スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    甲東梅林 その1

  • 2012.03.11 Sunday
  • 観梅に甲東公民館へ行ってきましたー。( ̄▽ ̄)V いえーい!

     僕は市内をウロつくときはほぼ自転車で動きますが、甲東公民館はご承知のとおり高台にあるわけでして。阪急甲東園駅から山手に向かいますと…。

      

     お地蔵さんの脇にある道案内には「甲東公民館 梅林⇒」と書いてあります。この坂道を登れと言うのか…(T_T)
     20何年か前、学生の頃は、あたしだって標高1000mの峠だって越えたサイクリストでした。けれども今は、ギアもないチャリに乗り、しかも脚は老朽化、体重の増加、それによる負荷にヒザが泣き言を言う、などのマイナスポイントが目白押しとなり…。

     しかし、このくらいの坂に負けたとなったら、それは名折れというものです。なのでえんやこらとペダルを踏み、登ります。
     途中何度か降りて自転車を押し(押したんかいっ!)、ようやく甲東公民館に到着です。

      

     もう梅が咲いているのが外からでもよくわかります。
     行ったのは、3月10日(土)でした。本当は、先週の5日までは公民館による梅びらきの文化祭が行われていて、甘酒なんぞもいただけたのですが、それには都合が合わず行けませんでした。(T-T)
     まあしかし、今年は寒い冬だったため、まだまだ梅の見ごろは続いていますよ。と申しますか、多くの種類があるため一概には言えませんが、ほぼ満開と言ってもいいのではないでしょうか。

      

     きれいでしたね。
     写真の技術が足らないのは棚に上げておいてください(汗)。

     さて、僕が何のために甲東梅林にやってきたかといえば、昨年までやっていたサイト「ちょっと歴史っぽい西宮」の「明治〜西宮七園の昔」というページへの追記のためです。
     ここで、明治の甲東園の名残として梅林を紹介しているのですが、昨年はこの季節にバタバタしていて結局ここまで来れず、紹介が中途半端になってしまっていました。その、補完のためです。

     重複した内容になりますが、西宮七園として名高い甲東園、香櫨園、苦楽園、甲陽園、甲子園、甲風園、昭和園のうち、最も古い歴史を持つのは、甲東園です。大阪の芝川又右衛門氏が農地としてこの地の開発を始めたのが明治17年(1884)。その農地はのちに果樹園となります。それが「甲東園」と名づけられたのは明治33年、すなわち1900年です。19世紀ギリギリ。
     西宮七園の中で明治に開発が行われたのは他に香櫨園と苦楽園がありますが、いずれも20世紀になってから。甲東園の歴史と伝統がよくわかります。

      

     そういったことが書かれた説明プレートが梅林の中にちゃんと用意されています。今の季節は、みな梅の花に彩られています。

     次回に続く。(え?)


    【西宮流(nishinomiya-style)ブログより転載】



    【いただいたコメント】


    あ、今年はまだ一度も行ってなかった・・・。
    ところで私は甲東園駅から行く場合は駅から西へ進んでから
    左へ曲がるからこの写真の右へ曲がる坂道を登っては行った事が
    ない気がします。
    右へ曲がった方が坂がゆるいのかしら?いつか行ってみよう。
    [ にゃんこ ] 2012/03/11 18:05:59

    >にゃんこさん
    えーっと、今回はお地蔵さん横の標識が右を指していたのでそっちに行っただけで、坂自体は左のほうがゆるいと思います(汗)。右の道は、一気に丘の上まで昇ってしまいますので。距離はどっちかなあ。右のほうが一旦離れるので遠回りみたいにも思えますが、左もくねくねしてますからね。わかんない(笑)
    [ 凛太郎 ] 2012/03/13 5:55:09
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2012/03/11 | 西宮流 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 17:22 | - | - |

    コメント
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM