スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    ゎたしゃヵナ打ち 少数派

  • 2010.06.27 Sunday
  • 「こんにちゎ」はもう古いんだよ〜。

    先日そんな話を聞いてびっくりしたわけですが。古いどころか僕はそんなのが流行っていることも知らなかったもので。
    若い人がもしこの記事を読まれたらアホかと思うことでしょうが、メールやmixiなんかでは昔(昔なのか^^;)、「ぁたしゎ」とか「ヵゎィィ」だとかそういう小さな文字を使用することが若い女子の間で流行っていて、んで今は廃れた、という話らしいんです。廃れてから知るあたしの遅さ(汗)。まあね、僕のようなおっさんが若い女子とメールとかやり取りすることなんて援助交際でもしないとありませんからね。
    検索すると「コモジング」というのだそうで。今さらそんなこと知ったところで意味ないですが。
    ところで、逆に大文字化するのは見たことがあるんですね。「神」を「ネ申」とか。あれは何て言うのかなあ。

    それはいいとして、その会話の中で僕はわかんなかったことがあるんです。「ゎ」ってどうやって変換するんだい?ケータイですと、すぐ出てくるわけです。0を押せば「わをんゎ…」と。しかしパソだとどうやって出すんだよ。
    「ああ、そんなのlwaと打てば簡単ですよ」と若者。いやいやありがとう。しかし僕は、カナ入力なのだよ。すまぬすまぬ。
    カナ入力って、ワープロ使用者の1割しかいないんですってね。完全にマイノリティです(汗)。そしてキーには「ゎ」はありません。小文字のキーは「ぁぃぅぇぉっゃゅょ」だけです。
    しかし普通に考えて、「こんにちゎ」など僕が使用するはずもありませんから、別に出てこなくてもいいわいとその時は思い、それっきりだったのです。
    ところが昨日、ふと思いつきました。「ゎ」は使う機会があるじゃないか、と。
    黒田官兵衛如水という人物がいますよね。昔こんな記事を書いたことがあります。この人、読めば今は「くろだかんべえ」であるわけですが、昔は「くろだくゎんぴょうえ」と読んだらしいのですね。使いみちあるじゃん(汗)。さらに、近所に関西学院大学があるのですが、これは「Kwansei Gakuin University」と表記され、つまり「くゎんせいがくいんだいがく」なのです。なんでそう表記するかまでは知りませんけど。
    こんなの振り仮名の世界ですけど、あることはあるんだな。また、具体的には思いつきませんけど外国人の名前などであれば使用する場合もありそうです。うーむ。

    この問題、あっさり解決したんですけど。「わ」と打って変換キーを押せば「ゎorヮ」も候補として出てきます。そこから選択すればいい。
    しかしキーがないのは、不便とまでは申しませんが解せない。かな入力はつまりローマ字入力に劣っている、ということですから。
    他に小文字として「ヶ」そして「ヵ」がありますね。カタカナだけですけど「一ヶ月」「十ヵ条」とかね。これも、出てこない。正式には「ヵ・ヶ」はカタカナではなく記号である、と考えられますのでこれは出てこなくてもしょうがないかな、とは思うのですが。「ヶ」って「箇」のたけかんむりから発生したと言われますしそもそも「け」って読まない。これはキーがなくても納得するところはあるのです。ただ「ゎ」はちょっと残念な話です。と言いますか、寂しい。

    僕が最初にワープロで文章を打ったのは大学のときですが、カナ入力でした。出発点はそうです。しかし、一度ローマ字入力に転向したんです。23歳くらいから…3、4年間くらいでしたかね。諸般の事情がありまして。で、また出戻ったんです。だから、ローマ字入力もやろうと思えばできる。しかし今では、昔より時間がかかるでしょうけどね。
    何年か前、私的ではない場所で、他人様のPCを使用せねばならなかったとき、なんか切替がうまくいかなくてローマ字で打ち込んだのですが、まあ何とか打てるんです。けど、どうも考えがまとまりにくい。文章を考えながら打ち込む、ということが実にやりにくかった記憶があります。
    なんかね。
    「か」と打つのに「k〜ka〜か」と変わっていくのを画面上で見ているのに何だか違和感が残るんですよ。ホント一瞬のことなんですけど。これ、ローマ字入力しかやったことのない方には絶対わかってもらえないでしょうね。いや、カナ入力の人にもわかってもらえないかもしれない(汗)。一笑されるかな。

        かぜとなりたや
        はつなつの かぜとなりたや 
        かのひとの まへにはだかり
        かのひとの うしろよりふく 
        はつなつの はつなつの 
        かぜになりたや 

    川上澄生さんの「初夏の風」ですけど(いいなあやっぱり)、これ「kazetonaritaya hatunatuno kazetonaritaya…」と打ち込んだら全然違う雰囲気になっちゃう気がして。やっぱり「は・つ・な・つ・の」と打ち込みたい。もっとも変換すれば同じですから、これは打ち込む側の思い込みでしかないわけですが。僕のアタマが硬化してるってことですよね(汗)。それはわかってるんだけどなぁ…。
    でも、書きたい言葉をそのまま文字にしていきたい。そのほうが、僕には綴りやすい。多分、ビジネス文書だとローマ字入力でも出来るかもしれないのですが、ブログはカナ入力でないとできないかも。「想い」を書き綴るのにローマ字を介すると、どっかで多分迷う。不器用だなと自分でも思いますけどね。

    話がヘンな方向に。たかだか「ゎ」が出てこないくらいで(汗)。
    でも、将来が心配なわけですよ僕らマイノリティは。ビデオのβやVHDみたいなことにならんかなと(カナ入力といえば親指シフトもなくなってしまいましたな^^;)。完全にカナ入力方式が消えちゃうってことはないでしょうけど、PCがもっと廉価になってきたら「ローマ字入力専用」とかになったりせんだろうな。カナ入力も可能なやつは高価になったりして。そういうの、ありえるぞ。
    もっとみんなカナ入力しようよ。タイピング早いよ。ブラインドで打てるまでにはちょっと時間かかるかもしれないけどさぁ。1打1文字入力って、長文打っても疲れないよ。
    …などと書いてみたところで何かが変わるはずもなし(笑)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2010/06/27 | 雑感 | 22:36 | comments(14) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 22:36 | - | - |

    コメント
    う〜ん、オイラはローマ字入力なので。。。
    うちの職場にも数人いますよ〜。でも2割は超えてますよw
    共有で使うPCがかな入力になってると、「おいー!」って思っちゃいますww(ごめんなさい)
    だけど、かな打ちは早いって聞きますよね。
    ローマ字打ちのほうが早い気がするんだけど・・・
    確かに打つキーは少なくて済むけど、手の移動が多い気がして・・・
    ところで「ゎ」は沖縄の人が日常よく使うらしいですよ。ギャル文字とかではなく。
    沖縄の言葉は「ゎ」がけっこうあるらしいです。
    シークヮーサーとかね。
    >にがさん
    カナ入力が2割超えてるというのは多いと思います。統計上は1割らしいのですが、僕の周りには、僕以外誰もいません(笑)。なので「おいー!」と言われないようにいつも気をつけてます(汗)。
    打ち込みスピードは、どっちが速いとは本当は言い切れないでしょうね。それぞれにメリットデメリットがあって。僕はタイピングスピードには自信ありますけど、同等技量の人と競争したこともないし(笑)。
    ところで…
    もうね、完全に抜け落ちてました沖縄の言葉!
    しまったなぁ。何で言及しなかったんだろ(涙)。
    沖縄には「くゎ」だけではなく「ぐゎ」も多い。会話を忠実に再現しようと思えば、沖縄の方はカナ入力だと面倒臭いでしょうねぇ。
    ワープロを覚えようとした時
    カナ入力に挑戦したけど挫折してローマ字入力を知り、あまりの入力の楽さ(笑)にあっさりとローマ字打ちに転向しました。

    あれから幾星霜(笑)
    カナ入力は覚えようともしなくなっていました。

    初心者の方にはローマ字打ちを推奨して教えていますが、やはり年配者にはアルファベットに抵抗があるらしく、自力でカナ入力を覚えていく人も多いですよ。
    亡くなった父は70歳でパソコン習い始めた頃、自力でカナ入力を覚えたようです。当初は半日かかって3行がやっとだった父ですが、気づいてみたらずいぶん長文を書けるようになっていたのには驚きました。

    タイピングコンテストの優勝者はカナ入力の方が多いと聞きました。

    これを機会にカナ入力にもチャレンジしてみますね。

    きっかけをありがとうございます♪
    • アラレ
    • 2010/07/03 2:07 AM
    >アラレさん
    いやいやカナ入力にチャレンジなどしなくてもいいですから(汗)。本文末尾で「みんなカナ入力しようよ」と書いたのは、つまりネタの一種です(笑)。
    僕だって、タイピング速度のためにカナ入力やってるわけじゃないですから。

    「やはり年配者にはアルファベットに抵抗があるらしく」
    この部分を読んで、ああワシは年配者だなと思いました。結局、そこなんですね。「想いを書き綴るのにローマ字を介すると、どっかで多分迷う」と僕はオブラートに包んで書いてますが、同じことです。
    日本語をabcで綴る過程に、どうしても抵抗があるんです。これは、アナクロニズムというやつですよ。別に、ローマ字入力だっていちいちアタマで「あたま→atama」などと変換しつつやっているわけでもなく、指が覚えちゃってるわけですから、問題はないはずなのです。
    こういうのが「こだわり」でしょうね(笑)。拘泥しているわけです。阿呆ですな(汗)。
    カナ入力って、もともと「半角カタカナ」を入力するためのものだった、と思うんですよ。
    だから、半角カタカナにない「ゎ」は入力できない。
    • ムッキーマウス
    • 2010/07/03 4:24 PM
    >ムッキーマウスさん
    ははー、そういう流れがあるんですか。こういうことには疎くてですねぇ…。でもごめんなさい意味がよくわかんない(汗)。なんで半角カタカナ?
    検索してみようと思います。m(_ _;)m
    アラレさんのコメントを読んで思い出しました!
    小学校の頃、オイラもかな打ちでした!
    ローマ字で打てるっていうのを知らなかったですし、知ってたとしても「ひらがなを打つのになぜひらがなではなくわざわざローマ字で打つ必要がある?」と考えたと思います。
    ローマ字打ちになったのは就職してからです。
    大学時代はパソコン持ってなかったんでブランクも相当あり、すんなりとローマ字打ちにシフトしましたw
    >にがさん
    小学校からワープロとは恐るべし(笑)。
    昔のワープロって、今みたいなJIS規格(?)のキーの並びじゃないのもよくありましたね。親指シフト(にがさん知らんかな?)のやつは完全にカナ入力に特化してましたし、なんと五十音並びのワープロもありました。使ったことありますけど、実に使いにくい(笑)。
    凛太郎さん

    ものすごく遅いコメントでごめんなさい。
    事情はご存じだと思いますが、
    ケータイでの文字入力が嫌い、なんて言うのは、
    私のただの我儘で、胸を張れる理由ではなく。


    いや、夫・茶戌がかな入力のヒトなんですよ。
    言い分は、「ローマ字入力は時間と労力の無駄」、はい、そうです、ごもっともなんです。
    ただ、茶戌が使った後のPCを使うと、必ず最初、「かな文字変換」の洗礼を受けてしまいます(笑)。

    私は全く異論はなく、
    どうしてローマ字入力が一般的に普及しているのかさえ不思議に思う程なのですが、
    私自身はローマ字入力です。
    私の場合は、大学時代、師事していた教授のPC(HITACHIでしたね、懐かしい)の、ローマ字入力の1字変換のワープロソフトがデビューだったことから始まっています。
    当時、使っていたプログラム言語もBasicでしたし、なんか、あんまり違和感はなかった。
    ただ、今も忘れられないのはまだ、文節変換なんて言うものが出来ないソフトであったこと。
    別の研究室で、教授がPCなど使わないところの同級生たちは、研究室のワープロ(S社のS院などですな)で、連文節変換、なんて言うのをやっていて、羨ましかったものです。
    尤も、まだまだ、原稿用紙に手書きで卒論、なんていうのが主流ではありましたが。今は考えられない。何十枚もの書き直しなんて!

    話はそれましたが、万が一(そんなことはないと思いますが)、凛太郎さんがマイノリティだということに僅かでもひけ目のようなものをお感じなら、そんな必要はない!ということを申し上げたかった。

    いつものことながら、長文、申し訳ありません。
    >よぴちさん
    いや、5ヶ月前の記事にも4年前の記事にもコメントはつきますから。関係ないですよ(笑)。ブログだって時系列は超えられるぞな。書いた記事は全て、並列でありたい。それが目標であり望みです。

    えーっとですね、本文ではあんまり言及してないんですけど、カナ打ちとローマ字打ちがどっちが速いか、効率的かということは実際はわかんない事柄だと思うのですね。
    ひとつはシフトキーの多用。
    例えば濁音の場合、ローマ字だと「ざ」は「z+a」ですがカナだと「さ+shift+゛」であるわけで。ひとつ行程が多い。「ょ」とか「を」の問題もあって、総合すれば、多分ローマ字打ちはカナ打ちの2倍キーを打たなくちゃなんない、てなことにはならず、もっと僅差になると思うんです。
    その上、使用キーは多いわけですから、これは茶戌先生がおっしゃることが正しいかどうかは実はわからない(茶戌様は味方なのにこんなことを書いてはいけないのですが^^;)。
    PCにもよりまして、ノートを使っているぶんにはさほど問題ないのですが、キーボード独立型PCだと僕も指が疲れます(汗)。運指が広範囲にわたっちゃうので。

    結局、僕がカナ入力に固執しているのは、「時間と労力の無駄」だからじゃないんですよ。本文では控えめに書いていますが、国語テスト風に申しますとこの記事の主文、筆者の言いたい事は「想いを書き綴るのにローマ字を介すると、どっかで多分迷う」なんです(笑)。日本語は日本語で打ちたい。それだけのことなんですわ。

    さて、つまるところマイノリティなんですけど、そのことに引け目などは全く感じておりません。ただ、アタマにくる(笑)。それは、多数派ローマ字入力連中が差別意識を持ってるからでしょう(わはは)。
    上でにがさんもそうお書きになってらっしゃいますし、よぴちさんもいみじくもおっしゃいます。
    「必ず最初、かな文字変換の洗礼を受けてしまいます」
    なにぃ、それはこっちだって同じなんだよぉ!(笑) でも「おいー!」と言われるのは僕らだけ。だから、気を遣ってるんです。そこがマイノリティの悲哀。
    カナ入力が多数派であれば、そんな上から目線で言われることなんてないでしょうよ(涙)。これすなわち差別構造であります。
    気遣いというのは、大切なことだと思いますよぉ(笑)。
    凛太郎さん

    普段、めったに、レスに対する再コメントをしない私ですが、今回は珍しく…。

    というのは、凛太郎さん、ごめんね、と思ったからです。
    実は、あの1文は、書くときずいぶん迷ったんだ…。

    私も、うちでPCを使うのが私と茶犬だけだった頃は、イライラしつつも、表立っては言えずにいたのです。お互い様ですからね。
    ところが、ちんが大きくなるにつれて、ちんも使うようになり、ちんもローマ字入力だったことから、我が家でローマ字入力がマジョリティになったわけ。で、茶戌はいじめられている。もちろん、彼は決して負けてませんけどネ。

    そんなわけで、茶戌は、ローマ字入力に比べた、かな入力の不便な点については基本的に言わないのですが、唯一聞いたことがあるのは、「(」の入力がいつも半角になってしまって、大カッコなり、中カッコなりを使いたい時に、わざわざ何かいらない文字を一緒に入力して変換している、というものでした。

    かな入力しない私にはピンとは来ないのですが、
    …そうなんですか?
    • 2010/07/09 10:06 PM
    >よぴちさん
    本題に入る前に訂正があります。今見て気が付いて目がテンになった。
    濁音入力で「さ+shift+゛」なんてことはありません。もちろん「さ+゛」で打てます。何をとち狂ってこんなことを書いたのか全く不明。ごめんなさい(汗)。

    ところで、わざわざ「ごめんね」などと、こっちがかえって恐縮でした。ああ書いたのは、ネタみたいなもんです。
    マイノリティの悲哀のひとつにこの切替問題はあるんです。でも本文じゃ書かなかった。データ不足だったのでね。僕の周りだけかもしれない。んで、にがさんが書いた。でもまだ事例足りませんし、彼も「ごめんなさい」と先に書いてる。で、見送り。そこによぴちさん登場。僕にとっては、飛んで火にいる夏の虫(笑)。
    で、書かせていただきました。どうもすみません。矛先をよぴちさんだけに向けているつもりはもちろんないのですが、このことが書ける嬉しさ(?)でちょっと筆が滑ってますね。ホントごめんなさい。

    「わざわざ何かいらない文字を一緒に入力して変換」というのはちょっと僕にはよくわかんないのですけど(流儀があるのかな)、カナ入力が圧倒的に「記号を使いにくい」というのは事実です。記号で英数切替なしに入力出来るのはわずかに、「」、。・だけなんです。
    カナ入力、どう考えても不利ですね。僕は自分のPCはもう単語登録しまくってやたら便利にしてますけど、他所では運指が増える増える。
    上でムッキーマウスさんが「カナ入力はもともと半角カタカナを入力するためのもの」と書かれていて、その時は意味がわかんなかったのですけど、後で調べたらどうやらその通りなんです。カナ入力はあくまで特殊事例から出発している。拡大解釈を続けてここまでになったと。そりゃ使用者1割もむべなるかな、ですよ。
    卑下もしませんし引け目もありませんが(いかに不利でも僕はタイピングには自信あり)、とにかく消えないで欲しい。それだけを願ってますね。消えないまでも、カナ入力には特殊ソフトが必要、なんて事態にはなりかねない。困るんですねぇ。
    日本人なのに何故ローマ字で打つのか理解不能
    ローマ字打ちだと、打っている時その内容が
    イメージし難い
    • たぬきち
    • 2011/01/08 11:37 AM
    >たぬきちさん
    「日本人なのに」とまでは僕は考えてはいないのですが(汗)、「日本語なのに」とは思うんですね、やっぱり。
    イメージしづらい、というのには同意で、そのことは本文でも書きました。^^
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM