スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    寒い冬が来る

  • 2007.11.21 Wednesday
  • 街を歩いていましたら、もうクリスマスソングが流れていましたよ。まだ11月だと言うのに。1ヶ月以上前ですよ。なんでそう人は生き急ぐのか。
    聴こえていたのはWHAM!の「ラストクリスマス」です。

      
      ラスト・クリスマス

    確かに急に寒くなりました。今年は猛暑で、その残暑がずっと続いたこともあって、もしかしたら秋が来ないのじゃないかと勘ぐったこともありました。その予想は見事に当たったようです。夏が終わったら間伐入れずに冬がやってきました。
    今年はよく考えたら、プライベートではいわゆる「秋物」の服を着ることなく終わりました。公的には否応無く「衣替え」などと言われて暑くても秋物を着たり涼しくても夏服になったりしますが、普段の生活では自然に順じて、暑くなったら脱ぐ、寒くなったら着る、と感覚で着替えをします。外向けよりも家にいる時の服には、少なくとも秋は無かった。端的なのは寝具で、ついこのあいだまでTシャツを着て寝ていたのに今は冬もののパジャマです。中間のものを着なかった。

    しかしクリスマスはまだ早いんじゃないのか。
    ただでさえ忙しい日々の中で、現場はそれでも急かされているのに「もう今年も終わりだ」なんてことを言われたら狂いそうになります。しかし現実は、遊園地ではツリーが立ち、年賀状が発売され、年末ムードを煽ります。確かに雪の積もったところもあるようですが、僕の住んでいるところではやっと紅葉が平地に降りてきたところですよ。
    こちらとしては、「そんなに焦らなくてもいいよ」と言って欲しいのです。まだ時間はあるさ。そう思わないとしんどいじゃないですか。なのに、世間は厳しい。

    昔は、年末の雰囲気が好きだったもんです。正月にお年玉を貰える、とかそういうことではなくて(それもちょっとあるが)、なんとも言われぬ歳末の雰囲気、人々が祭を控えて足早にゆくその感じが好きだったのです。いや、今も正月が嫌いというわけではないですよ。ただ、そこにたどり着くまでの道程が厳しい。追い立てられるその風情が。
    今の気分は、もちろんワムではなくて小室等の「寒い冬」が僕には相応しい。

    長い夢〜小室等(画像なし)

    余談ですが、僕はブログに画像を使わないので、せめて音楽の話をするときにはamazonのジャケ画を貼り付けることにしています。しかし、この「寒い冬」を含んだアルバム「長い夢」には画像が添付されていません。何故かと思ったら、これは中古商品の売り出しなんですね。値段を見ると「¥8,186より」となっている。僕はこのアルバムを所持していないので買おうかとも思ったのですがあきらめました。
    いつリンク切れしないとも限りませんが、一応リンクだけは貼っておくことにしましょう。

    この歌はもう20数年前の曲ですが、当時ラジオではプロモCMが流れていて、キャッチコピーが「いつもより寒い冬だと思いませんか?」でした。しかしその冬は確か暖冬で、ああちょっと残念だな、小室さん失敗だな、と思ったことを記憶しています。そして、それから幾年月が流れ、今でこそなんだか相応しい歌に感じます。こちらがその頃の小室さんの歳に追いついたということが一因ではあるのでしょうけれども。

      石油の値段で明日が決められ 寒い冬が来る

    そういえば石油が高騰しています。歌詞のとおり、真実は議事堂の中では曲げられ捻られて、詩人は明日のことも書けなくなっている時代かもしれません。小室さん先取りしすぎたのか。いや、あの当時から日本はそうだったのでしょうね。ちっとも変わっちゃいないんだ。

    なんだかしんみりしてしまいました。もう少し明るくいきましょう。

      
      君は僕の宝物

    この槇原敬之さんのアルバムに、初期の名作「冬がはじまるよ」が入っています。と言って僕はまたこのアルバムを所持しているわけじゃなく、ベストしか持っていないので「名作」などと言うのは誠におこがましいのですがね。

      冬が始まるよ大きな窓を開けて 星を眺める時は僕のセーターを貸してあげる
      2人がいつまでも幸せでいるために どうすればいいか考えているから
     
    前向きですね。幸せそうだ。
    外は寒いですけど、暖かいところは探せばあるんですね。それは温めた家の中であったり時間をかけて作ったシチューであったりするわけですが、それだけでもない。共にいる人との何気ない会話だったり、遠い思い出のなかにもふとしたあたたかさはある。

    探せばまだ逃げ道はあるじゃないか。寒く厳しいだけの世の中じゃないんだ。あたたかな味方だって僕にはいるはずさ。

      冬が始まるよ ほらまた僕の傍で すごく嬉しそうにビールを飲む横顔が…

    そうそう、ビールだビール。僕にはまだビールという味方もいた。そう思って冷蔵庫を開けると、糖質プリン体オフの発泡酒しか入っていません。うーむ腎臓の数値はあまり芳しくないからなぁ。ここにも厳しい現実がある(汗)。しかし、発泡酒でも味方は味方。なんでも前向きにいかなくちゃ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/11/21 | 音楽 | 23:30 | comments(6) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 23:30 | - | - |

    コメント
    そうそう。
    ビールだビール 熱燗じゃなくビール。
    ビールを味方とおもえるのは あったかいお部屋があること前提。
    あったかい存在あること。
    2人がいつまでも幸せでいるために どうすればいいか考えてくれるヒトいること。

    タイトル見たとたん 思い浮かんだうた。
    『♪ふゆがくるまえに〜』
    これから来る季節
    寒いこと 厳しいこと よ〜くよ〜くわかってる。
    だからその前に あの人に逢いたいなあ もう一度。
    >まるちゃん
    いや燗酒でもいいのですが(笑)、ビールだビール。
    ビールはそれ単体ではなかなかに性格の冷たいヤツでして、まわりの環境を見つつあたためるかあたためないかを判断するようです。でも僕にとっては長年の付き合いなのでいつも味方です。

    そういえば、昨年の今頃も「冬が来る前に」で書こうとしていて、もう冬が来ちゃったのでボツ、としたことを思い出しました(笑)。この曲は好きなのでいつか書いてみたいです。あっちのブログには「赤い鳥」でしか書いていませんし。

    さあ、本格的に冬がやってきますね。僕もそれまでにあの人に逢いたいな。叶えられないかもしれないけど。
    槇原敬之さんの「君は僕の宝物」を先般、日テレのライブ(番組名忘れちゃった……)で初めて聴きました。
    すっごい柔らかで、暖かで、等身大の歌、って感じで感動していました。冬の歌でクリスマスに関係がなくてもハートに染み入るような暖かい曲ができるんですね。

    私は「夏の恋」ってあまり思い出がなくて「冬の恋」の方が心に残っているんです。で、「寒いけど暖かな冬がやってくる」ってタイトルで書き出したんですが妹のお産騒動ですっかりそのままになってしまいました。
    凛太郎さんの記事を拝読して嬉しかったです♪
    • 2007/11/23 8:56 PM
    この記事は構想もなんもなくホントに適当に書き始めて、クリスマスソング聴いちゃったんでその愚痴書いて、なんとなしにしんどくなって小室さんの歌思い出して書いて(タイトルはこの時点で記した)、それでどうも暗くってこのままじゃアップすんのもなぁとマッキーの歌をとって付けて前を向いたと言いますか、僕の感情の起伏そのままの記事でして(汗)。

    マッキーの「冬がはじまるよ」そして「君は僕の宝物」。ストレートですね。

     どんな悲しい涙も僕が嬉しい顔にかえれるように…

    あの日…こんなに直球を投げることは出来ませんでしたね。若かったくせに。僕はいつもバカです(笑)。
    僕も、冬の恋は印象に残っていますね。切ない想い出ばかりなんですけど。何故か冬の恋って成就しないなぁ。でも人を恋うるのは冬が多い。ぬくもりを求めるからでしょうか。
    げっ……
    名無しの権子、またやってしまいました。
    おっちょこちょいでごめんなさい。
    • jasmintea
    • 2007/11/23 11:16 PM
    >jasminteaさん
    当方はどなたか分かっていますのでお気遣いなく(笑)。相手もわからないのにあんなレス書きません。
    でもこっちから言うのもなんなので(笑)。

    「寒いけど暖かな冬がやってくる」はいつ頃アップされるのでしょうかね。楽しみ。最近jasminさんは、僕のようなダラダラ書きでなく創作的筆致でよく書かれますので、それも楽しみ♪
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM