スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    YouTubeのリンクを貼っていいのか2

  • 2009.08.10 Monday
  • 約3年前、ですかね。YouTubeのリンクを貼っていいのかという記事を書きました。この記事、前回書いたアクセス解析の話ではありませんが、検索ワードに「YouTube 貼り付け 違法」というのが今もポツポツありまして、これでググると僕の記事が今のところ上位で出て来たりするんですよ。うーむちょっと困りますね。
    YouTubeもその頃と比べて状況が変わってきました。認知度は当時よりもさらに高く、日本語版も登場し、またニコニコ動画など他の類似メディアも登場し、ググっても普通に画像付きで引っかかり…(GoogleがYouTube買収したんだから当然かもですが)。今、過去記事を見ますと実に中身が古くなってしまいました。ケータイでの視聴が可能となり、動画そのものをブログに簡単に貼り付けられる仕様をあちこちのサービスが搭載してきている現状を見ますとねぇ。
    これについて言及した友人の記事などを読んでいまして、僕もいろいろ考えるところがあり、もう一度書いてみようかと思い当たった次第です。

    んで、まず表題のYouTubeのリンクを貼っていいのかということなんですけどね。
    これに関しては、3年前ともちろん状況はさほど変わっていません。もちろん、YouTubeのリンクを貼ること自体は何ら違法性はない訳ですけれども、その動画が著作権侵害を犯したものであった場合、(違法のものであると知って)貼ることも違法の可能性が極めて高い、ということでしょう。自動公衆送信権侵害の幇助罪に該当する可能性が強いということですね。
    これに対して、僕は3年前少しだけ抵抗を示しました。動画を直接自分のサイトに貼り付けるのであればともかく、その動画の所在地のURLを記すことまで違法に当たるのだろうか、という点で。リンクタグをつけてクリックひとつで違法動画を観られる仕様というのは直接貼っているのと同じことだ、詭弁を言うな、という声が聞こえてきそうですが、確かに詭弁の匂いはぷんぷんするものの、そのURLの文字列には何の著作権の香りもしないからです。
    あくまで違法動画の所在地はここだよ、と示しているだけで、「さあここをクリックして観てください」「ポチっとな」などの文言が無い以上は幇助にあたらないのではないか、という屁理屈であります。
    現状を考えてみますと、GoogleがYouTubeを買収したことの影響もあってか、Google検索で番組名であるとか、歌手と曲名を入れて検索すれば当該動画がYouTubeに存在すれば出てきてしまいます。これはロボットがやっていることとはいえ、前述の理屈で言えばGoogleは幇助罪に当たるでしょう。これほど大きな会社であれば、ロボットだからしょうがないという言い訳はおそらく成り立たないかと。
    こういうことから、そもそもURLという文字列に著作権侵害の罪を被せるのは無理があるのではないだろうか、という考え方です。

    ところが、ちょっとそういう考え方に対する風向きが少し変わってきたのを先日来感じていました。それは、リンクというものの捉え方の問題なんですけれども。
    YouTubeと少し離れてしまいますが、先日の国会の児童ポルノ禁止法改正の論議とその周辺状況を色々読んでいたりしたときにちょっと知った事例がありまして。児ポ法に関しては「単純所持」「二次元規制」などで僕などはビビっていたわけで、僕の秘蔵の愛しのキョンキョンのデビュー時の水着グラビアやエヴァンゲリオンのVTRなんかは破棄しないと犯罪かい?なんて憤っていたわけですが、そんなことは今は関係ありません(笑)。これです→児童ポルノ、リンクだけで摘発(J-CASTニュース )
    この事例は、違法サイトのリンクを掲示板に貼った人のみならず、掲示板の管理人まで摘発されたというえげつない話なんですが、この事例はURLというほとんどは無味乾燥の文字列にそれ相応の責任を持たせたことだけではなく、ハイパーリンクというネットをネットたらしめている根幹の部分に大いに関わる問題であろうと思われるのです。ネットが国家権力に潰されるぞ。
    この話を展開すると収拾が付かなくなりますので止めますが、こうなると、YouTubeの違法動画のURL貼り付けも摘発対象になることは明白、となってしまいます。
    僕は全く納得がいかないのですが、この話は3年前に「YouTubeの違法動画を貼ることは控えたほうがいいのかもしれません」と締めたことと同じになってしまうことになります。

    なんだかね、つまんない法律論ばかりですよ。実に後ろ向きです。そもそもこの時代に、違法動画を取り締まれなんて声高に叫ばれることに対して実に僕なんかは白けてしまうわけです。新規メディアをただ潰せとだけ合唱しているようで。
    長くなったので、次回はもう少し前向きに考えてみたいと思います。僕たちのようないちユーザーには何も出来ませんが、もう少し大きなところが動けば事態は進展するのに、と歯がゆい思いで観ていますので。違法だと削除に動くより、その違法動画を合法化する方向になぜ動かないのか。

    次回に続く。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2009/08/10 | ブログの話 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 22:45 | - | - |

    コメント
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM