スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    バンクーバー雑感

  • 2010.03.01 Monday
  • 冬季五輪、閉幕しました。
    ここしばらく、なかなか自分の自由な時間が取れない、また少し体調を崩した、さらに指先怪我したこともあって、ネット落ち状態が続きました。PCを開かずメールチェックもしない日が多く…で、あいた時間はほぼTVで五輪観て過ごしたわけです。我ながらスポーツ観るのが好きだなと改めて思いました。日曜の朝も5時起きで団体追い抜きを必死になって観てまして…あの0.02秒差には思わず大声をあげてしまい、近所迷惑も甚だしい(汗)。しかし惜しかったですな。

    ウィンタースポーツなんてのはほとんど4年に一度しか観ないわけで、そんな人間が偉そうにブログ記事書いたりするのは競技者およびシンパの方々には申し訳ないのですけれどもね。まあ大半の日本人がそうだと思うのでそこは許していただいて。
    でも、いいものみせてもらいました。何度も心動かされました。
    地上波でのTV中継には当然ながら偏りがあり、全ての競技を均等に観るということは残念ながら出来ず(ホッケーなんて全然観てないや)、日本人出場競技中心になってしまうのですが、それでもやはり面白いわけでして。

    圧倒的に凄かったと思ったのが、女子モーグルの里谷多英さん。なんだあの滑りは。強烈に印象に残りました。里谷さんは予選で滑り終わった後ストックを前に衝き顔をなかなか上げられないかのような姿勢で、やはり腰が痛むのか、体力的に辛いのか、しんどそうなイメージを残したのですが、あの凄まじい決勝での滑り。「鬼気迫る」という言葉がぴたりとくる、まるで制御不能のスピード。最後に力尽きたかのように転倒しましたけど、それで33秒台ってどうなの! メダリストのプライドがそうさせるのか、何かが憑いた様な…ああいいもの観た。一発勝負に賭けた姐さんの生き様と言ったら怒られるでしょうか。
    モーグルは、他にも勝負に出た選手が多かったですよね。すげえなぁ。その後男子観たらぶっ飛びのレベルにまた驚き。モーグルってこんなになってたのか(4年に一度しか観ないとこういう感想になるんです)。

    カーリングも良かったですな。あれ、競技に間があるから解説もしっかり聞けて分かりやすいのです。チーム青森公式サイトでは、「情けない結果に痛烈な怒りを感じてます」とまで書いてありますが、これはスポンサー向きの発言であろうと僕は捉えておきます。実際は「目黒もえちゃんすげぇ」と何回思ったか。ここによれば現在(2010年)の世界ランクは9位であり、8位という結果には「よく頑張ったな」というイメージを僕などは持ちますね。
    カーリングって、国の選抜チームじゃないですもんね。日本もチーム青森ですから。それだけ長い「チーム内熟成」というものが大切なんでしょう。選手みんなの阿吽の呼吸と言いますか。よそのチームには40代の選手がチラホラ。もちろんあのストーンを正確に投じるわけですから相当の体力が必要なのもわかりますが、経験、というものも重要なんでしょう。駆け引きのスポーツですし。チーム青森は、あのシムソンズのメンバーが抜けて、まだ何年か。若い選手が中心。これから目黒さんやマリリンがどういう選択をされるのかはわかんないですけど、続けて欲しいな。そのための基盤がマイナースポーツゆえに厳しいんで無責任なことは言えませんけど。常呂町のチームも長野のチームも頑張っていただけたらなと。

    冬季五輪って、昔と比べて種目増えましたね。種目自体は確かに以前からスキー・スケート・ホッケー・リュージュ・ボブスレー・バイアスロンはあったわけで増えたのはカーリングだけ、とも言えるのですが、スキーフリースタイルやボード、スケルトンなどなど、競技は百花繚乱に。TV中継は偏ってますのでなかなか全部、というわけにいかずハイライトで観られれば上出来だったんですけど。
    スケルトンの越選手。立派ですな。あの人ももうさすがに引退ということで、冬季五輪からは僕より年上の選手がおそらくは以降消えます。お疲れ様でした。
    マスコミによって気の毒な注目をされたおかげで国母クンの出たハーフパイプはしっかり観られて、その世界の技を堪能できましたけどね。いやー凄かったですねあれは。ああいう世界の技が観られるのが有難い。

    世界的に見れば冬季五輪の花形といえばアルペンスキーなのでしょうけれども、日本の報道においてはやはりフィギュアスケートが桁違いの露出度です。日本に有力な選手が揃っているから、ということと、なんといっても観ていて美しいのでわかりやすいという理由なんでしょう。日本の報道の後半はもうフィギュア一色、といった感じでして。
    しかし、なかなかこれでカタルシスを得られないのですね。フィギュアは決して「わかりやす」くはない。難しい。
    視聴者としては、ああ美しいとただ観ていれば平和なのです。プルシェンコすげぇ、とか、酒のみながらフィンランドのコルピさんがワシゃ好みだ、いやグルジアのあの人の方がいいぞ、とかアホな視点で。しかしこれが、順位付けをしなくてはいけない、しかも採点競技だという時点で、尻の辺りがモゾモゾしてしまうのですよ。素人にはよくわからんから。このモゾモゾ感は、ずっと以前から持っています。オリンピックでなくともGPその他を観ていても、どうも座りがいつも悪い。
    極論を言えば、オリンピックでの競技含めフィギュアスケートというのは、アマチュア競技です。プロではない。したがって、観客の視点を考慮しなくてもいいと思っています。自分たちが、自分たちのために競技すればいい(そのことは以前も書きました→結論の出ないプロスポーツの話)。だから、シロートがあーだこーだ言うのなんかフィギュア側は無視していいのです。
    しかしながら、今回は玄人も意義を唱えています。プルシェンコは抗議する意向を表明したとか。シロートである僕には、この論点は実にわかりやすい。なんで4回転ジャンプを成功させた自分よりも跳びもしなかったライサチェックの方が上なのか、という観点です。
    そして、女子フィギュアのあの想像を絶した金メダリストへの点数。
    僕もホントによくわかんなくて、でも調べる手段はせいぜいwikipediaなんですが、それでもGOE(技術点における出来栄え評価)が17.40点もどうして出たのかがわからない。
    なんでこういう桁違いの点数(真央ちゃん8.82、ミキティ5.30、ライサチェック9.64、プルシェンコ7.68、高橋3.20…文字通り桁違い)が出たのか、マスコミはあまり解説してくれません。しようと思えば出来るはずだと思うのですけれども。
    シロートが観れば、真央ちゃんは技術ではなく構成点で負けたのか、と思っちゃうのですが、そうじゃないのですね。プルシェンコの話を聞いていると、これは競技性と芸術性のせめぎ合いなのかと思ってしまうのですが、女子フィギュアはそういうことばかりじゃなかった。
    その構成点にしても、項目は「曲の解釈」とかよくわからないものがあります。数値化しにくいものがいくつも。本当によくわからないのです。審判も、技術審判以外に演技審判が9人いて、それらがGOEと構成点をジャッジし、そして「全ての演技審判が採点を行っているが、その内2-3名はその評価が最終的評価に全く影響しないダミージャッジである。誰がダミーであるかは大会終了後も公開されず、本人にも知らされない(wikipedia)」ということです。記名式でもなく上下点を切る方式でもない。例のソルトレーク五輪での採点不正事件から「国家の圧力・取引」から逃れるためにこのような匿名になったことは承知していますが、これではジャッジがブラックボックスになってしまっています。

    競技とは、スポーツとは何だろうか、とどうしても思ってしまうのですよ。
    陸上競技は早く走ったもの、高く跳んだもの、遠くへ飛ばしたものが勝ちます。水泳でもそうでしょう。球技は普通、より多く得点を重ねたものが勝ちです。ところが、採点競技というものはどうもわかりにくい。他で言えば、体操競技なんかもそうです。格闘技もジャッジがあります(KOや一本もあるので一概には言えませんがロイ・ジョーンズ・Jrや篠原のこともありました)。冬季五輪では、スキーのフリースタイルやスノボ、さらにジャンプも一部そうですね。飛型点とかテレマーク姿勢とか何だろう。より遠くへ飛んだものが勝ちじゃないなんて。その、最もわかりにくいところに位置しているのが、体操、またシンクロや飛込み、そしてフィギュアです。中でもシンクロとフィギュアは最右翼に位置するような。ジャッジが全てですから。
    カーリングには審判がいません。全てセルフジャッジです。そのために、カーリングは紳士のスポーツとされ、競技者はみなその矜持を持ってプレーしています。ある意味これはゴルフと並んで「キングオブスポーツ」であるとも言えるような気がします。競技スポーツのひとつの極みであると。
    対してフィギュアは。競技をしている人たちは本当に素晴らしい。肉体を鍛え上げ、技術を磨き日々研鑽を続けておられます。しかし、これは本当に競技スポーツなのか。そこらへんにまた疑問が浮かぶのです。
    もうフィギュアは五輪競技から外してもいい、と僕などは思うのですが(これはあくまで個人の考えです反論されても困ります)。
    競技であるなら、コンパルソリー(規定)は項目を増やしてやっぱり存在してもいい、みんな同じジャンプを跳んで同じスピンを回って優劣を競うべきだ、またフリーも曲など流さずメトロノームの音だけでいい、芸術は主観であり優劣をつけにくいので採点から外しエキシビジョンだけでいい、といった暴論も有していますが、あまり声高に言うことではないのでこのへんにします。

    話がおかしな方向にいきました。
    メダルを獲得された方には、本当におめでとうございますと申し上げたいです。いや、参加するだけで大変なことですから、出場された方々は胸を張っていただきたいなと。外野はとやかく言いますが、あくまでアマチュアリズムの中での大会ですので、我々は勝手に応援しているだけです。へんな雑音は無視していただいて。あくまで「見せてもらっている」という観点は外さずにいたいと個人的には思っています。


     
    それにしても、ですよ。
    五輪を観ていていつも思うのですが、今回も実に顕著でした。まずはマスコミのあおり方。「メダルの期待がかかっています。是非金メダルを!」「国民がみんな応援しています」「がんばれ、ニッポン!」もううんざりです。メダル至上主義とナショナリズムに。僕だって、そりゃ日本から出場している選手は馴染みもあり、情がわきます。応援したい。しかし、応援する対象はあくまで選手であって日本国家ではありません。
    オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない。
    (オリンピック憲章第1章6-1より pdfです注意:P17)
    選手だってもちろん、国家など背負う必要などないのです。アマチュアリズムの下、自己の名誉のために参加し競技すればいい。その結果に我々は確かに一喜一憂しますが、アマチュアスポーツである以上、我々は見せてもらっている立場なんだ、プレッシャーをかけたり負けた選手をののしったりする権利は全く無い、という立脚点を忘れないようにしたいと思います。
    石原都知事はこんなふうに言っています。「日本勢が不振なのは誰が見ても確かだと思いますね。選手が思ったより高く飛べない、走れないというのは、重いものを背負ってないからだと思うんだよ。国家というものを背負ってないからだと思いますね(毎日jp)」 この人にはオリンピック憲章をもう一度読み直して欲しい。
    スポーツが、五輪が国家の示威掲揚に使われることの弊害がかつてどれだけあったか。ナチ下のベルリン五輪。モスクワとロスでの国家単位のボイコット。そしてまた、円谷選手の悲劇も挙げてもいいかもしれません。

    もういいかげんナショナリズムとスポーツを切り離せ。僕は個人的に、表彰式での国旗掲揚と国歌は止めてしまえ、開会式閉会式は国別ではなく競技別に行進すべきだ、との意見を有していますが、さすがに賛同は得られないでしょう。でも、少なくとも無用なナショナリズムは排すべきだとの意見は変わりません。
    チーム青森をなんで「クリスタルジャパン」と言わなければいけないのか全くわからない。あれは日本選抜チームではないのです。そのことによってカーリングチームが国家を背負っているかのように思われてしまう。国母選手へのあの酷い中傷と圧力(開会式に参加させないなんて!)の意見のひとつに、「税金で派遣してもらってユニフォーム揃えて」というのがありました。なんだそりゃ、と思いますが、そこまで税金を言うならもうあまり役に立たない代表の制服など仕分けしてしまえばいいのだと思います。「日本の恥」とはいったいなんだ。
    その税金にしたって、いったいいくら使われているのか。検索したが正確にはよくわかりませんでした。ですが、韓国や中国よりかなり低いレベルであることは確かのようです。僕はこれを「もっと計上しないからメダルがとれないんだ」という意見には与することが出来ません。国家予算を増やせば増やすほど、ナショナリズムに取り込まれるからです。
    清水宏保さんが、こんなことを発言されています(→スポーツ後進国日本)。ぜひリンク先を読んでいただきたいのですが、僕はこれに対し総論反対、しかし各論大賛成なのです。スポーツが国威発揚に利用されるのは憂うべきだと僕は考えていますし、韓国がスポーツ先進国であるとは考えたくない。ステート・アマというのは歪んだ姿であると僕は考えていますので。しかし「お金の使い方が逆だろう」というのには大いに賛同なのです。
    シーズンオフにアルバイトして自前で遠征に行かざるを得ない選手たちが多くいらっしゃると聞きます。アマチュアスポーツである以上それは仕方ない部分もある、とは思うのです(非常に薄情な物申しであるのは承知しています。これは建前です)。ならば、メダルメダルと言うな。これは理不尽というものです。個人で遠征して世界大会回って、そして出場枠を獲得してきていることだけで立派なのに、国が枠を与えたみたいな発言を聞くにおよんではあほらしくもなるでしょう。
    それに、予算がないわけではない。増やさずとも存在しているはず。それを、箱モノ行政に使ったりするならばこっちへ廻せ、ということです。「お金の使い方が逆だろう」です。前述の石原都知事は東京オリンピック誘致にどれだけ税金を投入したか。それを考えれば、もう少ししっかりと仕分けして予算を増やさず割合を変えることは可能なはずです。あの100億とも言われる無駄ガネを選手にまわせ。
    それでも、税金であれば国家に取り込まれる。それならば、企業支援が望ましい。しかし、この不況でそれが難しくなっていますよってたかってコクドや雪印潰したから。ならばもっと違う仕組みを考えられないか。例えばtotoは成功したでしょう。ああいう仕組みを作り出すことは可能なはずです。
    それに仮に予算が増えても、どうせ強化目的という名の法人、団体がいくつも出来て、建物つくって、役人が何人も天下るだけじゃないか(言い過ぎました陳謝します)。

    もういいかげん、ナショナリズムで考えるのは止めたらどうかと思うのです。
    マスコミは、国別メダル数一覧表を必ず出します。あんなの百害あって一利なし。国同士の競争をあおってどうする。オリンピック精神とはかけはなれています。日本がメダルこれだけ? 他国のように金かけてないからだ。もっと予算をつけろ。そのかわりメダルは至上命令だ。国の威信にかけて。服装乱れてるやつは呼び戻せ。
    そんなのおかしいぞ、やっぱり。

    選手側は、もっとボーダーレスです。
    フィギュア観てましたら本当にそれを感じました。前回トリノで井上怜奈さんがアメリカ代表として出場されましたが(氷上プロポーズ感動的でしたね)、今回は川口悠子さんがロシアから。そして長洲未来さん。よかったなーあの滑り。日本国籍もお持ちなのですがアメリカ代表として出場、4位です。また日本のアイスダンス代表はキャシー、クリスのリード姉弟ペアです。お母さんが日本人なので日本国籍を持っておられるとか。カッコよかったですね。またこのリード姉弟の妹、アリソンさんはグルジア代表で出ておられました。このグローバル化。国籍云々なんてどうでもいいよ。みんな地球人だ。フランスのペア代表のボヌール選手は、なんとインターネットで相方を募集し、カナダ生まれアメリカ育ちのイギリス国籍、ヴァネッサ・ジェームスさんとめぐり合って彼女がフランスに帰化、五輪出場を果たしたとか。オリンピックって、国籍など関係なしに「参加することに意義がある」のですよ。
    国別対抗戦にしているのは、間違いなく選手側じゃなく政治です。スポーツを利用するな。

    いくつもの場面が思い出されます。
    里谷多英さんの鬼神のターン。織田選手のシューズの紐が切れた。それでも、最後まで滑りきった彼の強い意志。それに対する観客の声援。また、越選手のあの指差しポーズ。カッコいい。最後だと思うとなおさらシビれた。また、葛西選手の大ジャンプ。長島圭一郎選手のタッチで勢いあまって転んだ喜びの姿。田畑さんのとうとう到達したメダル。etc.
    思い出すだけで泣けたりします。本当に、いいもの観させてもらいました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2010/03/01 | スポーツ | 23:48 | comments(6) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 23:48 | - | - |

    コメント
    凛太郎さん

    (話が完全に、凛太郎さんの記事から離れてしまって申し訳ない)これは、私もリアルで番組を見たわけではなく、ネットのニュースで見たのですが、小倉智昭氏が、日本のメダルが少なくて、それは国家をあげてのスポーツへの底入れが少ないからで、こんなことではどんどん国民がオリンピックに関心を持たなくなっていく、と言うようなことをおっしゃったそうで。
    私も、なんやかんや言っても、「日本」という名を背負って、嫌がおうにもプレッシャーを感じながら競技に挑む選手を思えば、国の予算を使って応援してほしい気持ちはありますが、獲得したメダルの数と、オリンピックへの関心については、半分以上、マスコミの責任のような気がしてなりません。
    メダルを獲るようなレベルであるかどうかに関係なく、ひとつひとつの競技についての知識や情報をマスコミが伝達して、選手の頑張りようを伝達するだけでいい。もっというと、私は個人的には、オリンピックに出場する際、みんな、自分個人の想いだけを抱いていけばいい(つまり、日の丸を背負わなくていいよ)とさえ思っています。
    自分がやっている競技の世界最高峰の大会、と言う捉え方しかしてない私なのですが、やっぱりズレてるのかなぁ…と思ってしまいました。
    >よぴちさん
    いや…よぴちさんはズレていない、と僕は思うんですけれどもね。
    小倉氏はまたそんなことを言っているのですか。あの人と意見が合致することってまず99%ないな(笑)。
    国民(この言い方も相応しくないので、市井の人々、ということにしますか)は、オリンピックに関心を持つ義務もないし観たい人が観ればいい、と思っています。観戦したい人は、これからはおそらく地上波にたよらずとも観られる時代になるでしょう。
    熱狂を煽ることが集金に繋がって、遠征費用が出るのならいいんですけどね。でも、そんなシステムになっていないし。マスコミ(TV)が視聴率とりたいだけでしょう。(放映権料も選手に直結していませんし)
    おっしゃるとおり、メダルと視聴者の興味関心との相関関係ってのは、マスコミの長い期間をかけた情報操作の結果であると思います。半分以上、と遠慮目に書かれてますけど、「ほとんど」と言っていいんじゃないのかなと僕は思います。
    ましてや国家が底入れ、なんてね。本文にも書いたとおり、それはスポーツを歪める可能性もあると思いますし。

    競技の面白さを解説し、どうやってこの競技で選手が出場枠を得ることが出来たか、をしっかりと報道すれば、その結果如何を問わず共感得られる報道になるはずだと思っています。メダルの期待と「頑張れニッポン」の連呼では、入賞を称えることすら難しい。「残念でした」になりますから。あんた世界で8位とか凄いことなのに。

    >オリンピックに出場する際、みんな、自分個人の想いだけを抱いていけばいい

    同意です。僕も、そんな思いでこの記事を書きました。ありがとうございました。

    凛太郎さん
    手のおケガは全快かしら? お大事にしてくださいね。
    こちら、まるちゃん復活であります(^O^)v


    選手は国家背負わず自分のために五輪の舞台に立てばいいって言ってるヒト、決して少なくないです、わたしの周り。
    メダルの色も数も問題にしてない、真央ちゃんが欲しいなら金メダルとれるといいね 応援するよ、って感じ。
    国民がメダルを期待してるって? マスコミ嘘ばっか、って言ってます。
    好きな選手や競技を応援したり楽しんだりするけれど、それは我が国ニッポンのため、だなんて思ってない。


    観る側も、ひとりひとりの好きなように観て ひとりひとりの感じたことを大事にすればいいよね。
    わたしは、浅田選手SPの張りつめた数分に胸うたれたなあ。
    ぴりぴりした緊張感持続の心地よさ。
    すぐさま楽器に向かって、『今月の曲』で その緊張感を発表しました♪
    ぼんやりと思ってましたが、確かに凛太郎さんの仰る通りですっ!!
    石原知事の話は昨日ネットで見てムカついていたところでした。
    オリンピック誘致失敗とは比べるまでもなく、選手たちはずっと頑張ってきたと思います!
    国どうしの対抗試合みたいなカタチはもう取って欲しくないですね、オリンピック側も。入場を国ごとにするのもやめたほうがいいですよね!
    オイラは日本を応援してるんじゃない、みんなの勇姿を観たいだけです。
    国にこだわらず、素晴らしい技が観れたらいいんです。
    真央ちゃんも頑張ったけど、キムヨナすごかったから納得です。
    >まるちゃん
    復活ですか。おめでとうございます。大事ないようで何よりでした。
    こちらも怪我とかは直りましたが、何やら、やたらにバタバタしております(汗)。

    昔、千葉すずさんが批判しておられましたけど、まあメダルメダルと。面倒ですなあ。もう少し何とかならんもんですかねぇ。
    8位くらいまでメダルくれれば少し緩和されるかも(笑)。

    今月の曲拝聴しました。ボレロ、荘厳ですね〜。
    >にがさん
    オリンピックの喧騒も終わってしばらく経ちますが、なんか余韻がありませんなー(笑)。もう皆忘れてしまったかのようで。
    五輪も、おそらくは国別対抗的な感覚はこれからもずっと継続されると思われ…形式としてはまあしゃあないのかもしれませんけど、せめて助長して欲しくはないなあ。
    僕は個人的には、長洲未来さんがよかったなー。僕の持ってたフィギュアのイメージらしい感じで。さらにミキティとフィンランドのコルピも好きですが(笑)。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM