スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    嵐の夜に

  • 2012.06.19 Tuesday
  • 台風の古語は「野分」だけれども、これって秋の季語だよね? 今年は早々に台風来襲。降水確率100%って滅多に聞かないよ。なので、早めに帰宅。のん気なことを書くようだが、陽のあるうちから酒呑むのっていいな(笑)。だから久々に夜はブログでも書くか、と。

    それでなくても梅雨で鬱陶しい天気なのに。しかし義母と電話で話すと「恵みの雨だ」と言う。今年は雨が降らずに農作物が全然ダメなのだと。そうか。賢治の「ヒデリノトキハナミダヲナガシ」か。東北は厳しい。「サムサノナツ(冷夏)」もあるしなあ。鬱陶しいと言ったことを反省。

    6月第三日曜は父の日。いつも親父にちょっとしたものを送って電話する。ところで先日友人と話していて「今年は娘が家を出たから父の日はないかなぁ」といって寂しそうな顔をしてる。そういえば自分が何かされることなんて今まで考えたことがなかった。ちょびっとだけ羨ましい。

    某所で、賞味期限切れの缶詰を大量にもらってきた。缶詰なんて半永久的に食べられるものだと思っているので、捨てるのももったいない。で、パイナップルの缶詰を開けようとおもったら妻「缶切りどこにしまったっけ」。ああ最近は缶切必要な缶詰なんてないな。みんなプルトップだ。

    各スポーツの予選が終盤となった。もうオリンピックかぁ。最近は4年が本当にあっという間に過ぎる。僕の最も古い記憶はミュンヘンだが(メキシコは生まれていたがさすがに知らない)、モントリオールまでずいぶん長かったような気がする。もちろん歳くったせいだが。

    これはすごい。中日の岩田が投げたボール→岩田慎司 新球試投? これはいったいなんだろう。名手谷繁も捕れない。124km出てるがまるで空気抵抗に負けたような。握りをみるとフォークのようだけれども…魔球としか言いようがないか。偶然でなければ一時代築けるよ。

    オランダのEURO2012が終わった。つらいね。まあ予想してはいたけれども、ここまで酷いとは。全敗最下位。かの国はW杯ファイナリストと引きかえに、何か大切なものを失ってしまったように思う。あの美しいオランダサッカーはまた戻ってくるのだろうか。

    スパコン「京」世界2位に 2位じゃダメなんですかっ?!のアレか。こういうのは本当によくわからない世界で、素人としては計算速度そのものが問題であって順位など…とつい思ってしまうが。蓮舫への批判理由もよくわかっていない。まさか国の威信が理由じゃないだろうし。

    最近流行の集団アイドルとかは多過ぎてわからないが、オヤジたちまで話題にしてるので僕も悔しいから知ったかぶりをしている。で、キラキラネームではないが最近の子供達は珍しい名が多いなと勝手に思っていた。「まゆゆ」とかね。えっ、あれニックネームなのか?!(たった今知った^^;)

    ラジオでaikoしゃんの歌声を耳にする。「〜あなたに出逢えた事があたしの終わり〜」なんだこの歌詞は。ビックリした。中島美嘉さんのこれのとき以来の驚き。しかし実際の歌詞はこんな感じでさほど意味深ではないようで。けれどもこういうワンフレーズはすごいね。「ずっと」

    gooブログの「60日以上更新のないブログのテンプレートデザイン切替」はひどすぎる(→公式)。よそでやっているようにただトップに広告を出せばいいだけの話ではないのか。これで、いくつもの珠玉の手作りテンプレートが失われた。ホントに乗り換えたいが、もう無理なんだよなぁ。

    だいたいブログでpvを稼ぐのは頻繁な更新としか考えられないのがアホ。ワシなんか最近、毎週日曜になるとpvが1000を超えたりするぞ。それは大河ドラマを見た人が2005年の平重盛の記事にどっとアクセスしてくれるからだ。7年以上前の記事だって生きているというのに。

    知人にまたfacebookのお誘いをうける。もう断るのに往生する。「いや私はインターネットとかは苦手で…」ホント面倒臭い。「君なんかブログとかやれば面白いだろうになあ」「いやいやブログなんてとてもとても」このやりとりに疲れてきた。ほっといてくれ。実はブロガーなんだが。

    PCのディスプレイの壁紙はまだこのときと同じ菜の花で、別に変えようとも思っていなかったのだが、このサイトを見て心が動く。これ、いいなぁ〜♪ この中で誰と酒を呑んでみたいか、と考えると、紅の豚のマンマユート団の連中かな。クシャナを口説いてみたい気はするけど。

    気温はまだ30度超えしていないのに、どうも蒸し暑い感じがする。夏が大好きな僕であるはずなのになあ。加齢による体力の衰えがあるとは思いたくないのだが、これからどんどん暑くなることに対して少し恐怖感を感じるのも事実。太ると暑いからとにかく体重だけは維持しよう。

    最近、焼肉に対する情熱に少し欠ける。食べればもちろんうまいが「ああ今日は焼肉屋に行きたくて堪らない」とか思わなくなった。レバ刺しも国家の横暴で無くなったしね(涙)。豚骨ラーメンにも欲求が無くなったような。もちろん鶏ガラこってりは今でも好きなのだが…。こういうのも年齢か。

    時間とはなんだろうか、と最近よく考える。ただひたすら流れ過ぎ行くものか。さすれば、それは刹那となる。もう還ってはこないもの。それとも、時間とは積もってゆくものか。ならば、過去は心の中に蓄積され追憶の中に生き続けることになる。できるなら、そう思いたい。

    少年の頃をふと思い出す。あの頃は、生意気だった。俺は何にでもなれる、と思っていた。若者らしい夢と希望を、僕も人並みに持っていたのかな。それから何十年経って、何ものにもなれなかった僕を、あのときの僕は許してくれるかな。でも、そんなに悪い人生でもないよ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2012/06/19 | 短文 | 22:09 | comments(4) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 22:09 | - | - |

    コメント
    現在も強い風が吹いています。

    迎えに行こうと待っていた娘が全身ずぶ濡れで帰宅。

    …ここまで濡れると気持ちいいよ

    と、玄関からお風呂場へ直行しました。

    aikoの歌は
    歌詞にインパクトありますね。
    ワンフレーズが心に残るってすごいな。

    歌詞読みましたが
    男性にとったら“重い女”って思うのかなって思ったりして。

    台風一過から暑くなるのは私も勘弁ですぅ。

    もともと汗かきな上に更年期の適齢期なもんで…。

    嵐の夜
    子供たちが小さい頃は不安でした。もしもの時は単身赴任家庭で私一人で、子供たち2人連れてどうやって避難しようか…マジに考えてましたね。

    今では懐かしい思い出です。
    >アラレさん
    フォーマルな服、ないしは高価な衣装の時はこの限りではありませんが、ずぶぬれってこれ気持ちいいんです(笑)。サッカー観戦のときとかね。何かヤケクソになると申しますか。
    この台風も、ずいぶんと人を濡らしていったようですね。お嬢さんがご無事で何よりでした。
    いざ避難、とか想定される大規模な台風であったりすると、緊張しますよね。ただ、子供達は案外ワクワクしていたりするんです。ワシがそうだった(笑)。緊急用のものをリュックに詰め、懐中電灯の電池を入れ替え…責任ない立場だと楽しいもん。

    昨今のうた(いわゆるJ-pop)というのは、aikoしゃんだけに限らずフレーズだけで惹きつけようとします。こういう傾向は、サザンあたりから始まったのだろうと思いますがね。
    例えば「名前も知らない駅のホームで雪を見ている枕木に落ちた夢の跡を数えながら今」なんてね、チンペイさんの詩は具体性があり情景が目前に浮かんでくるようですが、最近の子のうたにはそれがない。
    でも別に否定的でもなく、そのフレーズにハッとしたりするわけで。aikoで言えば「羽が生えた事も深爪した事も〜帰ってきたら話すね」てなフレーズなど好きですね♪
    「あなたに出逢えた事があたしの終わり」ってのは、一瞬破滅への序曲なのか、と思ったわけですよ。この人に出逢ってしまって私はどこまでも落ちていった、みたいな(笑)。実際はそうでもなかったんですけど。
    関係ありませんが、aikoって老けませんね?30代後半には見えないな。こういう人はイルカさんみたいな感じで推移するのかなぁと想像。
    凜太郎さん

    嵐の夜は やはり 「静」をもたらしてくれるもののよう…。
    そんな中、湖西道路を飛ばしていた大馬鹿者です(^_^;)
    京都を出たのが23:00近く、すでに風も雨もおさまり、山の辺で暗い湖西道路の空では、雲の切れ間からカシオペアが輝いていました。
    今庄辺りで一寸先も見えない深い霧が続いたのには正直ビビりましたが。

    無料ブログサイトは、更新しないとうるさいですね。でも、私のブログも、今だに随分前のレアな記事(松村とおるさんの曲とか、因幡晃さんの曲など)を求めて来られる方、多いですよ。
    そんな時つくづく、自分で曲をアップしていたサイトが有料化で綴じられてしまっていることが悔やまれるというか、申し訳なく思うのです。
    (そう思うなら、金払え、ってことですが(^_^;))

    私はむしろ、若い頃、何にもなれない、って思ってました。
    今になって、少しだけ好きなことやれるようになって、「あぁ、昔なら、もっとなんでも出来たんだな」って悔やむほど。

    でも、私も、なかなかイイ人生だと思ってますけどね。呑気なんだろか。
    ちなみに、明るいうちからお酒、これは、我が家では、健康的で望ましい過ごし方だということになっています(笑)。
    >よぴちさん
    近畿地方においては結局台風は南へそれ、また紀伊半島に被害が出ました。都市部は特にさほどのこともなく、僕は酒呑んだだけで終わったわけです。誠に申し訳ない。夜11時くらいだと、あたしゃもうグースカ寝てたなぁ(汗)。
    それにしても。僕も車ではかなりあちこち走り回っていますが、今までで最高の霧は365号線の県境、今庄あたりで経験しました。フォグランプも全く利かず、視界ナシ。忘れられません。怖かったなあ。吹雪のホワイトアウトとはまた別種のモノですね。あそこらへんは霧の名産地ですか?

    ブログは広告収入に頼るとすれば、当然ページビューが問題なわけですよ。さすれば更新って関係ないのですね。確かに、人間関係によって成り立っているブログはありますしそういう関係を繋ぎとめるものは更新しかないわけですが、それだけに頼っていないブログもある。よぴちさんちも、おこがましいですがうちもそうだろうと思います。十把一絡にするなってことですよ。
    うちの場合アクセスは何年も新記事を出していない歴史モノが引っ張っているわけですが、音楽もそこそこ。レアものの記事は、ライバルが少ないのでアクセスが来ます。うちだとシューベルツと井上博さんの記事、うめまつり、児雷也、根田成一さんなどはずっと集め続けてます。メジャーなのですが不思議と永井龍雲さんも衰えない。
    よぴちさんの音源については惜しいと僕も思っていますが(ことにマイナーなものは)、再アップというわけにもいきませんものね(汗)。手間もそうですが、アップロードについては今後かなりやかましくなりそうで。自分で歌ってアップするぶんにはOKなので、是非そういう方向で再現してくださいな♪
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM