スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    松井大輔は生き残れるか

  • 2007.09.12 Wednesday
  • 昨日は、うちに帰ったらすぐさま風呂に入って飯食べて酒を大量に呑んで寝たのです。帰宅から寝るまで約一時間ですね。そんな9時過ぎ就寝という小学生みたいなことをしたのは、早起きしようと思ったからです。目当ては松井大輔vsスイスですね。しかし無理せず、目覚ましは掛けずに。自然に目覚めたら観ようくらいの程度です。

    目が覚めました。時計を見ると午前4時前。あらら7時間近くも寝てしまったか(汗)。まあいいや。隣の部屋でTVを付けますと、「国際親善試合・三大陸大会スイスvs日本」は、もう前半を終了しようとしているところでした。あらあら。
    スコアを見ると0-2で負けています。相手はW杯で無失点のままベスト16で姿を消し、先日オランダにも勝ったあのスイスですからこれはいたしかたないのか。それで松井大輔は?
    出場しています。ということは先発か。うーむ結構下がってボールを取っている。とポジションを確認する間もなく前半終了。

    VTRをセットしてあったので、ハーフタイムのうちに少し早送りで見ます。
    巻の1トップで、その後ろを右から俊輔、遠藤、そして松井が並ぶ形であるようです。山瀬は出ていないのか。五輪の時から松井と山瀬はポジション争いをしていたのですが、あの時はトップ下だったっけ。しかし今はル・マンで松井は左サイドでいつも突っかけているポジションですからこれでいいんだ。そもそも"パープル"サンガ時代は黒部の1トップの後ろで朴智星と張っていたわけですから…あああの時代が懐かしいな。
    それはともかく、松井は左サイドからよく姿を消します。あれ?
    俊輔が左サイドに居る。なんでだろ? と思っていましたら松井は真ん中に居ます。これはどういうことだろう。前のMFの三人は流動的に動けということなのか、それとも松井が直ぐに切れ込むので俊輔や遠藤がフォローしているのか。うーむ。そこらへんが狭いTVの画面上からはよくわかりません。しかしそういうことをやっていると右サイド(相手左サイド)が空く。すぐさまスイスのLSBが上がってきます。あの背番号3は凄いな(キャプテンのマニン。なんだか老けてる^^;)。
    こうして相手左サイドから攻められてピンチを招いています。そして、スイスがFKを得てマニンが蹴って先制。
    このときFKを与えるファールをしてしまったのは松井でした。うーむ、マイナスポイントだ。ペナルティエリア近くでこういうプレイをしては…。
    その直ぐ後に闘莉王がハンドでPKを与えて2点目。これもマニンが崩している。
    松井は突っかけてはいるんですけれどもね。ボールも相手を背にしてちゃんとキープしているし。踏ん張れるところは成長したなとは思うのですけれども。オーストリア戦の時はちょっとチームから「浮いている」感じもしたのですが、今でも完全にフィットしているとは言えないかもなぁ。
    このMFの流動的な動きはオシムの指示なのか、それとも松井の独自判断なのか。TV画面は狭くてよくわかんないのですが、そのために相手両サイドのDFにプレスが掛からず攻め込まれる。また遠藤のスペースを潰す。そういうこともあったように思えてしまうのです。
    (おじさんは心配性なのですよ^^; 松井はよく走っていたとは思いますが連携に問題があると思われてしまうんじゃないかと…)
    PKで取られた後、加地のクロスから巻のシュートがありましたが、あれも松井が右サイドでキープして生まれたものです。これがどう評価されるのか。
    また、松井の決定的な場面もありました。自分で切り込んで絶妙の切り返し。そしてシュート。最高の見せ場でしたが外れました。いいなぁとは思うもののこれも右サイドからでしたねぇ。それに巻も走りこんでいたしパスという選択肢も…(こんな消極的なことは言いたくないですが、おじさんは心配性なのです^^;)。

    と言っているうちに後半。よかった、松井は交代ではなかった。もしかしたら交代も有り得るかと思っていたのです。一応オシムは松井の動きを是としたのでしょう。
    後半からは、どちらかと言えば松井は左サイドを主戦場としているようにも見えました。これはオシムの修正なのか、それとも日本が押しているとそのようになるのか。そこらへんのサッカー眼は僕にはありませんが、松井は果敢に1対1を仕掛けます。いいぞいいぞ。そしてついにPKゲット。これも松井が内股を仕掛けて自分で倒れたようでもあり、シュミレーションを取られたのではとヒヤヒヤしましたが(相手DFが左足を挟んどるやんか、と突っ込まれそうですが、おじさんは心配性なのです^^;)、これを俊輔が決めて一点差。
    その後も松井はドリブルで行きます。この勝負する姿勢というのは評価に値すると思うのですが、オシムはどう見たのでしょうかね。加地のセンタリングを松井は空振りする場面もありました(ありゃDFの競り勝ちかな)。その直後、闘莉王のヘディングシュートが外れたのを遠藤が絶妙の折り返しパス。待っていた松井がシュート…しかしこれをふかしてしまいます。マイナスポイントだな(おじさんは心配性なのです^^;)。

    巻の同点ゴールが決まって間もなく、松井は山岸と交代になります。
    これは…疲れで動きが鈍くなったと判断されたのでしょうか。守備をあまりしなかったからでしょうか。それとも二度の決定的チャンスを外したからでしょうか(おじさんは心配性なのです^^;)。ともかく残念でした。
    なんで山岸なんだよ、と一人突っ込みを入れましたが、このあと山岸はいい仕事するのです。このライバルの活躍には困ったなと(あたしゃ全然日本代表を応援していませんな。松井だけが心配)。
    試合は、そのあと点を取り合って日本が勝つのです。スイスに勝つとは驚きですね。後半4点というのも凄い。まるでジーコ時代を見るようで…(これを言うと怒られるのでもう言わない)。

    これからW杯予選が始まります。果たして、松井大輔は生き残れるのでしょうか。
    年齢的にはちょうどアブラの乗り切った頃だとは思うのですが、オシムがどういう判断をするかでしょうね。今日の試合を見ていても、やはり遠藤は凄い。なくてはならない存在に思えます。俊輔と遠藤は本番ではいい歳になっていますが、円熟期とも言えます。オシムの切り札の山岸、羽生。そして待望論が凄い山瀬。僕は今年J2ばかり見ていてJ1はニュース映像くらいしか見ていないのでその待望論はよくわかんないのですけれども活躍しているのでしょう。そして大久保。
    後ろはもう鈴木啓太は絶対的存在(バックパス多いけど)。そして阿部、今野、橋本、稲本。今日2分で決定的仕事をした憲剛。
    FWは今日は1トップでしたが、高原が帰ってくると当然誰かと組む、ということがあるわけで、2トップの方が高原が生きるということであればMFの枚数は減る。そうなると松井はどうなっちゃうのでしょう。1対1の仕掛ける気迫というものを松井は今回見せてくれて、それは日本代表に無くてはならないものだと僕は評価したいのですが、僕がそう言ってもオシムがそう思ってくれないとしょうがないわけで。

    あれ、久し振りにサッカー書いたら長くなっちゃったな。とにかく頑張れ松井!
    五輪予選も一人少ない中よくやった。いいぞいいぞ♪
    それにしても眠いわ。(*´0)ゞファァ~~♪ 寝ましょ寝ましょ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/09/12 | スポーツ | 22:01 | comments(4) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 22:01 | - | - |

    コメント
    松井、山瀬が軸になるようにならないと今後の代表はキツイかもしれませんね。
    前田も居たほうがいいかもね。
    • 明石家_1955
    • 2007/09/12 11:38 PM
    >明石家はん
    僕は最近の山瀬ってよく知らないのですよ。FWでは前田待望論が多いですが今の前田も知らない。なんせJ2しか観ていないもので(汗)。しかし、前田、山瀬、田中達、大久保、啓太、駒野、阿部、今野、闘莉王で松井ですからアテネ世代だなぁ中心は(笑)。谷間の世代と言われたのに。
    しかし、見極める目って必要ですね。ちょっと前まで五輪はもちろんA代表でさえ平山待望論があったのにね(笑)。

    僕は非国民なので(汗)、松井が居ない代表なんて全然興味が無い。なのでMFには松井の突っかけをフォローしてくれるベテランの俊輔や遠藤を希望しています(笑)。
    しかし軸になれるかなぁ。松井の1対1は魅力ですが、それも左サイドで切り込んでこそ。松井のせいで守備に不安が生じるようではオシムは呼んでくれないかもしれません。悲観的ですが、呼んでくれても僕は先発は無理じゃないかと思いました。例えば山岸がさんざん走って相手を疲れさせたところへポンと松井を放り込めば脅威でしょう。でも最初からだと、スイス戦の前半みたいになっちゃう。
    解決方法は、松井を王様にして守備はともかくガンガンいかせることですが、松井はロナウジーニョ程の選手じゃないからなぁ…(おじさんは心配)。
    全然わかんね〜w
    松井大輔って最初、野球選手かと思いましたよ・・・(汗
    なんかここ最近、スポーツが熱いですねぇ。
    フツーのニュースにもスポーツ選手がどんどん出てる気がします。
    アイドルがコントをやったり芸人が歌出したりするみたいな感覚です。
    • にが
    • 2007/09/14 12:28 PM
    >にがさん
    そういえば松坂大輔ってのもいましたね(笑)。松井は彼よりひとつ下です。この頃は高校野球で荒木大輔が活躍していて人気があり、新生児に大輔と付ける人が多かったとか。
    松井は、京都出身で学校の後輩でもあり、好きなサッカーチームの"パープル"サンガに所属していて(今はフランスリーグのルマンに居ます)、ずっと応援していたものですからどうも気になって見ています。僕はそれほどサッカーが詳しいわけじゃないですよ。
    普通のニュースにスポーツ選手が出るのは、松坂や松井のようにやっぱり海外進出している選手が多いからじゃないでしょうか。日本に籠らず世界を相手にするとどうしても話題になりますよね。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM