スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    キラキラネーム 4

  • 2012.02.22 Wednesday
  • 前回の続きになります。
    私ごとながら、僕には子供がいません。これについてはもうなんともしようがないのですが、残念なことがいくつかあります。
    それは、例えば子供手当てがもらえないじゃねーかチキショー、などという即物的なものに始まり、いかにも楽しそうな親子連れを見ては心に冷たい風が吹く、てなことまで様々あるのですが、子供の名前をつける機会がなかった、ということもあります。
    これは残念でした。やっぱりね、僕もね、いろいろ考えていたのですよ。妻もそうかもしれません。
    そして、妻はいわゆる「ママとも」というグループに入りそこねました。こういうネットワークというのはバカになりませんでね。また、僕などはなんだかんだいって人と接触する機会はありますが、子供の話などほとんどしません。ということは、我が家は昨今の子供の命名事情に実に疎かった、ということになります。
    前々から少しは気づいていたものの、まさか子供の名前がここまできているとは思わなかったのです、実は。で、たまたま日経の記事が目に入って「えっ?!」。と驚き、その驚きから自分を納得させるために、ここまで長々と書いてきたわけですが。
    しかし書いてきただけで、結論というものは出ず(汗)。
    あとは、僕がやるべきこととしては、このキラキラした子供たちの名前に慣れることです。既にこういう名前が現状として多いのですから、少しは読めるようにならないと。好きだの嫌いだのと言っていられません。世の僕と同世代、そして僕より若い人たちは、こういう子供の名前に慣れているはずで、僕よりもずっと読めるのではないかと思います。僕は、遅れているんだ。
    しかし、実際に子供と接触のない僕は数をこなすわけにもいかず、日経新聞記事に載る名前群を分類し、理屈でなんとか追いつこうとしてみます。
    サンプルは、以下です。
    男の子名
    大翔(ヒロト ハルト ヤマト) 颯太(ソウタ ハヤタ フウタ) 陽翔(ハルト アキト ハルヒ)
    心星(ミショウ) 允彪(マサト) 英虎(エイト) 穏空(シズク) 音和(トワ) 叶星(トキ) 騎士(ナイト) 憩(カイ) 虎琉(タケル) 紫久伶(シグレ) 志耀(シデン) 楽心(ラウ) 希汐(キセキ) 希星(スバル) 空星(ソラ) 健萌絆(トモキ) 心暖(コノン) 琉絆空(ルキア)
    女の子名
    陽菜(ヒナ ハルナ ヒナタ) 結愛(ユア ユウア ユイナ) 愛菜(マナ アイナ イトナ)
    愛莉穂(アリス) 愛月(アイル) 葵絆(キズナ) 旭花(アヤメ アキナ) 海(マリン) 祈愛(ノア) 好笑(コノエ) 世愛(セナ) 聖白(マシロ) 愛聖(アイラ) 一葵(イチル) 華弥(ハナビ) 芽祈咲(メイサ) 沙星(サラ) 詩空(シエル) 深愛(ミアイ) 星愛(セイラ)

    新聞には、「最近はやっているのは心(こころ)、愛(あい)、楽(らく)の頭文字をとって、それぞれ「こ(ここ)」「あ」「ら」と読ませるあて字。「心愛」と書いて「ここあ」と読む名前もランキングの上位に入っている。」と記されています。この心愛(ココア)ちゃんは聞いたことがありました。なんと無理な読みをするのか、とそのときは思いましたが、もうそれが普通であるようなのです。
    ちょっと分類してみます。

    この中で一応読めるのは、希汐(キセキ)。普通の読みであるといえます。ただ「キセキ」という男の子の名前が存在していると思わないので、音で迷うわけです。汐(シオ)と読んで「きしお」など従来寄りの名前に読もうとしてみたりね。
    深愛(ミアイ)も何とか読めると思います。深で「み」は名乗り読みですが、すっと読めました。京都生まれなので深泥ヶ池を知っていたせいでしょうか。
    しかし、他のは難しすぎますよ。分類しつつ読み進めます。

    ○音読みの漢字の頭文字だけを使用する
    こういうのは、昔からあった、といえばあったのです。音読みで、由(ユウ)→由美子(ユミコ)など。
    ただ、のばす音が多かったと思いますね。央(オウ)をオと読んだり。しかし、それ以上は切れません。漢字の音読みで頭の文字だけ使用する、というのは、斬新としかいいようがありません。
    穏空(シズク)の(クウ→ク)、紫久伶(シグレ)の(レイ→レ)は、何とか旧式の頭脳でも対応できる範囲内だと思います。愛莉穂(アリス)祈愛(ノア)結愛(ユア ユウア)のア、楽心(ラウ)のラ、は想定外ですね(笑)。
    最も難しかったのは愛莉穂(アリス)のス。これは最初わからなかった。稲の穂が出たときを確か出穂(シュッスイ 夏子の酒で知った)と読むのだと思い出し、そのスイでスか!と気が付いた次第です。よくこんな難しい読みを(汗)。

    ○訓読み(用言)の頭文字だけを使用する
    訓読みでは、送り仮名部分を排して名乗り読みとすることはよくなされることです(送り仮名を切っているわけではないのですが便宜上そう書きます)。
    直す→直弼(ナオスケ)としたり。「正しい」をただし、ただ(まさ)と読むようなものです。しかしそれ以上落としては意味がわからなくなってしまいますので「正しい」を「た・ま」と読むことはまず無かったといっていいでしょう。ところが今は、それをやるわけです。
    好笑(コノエ)は「好む」の「この」ですから頭文字ではない。名前では好で「よし」と読むことが多いのでまさか、と思うのです。愛菜(イトナ)も「いとしい」の送り仮名落しで、頭文字だけではありません。しかし前例がないため、読むのは極めて難しいですね。
    ここで頻度が高いのは大翔、陽翔の「と」で、とぶの頭文字です。「翔」という字をどうしてもつかいたい。イメージがいいのでしょうね。これを「と」で切って止め字にするワザは、若い親御さんたちにとっては一大発見ではなかったのでしょうか。
    芽祈咲(メイサ)は、いのる、さくの頭文字。健萌絆(トモキ)の萌えの「も」もこれですね。琉絆空(ルキア)の「あ」が空き家の「あ」だと気が付くまでに、しばらくかかりました。

    ○訓読み(名詞)の頭文字だけを使用する
    心暖(コノン)の「こ」。健萌絆(トモキ)琉絆空(ルキア)の「き」。無理筋だと思うのですけれどもねー。
    英虎(エイト)は、とらの「と」なのですね。虎の首をぶった斬ったようなものですな。あまりといえばあまり…。
    そして允彪(マサト)の「と」もそうなのですけれども、彪は虎の縞模様のことで、トラとはあまり読みません。これは、名乗り読みですね。後でふれます。

    ○読みの頭文字ではなく一部を使用する
    音和(トワ)の「と」は「おと」の「と」ですかね。こんなのわからんぞな。旭花(アキナ)の「な」は「はな」の「な」でしょうか。
    読みの後ろ文字利用の前例として「人」を「と」と読むのは、いちおう定着しています。しかし語尾でしかつかわれませんので、音便の結果とも考えられます(直人 ナオヒト→ナオト)。いきなり頭にトとして出てくるこの例とは異なります。
    祈愛(ノア)の「の」は「いのり」の「の」ですかね。それだと真ん中を抜き出して使用しているということになりますが…。そんなことを本当にされたのでしょうかね?

    ○難しい(珍しい)読みを用いる
    心暖(コノン)の暖(のん)。これ、読むのです。よく知ってるなー。暖(ダン)の唐音読みで、現在では音便化して暖簾(のれん)くらいしか使用されてないかも。憩(カイ)も相当難しい。僕の簡単な漢和辞典には「ケイ」しか載ってません。ただケイ・カイという音からして、おそらくは失われた呉音と思われます。うーむ。
    よくもここまで難しい読みを。学者かよ。
    とにかく今の名付け親は、恐ろしいほどの教養があります。心星(ミショウ)のショウも、呉音でしょうね。経典にでも載ってるのか。アタマ悪いワシらには無理ですよ(涙)。
    華弥(ハナビ)のビは、漢音です。これはむしろ呉音のほうが一般的ですね。弥勒菩薩のミ。ビと読む例をなかなか思いつきませんわ。
    訓になると、もっと難しく。
    中でも楽心(ラウ)の「う」は本当に難しい。「心」は「うら」と読むのです。おそらくそこから来ています。こんなの古語だよ、と僕などは言いたくなります(汗)。「うらやましい」の語源は「心(ウラ)病む」からきているという話も。現在では「うら寂しい」みたいな言い回しに残っています。よくそんなの見つけてくるな。しかも、その頭文字だけを切って…絶対読めません。

    ○難しい(珍しい)名乗り読みを用いる
    心星(ミショウ)の「み」。心で「み」という人名読みは確かに辞書にのっています。うーん知らなかった。穏空(シズク)のしず。名乗り読みにありました。おだやか→しずか、という連想でしょうか。
    允彪(マサト)の「まさ」も難しいですね。虎琉(タケル)も、なかなかトラを「たけ」とは読めません。
    「大」そして「陽」は、名前で大活躍している漢字ですね。名乗り読みも多いようです。陽は「はる」とも「あき」とも読むんですな。もうなつもふゆも何でも読めばいいんだ(笑)。ちなみに井上陽水氏は本名で、読みは「あきみ」。

    ○難しい名乗り読みの一部を用いる
    頭文字をもってきているのが前述した允彪(マサト)ですね。健萌絆(トモキ)の「と」は、健の珍しい名乗りで「とし」というのがあるようです。その頭文字かも。絶対読めない(笑)。
    聖白(マシロ)の「ま」。辞書に聖で「まさ」の読みがありました。実例思い浮かびません。もしかしたら「聖母マリア」の「マ」か、と一瞬思ったりして(笑)。愛聖(アイラ)のラも本当にわからん。名乗り読みで「あきら」「たから」というのがあり、その「ら」かもしれません。また「聖(キヨ)らか」という当て読みがあって、そこから「ら」を引っ張ったか…。「聖」をどうしても「ま」「ら」と読ませたい執念があるとしか思えません。
    世愛(セナ)結愛(ユイナ)の「な」は「まな」の「な」でしょうか。まな自体は難しくはありませんが、尻の字をつかわれるともう読めません。あるいは、難しい名乗り読みで「なる」というのがあります。幕末好きなら、正親町三条実愛(サネナル)という公家の名を知っているのではないでしょうか。そこからかな。
    一葵(イチル)は本当に悩みました。もしかしたら…と思うのは、東条内閣の外務大臣だった重光葵(マモル)の「る」です。しかしこんなところから引っ張ってくるかなー。謎です。

    ○何かに引っ張られた読みを用いる
    そのようには読まないものを、無理読みや連想読みしているものです。
    颯太(ソウタ ハヤタ フウタ)。「颯」という字は「颯爽」のサツですね。ソウは読むので「そうた」はいいと思うんです。「フウ」は読みませんね。でも立風なので、風だからフウでもいいだろうとしてしまったのでしょうか。「はや」はおそらく疾風(ハヤテ)のイメージが颯という漢字に内包されている、と思われたのでしょうかね。もちろん颯と疾風は違うものですが、同じ風だから、ということで。こういうのが、後に意味が不明となってしまう名乗り読みが形成されていく過程であるのでしょうか。
    陽翔(ハルヒ)のヒは悩みましたが、もしかしたら飛翔(ヒショウ)から引っ張られたのではないかと推測。
    叶星(トキ)の「と」は何でしょう。十の「とお」なんでしょうか。それとも吐(ト)と似てるから?(そんなアホな吐くと間違えるなんて^^;)

    ○熟字訓の一部を用いる
    大翔(ヤマト)はどういうことだろう。悩みました。これはもしかしたら「大和(ヤマト)」の「やま」ではないのでしょうか。しかし大和は熟字訓です。大(ヤマ)和(ト)ではなく、ひとかたまりで「やまと」なのです。大は「やま」ではなく、しいて言えば大は黙字です(「和」1字でやまとと読む。国の名は2字にしなくてはいけなかったので強引に大を付けた。和泉も同じ)。
    勘違いからの命名なのでしょうか。それとももしや「山は大きいなあ」てなイメージからの読みでしょうか。謎です。

    ○熟字訓を創作する
    希星で「すばる」。これはプレアデス星団のことでしょうけれども、これはいい出来ではないかと思ったりもするのです。「希」の字源は爻(糸を交差させる)と巾(布の意)で、目を細かく織った布、または刺繍をする意があります。その細かさから、かすか、まれ、めずらしいなどの意味ができました。
    昴は、星と星との隙間がごく小さく、まるで空に刺繍をほどこしたかの如くみえます。きわめて珍しい星の連なりで、かすかに瞬いています。これはうまい。新たな熟字訓として定着してもいいくらいだと思います。センスがある。しかし子供の名前としてはどうなのか。それは、わかりません。
    旭花で「あやめ」。これは、なんでしょうね。漢字の読みで考えても無理です。こういう熟字訓はないと思いますので創作でしょう。しかし、その意味から読み解こうとしても難しいですねこれは。

    ○外国語読みをする
    騎士(ナイト)。海(マリン)。説明不要ですね。詩空(シエル)については後述します。

    ○外国語読みの一部を用いる
    「月」を「るな」と読むらしいのです。すごいですね。英語のムーンよりもラテン語のルナのほうが採用されているのは、西欧の名前っぽい、ということでしょうかね。
    もうこういう読みは既に一般化していて、お得意の頭文字使用もなされているようです。愛月(アイル)のルは、おそらくルナの頭文字なのでしょう。星愛(セイラ)のラは、LOVEのラである可能性が高いと思われます。他に考えつかない。しかしこれは、非常に難読です(汗)。

    ○イメージ読み、またその一部を用いる
    「光」で「ぴか」、「星」で「きらら」という読み方が紹介されていました。なんともはや。漢字を擬音語・擬態語で訓じるというのは離れワザだと思います。
    こうしたいわゆる「オノマトペ」に漢字を当てた例として「莞爾(ニッコリ)」「吃驚(ビックリ)」などがあると思いますが、その逆(漢字にオノマトペを当てる)は例が思い浮かびません。なお「綺羅、星の如く」の言い回しのキラは、擬音語ではありません。
    余談ですが、その日本語の語彙には、実は擬音語・擬態語から発生したと思われる言葉がいくつもあります。車(クルクル)、砂利(ジャリジャリ)、猫(ネァ~コ)などがそうだと言われますが、光もそうだといわれます。ピカリ→ひかり。したがって光(ピカ)というのは、先祖返り現象であるのかもしれません。
    この難読名の話になると必ず出てくる名前に「光宙(ピカチュウ)」くんがいます。本当に実在するのか都市伝説かそれはわかりませんけど、こういうイメージで漢字を読んでしまう、というやり方自体はもう深く浸透しているようです。
    叶星(トキ)のキは、キララのキか。イメージ読みもこうして切られるととたんに難読に。沙星(サラ)のラはどう考えても読めないのですが、もしかしたらキララのラかも。そんな無理な(涙)。

    ○置字(黙字あるいは強調字)を用いる
    こういうのは何と考えていいのかわからないのですがね。名前の中に読まない字を入れています。
    前例がないわけじゃありません。例えば官職由来名で、内蔵助(クラノスケ)は「内」を読みませんね。内匠頭(タクミノカミ)もそう。中務省内蔵寮は「うちのくらのつかさ」であったわけですが、後には単に「くらリョウ」とだけ読まれるようになっていったようです。外蔵はなかったわけで(国の出納庁である大蔵に対し天皇個人の財宝関係を内蔵としていた)、徐々にただ「くら」と呼ばれ命名に使用される時代には「くらのかみ」「くらのすけ」だったのでしょう。
    右衛門(エモン)の右が落ちたのは、左衛門(ザエモン)があることを考えると音韻上落ちたのかどうかはわかりません。
    現代の場合はこういうのとは違うでしょうね。長い歴史の中で…というわけではない。字面の雰囲気を整える目的なのでしょうか。あるいは、占いによる画数の問題なのかな。
    空星(ソラ)。星はいらないじゃないですか。これは黙字なのか、それともソラのソとキララのラを組み合わせたものか。謎です。葵絆(キズナ)も葵はいりません。ただ葵は「キ」と読みますので強調したいと思ったのか。それとも雰囲気で置き字をつかったのか。いずれにせよ、読みにくさを助長する結果となっています。
    そして詩空(シエル)ですけれども、相当に考え込んでしまいました。空を「エル」? これはフランス語のciel(skyの意)で、空だけでシエルなんだ、詩が置き字なのだと気が付くまでずいぶんかかりました。

    これで、だいたい読んだと思います。ふぅ。
    ここまでで、全くわからなかった、手がかりもつかめなかったのは、旭花(アヤメ)。どうすればいいのでしょうか。五月の吉日(旭だけに九日かも)、日の出とともに生まれ、旭(アサヒ)と同じ「あ」がつく花のアヤメを名に…うーんストーリーすらうまく作れない。
    そして陽菜(ヒナタ)。そのタは何でしょう(汗)。
    いくらアタマ捻ってもダメだったのは、志耀(シデン)ですね。お願いですから誰か正解を教えてくれませんか。気になってしょうがない。なんで耀がデンなんだ。それにシデンって何? 戦闘機の紫電か、ガンダムのカイ・シデンか、市電か(え?)。

    そんなふうに今ふうの名前を読む特訓をして、時代に追いつこうとするポーズをしたところで、この長々と続いた話を〆るつもりでした。しかし、この話を書こうと思ってから約1ヶ月、全4話のつもりだったものの、いろいろ考えつつ実際に書き進めているうちに、もう少しだけ書きたくなりまして。これは、ある種の結論となります。すみませんが次回へ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2012/02/22 | 言葉 | 05:57 | comments(2) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 05:57 | - | - |

    コメント
    まだ5話目は読んでない状態ですみませんが。。。
    「難しい読みをよく見つけてくるなぁ」ってことですが、普通に出版されてる赤ちゃんの名付け本に載ってたりするのです。
    そういうのを見て親は考える、あるいは参考にする。
    でも本に載ってるそのままの名前を付けると同じ名前の子がいるってこと。
    どうせならオンリーワンの名前を付けたい。
    「あぁこういう読み方をしてもいいのか、ならこれもいけるだろう」みたいに増えるのです。
    そしてご丁寧に、そういう本に付いてるハガキで赤ちゃんの名前を書いて投稿する。
    出版社はまたその名前を記事にする。
    というわけで増殖中なわけです。
    はっきり言ってクラスメートの名前、読めない子が多いですよ。
    仮に読めたとしても、それが正解かどうかは聞くまでわかりません。
    もう最近の子供の名前は「読めなくて当たり前」だと思っていいです。

    ただ、この流れ、ひょっとしたらいいこともあるかも知れませんよw
    昔、教材屋さんや誰ともわからない人から「ヨウスケくんのお宅ですか?」なんていう勧誘の電話がかかってきたものですが、今まずムリでしょうねww
    >にがさん
    これを書いたあと、書店で名付け関係の本をパラパラと見ました。あまりの凄まじさにゾッとしました。
    僕は名付けを経験していない関係上、そういう話はよく知らず、しかたなしにネット上で噂話をいくつか散見したのですが、やはり「たま○よ」系の雑誌がキラキラした名前をリードしているという共通認識があるようですね。
    そんなので本当にいいのか、とは思うのですよ。「あぁこういう読み方をしてもいいのか」ではね。もっと考えるべきです。名付け本ではじめて知ったような読みをいそいそと付けているようでは先が思いやられる。付け焼刃で命名していいんですか。
    「大翔(ヤマト)」くんは、将来笑われるかもしれないのです。この名付けには、実は深い意味があるのかもしれません。しかしパッと見は熟字訓というものを知らずに付けた浅薄な名前に見えてしまいます。そういう誤解を生む名はどうなのか、と思ったりもするのです。あらゆる可能性を想定したい。子供のためには。
    昔から安易な名付けはあって、僕は好きじゃないですね。以前は「あやかり」が実に多かった。あやかりといえば聞こえはいいのですが、流用とも言えます。
    音に当てはめ、というのは、僕は残念に思っています。漢字の地位の低下ですね。もともとは中国のものとはいえ、古代からここまで日本語に採り入れて磨きあげてきた歴史があるわけですから。確かに訓は翻訳から入っていますから、解釈次第で「何が正しい」のかは揺れます。
    しかし、本文には書きませんでしたがどうも「漢字をおもちゃにしている」傾向がある。頭文字抜き出しなんてのは最たるものです。固有名詞というものは、その言語圏の文化です。僕には、その文化を叩き壊す槌の音が聞こえてきています。そういう破壊活動がいいか悪いかの判断をする権限は僕にはありませんけれども(そうやって文化は脱皮を繰り返すという考え方もあるとして)、好きか嫌いかで言えば、僕は嫌いだ。残念なことではあります。もちろん、止めるすべは持ってはいません。

    ところで、志耀(シデン)くんの解釈はわかりませんか? (笑)
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM