うすぼんやりながらも少し状況が見えてきたように思います。もう少し考えてみたいと思います。貴重なご教示重ねて感謝申し上げます。
    • 凛太郎
    • 2014/11/30 5:51 PM
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM