スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    父還る

  • 2007.07.05 Thursday
  • 最近どうも心が荒んでいるようで、前向きな気持ちになれないでいました。トラブルなんかはいつものことで、そんなことで精神が参っていては立派な大人じゃないと自分でも思いつつ、なんとなしに逃避の日々。僅かに酒に慰められ、自分が好きな歴史のことに頭を少し切り替えたりして鼓舞しながら少しあっちのブログを書いたりしていましたが、ここの日々雑感は書く気も出ずしばらく放置していました。全く弱いな僕は。

    一昨日の夕方のことです。母親が泣きそうな声で電話してきました。
    父が出先で倒れ、救急車で運ばれたと連絡が入った由。場所は大阪の南部とのこと。
    父はそこで、とある企業に招かれて月に一度講師をしています。講義中に倒れ、嘔吐と眩暈…情報はその程度です。僕は身内でそこに一番近い場所に居たため、あちこち電話をして運ばれた病院を聞き、なんもかもほっぽり出して直行しました。
    もしかしたら脳の血管が…とどうしても考えてしまいます。父はかなりの高血圧症なのです。最近特に疲れた様子を見せていたようなので、様々なことが重なったのでしょうか。僕は最悪のことも考え、自分をいかに落ち着かせるかを念頭において、ようやく当該の病院へ。

    父は…既に意識を取り戻していました。医者に聞くと、一応CTスキャンをかけたら脳内出血は認められなかったとのこと。僕は全身の力がそのとき抜けていくように思いました。ただまだ立てる状況になく、とりあえず入院せざるを得ません。心配して放心状態になっている母親に電話をしてしっかりしろと言い、僕は事後処理と入院手続きをしました。
    書類に、父親の生年月日と年齢を書き込んでふと思いました。もう親父はこんな歳になっていたんだな。
    父はいくつかこういう講師の仕事をまだしています。以前にも僕は言ったことがあります。もう働かなくていいんじゃない? と。しかし、お呼びがかかるうちは自分から辞めたくないとどうしても引きません。気持ちはわかるんです。必要とされることが一種の生きがいにもなっているのだろうと。しかし、最近目に見えて体力の低下があります。先日一緒に比叡山に行ったときも、足取りが昔の父ではありませんでした。

    疲れているんだよな。今はセミリタイヤとは言え、そりゃもう60年近く働いているもんな。

    父は、昔は文学青年でした。宮沢賢治が好きで、若いときから演劇の脚本を書いたりしていました。本当はそういう道に進みたかったはずです。しかし、長男である父は沢山の弟妹を抱え、高卒後は働かざるを得ませんでした。それでも夜間の大学の文学部に通い、夢を見続けたものの、今度は僕達が生まれてそれを食べさせるのに追われ、とてもそんな余裕がなく過ぎてしまったようです。
    僕はそんな父親の影響を兄妹で最も受けているようで、父の山のような蔵書に埋もれて少年時代を過ごしました。長じて、僕が旅行好きになってあちこち出かけるようになった時、「お前それを書く気はないのか」と何度も言われました。僕は大学当時ちょっとした同人誌に参加して紀行文は書いていましたが、それは父には内緒にしていました。「お前が書かないなら俺が書くから旅の話しをしろ」とも言われました。あの時も父はまだ書きたかったのだな。もう20年も前の話です。僕は今、ブログを少し書いていますが、こういうのを父に言えばおそらく「お茶を濁しているな」と言われるでしょう。父は古いタイプの人間で活字媒体しか知りません。Webで書く可能性など理解してはくれないでしょう。

    翌日。夕方僕が病院へ行くと、もう父はかなり回復しているようでした。しかし原因がはっきり分からず、検査も十分でないので、まだ様々な可能性が考えられるとのこと。ただ、自宅から離れたこの場所ではいかになんでも不便で、医者と相談して母の待つ家へ取りあえず連れて帰ることに。自宅から近いところで精密検査、という算段にしました。
    車中、ずいぶん話せるようになった父は、こんなことを話し出しました。今、エスペラントをちょっと勉強しているのだ、と。
    驚きました。この歳になってまだそんなことをやっているのか。聞くと、実は若い頃にも少し齧っていたのだと。宮沢賢治はこの国際共通語であるエスペラントを学んでいて「イーハトーヴォ」もエスペラントなのだ、と滔々と話し始めました。
    親父は前向きだな。僕が親父から受け継いでいないものは、この前向きの精神だな。僕はすぐに停滞したり考え込んだりしてしまう。わかったよ、僕もその精神で行くよ。だから、少し親父も養生してくれ。おかんも心配しているから。

    なんだか励まされたようなよくわからない気持ちです。もう少し長生きしてもらいたいと息子としては切に思っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/07/05 | 随感 | 23:02 | comments(10) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 23:02 | - | - |

    コメント
    久しぶりに、早寝でもと思いながら
    だらだらとネットで徘徊して
    締めは…やっぱり…とこちらにお邪魔してびっくり。

    お父様のこと、大変でしたね

    亡き父も一度、心筋梗塞で倒れました。
    病院に駆けつけるときの気持ち
    思い出して、読みながら思わず涙が滲みました。
    鮮烈な思いはいつになっても瞬時によみがえるものです。

    倒れてなお、前向きなお父様
    本当に素敵ですね。
    昭和の時代を生き抜いてきた人間は
    きっと、私たちの世代よりも精神がやわでないんでしょう。

    まだまだ、気は抜けない状態だと思いますが
    どうぞ、お大事にしてください。

    一日も早いご本復をお祈りしています。
    >アラレさん
    ありがとうございます。

    今回のことは…あわててしまいましたね(汗)。冷静になれと繰り返し自分に言い聞かせていました。言い聞かせないとダメとは。そこいらへんが胆のすわり方の問題なのでしょうねぇ。向かう道すがら、昨年のアラレさんのことを思い出したりしていました。
    今検査をいろいろやっていますが、幸いにして今日明日、という事態ではないようです。ご心配をおかけしました。

    しかし、昭和ヒト桁は強いですね。どうもまだまだ親父を超えられそうにありませんや(笑)
    早い回復をお祈りしてます。
    うちの親父も昭和一桁です。
    同じく動いていないと嫌な人みたいです。
    • 明石家_1955
    • 2007/07/07 11:06 AM
    同じく最近精神的にイマイチ気乗りがせずボケボケしてあまりblog周りもしない状況でした。
    そしたらお父様のご病気、大変だったんですね。
    まだ気が抜けない状況のようで凛太郎さんも、奥様も、お父様のご病状を見ながらお母様のフォローもしなくてはいけない大変な状態だと思います。
    凛太郎さんご自身のメンテもちゃんとなさって下さいね。


    今日は七夕さま、凛太郎さんのお父様の1日も早いご本復を星に祈っています。
    • jasmintea
    • 2007/07/07 11:43 AM
    しばらく更新がないな〜って思ってたら、大変なことになってたんですね!
    うちの両親もいつのまにかずいぶん年をとっていて、本人たちはまだ若い気でいるから無理してしまうところがあって心配です。
    うちの両親なんかよりずっと年上の凛太郎さんのお父様はもっと体を大事にしてほしいですね。
    前向きな姿勢は僕たち世代も見習わなくちゃいけません・・・(反省
    • にが
    • 2007/07/07 12:46 PM
    >明石家はん
    ご丁寧にありがとうございます
    全く昭和ヒト桁というのは…強いですな(笑)。やっぱり戦争を知っている世代は違うのかな。早く元気になって欲しいもんです。
    >jasminteaさん
    ありがとうございます。現状はなんとか持ち直しています。おそらくもう心配要らないという領域に達したかと…ちょっと身贔屓な判断かもしれませんが。明日はもう行かなくてもいいかな。
    jasminteaさんも、精神的にお忙しかったご様子ですね。どうぞご自身も心のメンテを。今日は七夕、こちらは曇り空でしたが、空はいつだって晴れています。雲なんてたかだか地球の表層を覆っているだけで。星に願いを込めようではないですか。
    >にがさん
    お気遣いありがとうございます。
    いやしかし更新が無かったのはただサボっていただけで(汗)。なんだかそれ以外でもバタバタしていましてねー。でも気持ちが前向きじゃなかったかも。そこらへんは、両親世代を見習わなくちゃですね確かに。あんまり気ばかり若いのもちょっと考え物ではあるのですが(汗)。
     遅れてここにコメントすることをお許しください。

     うちの父親は映像関係で脚本を書いていたので少しイメージがダブりました・・・。

     息子として父親が衰えた様子を発見してしまうのは寂しいですよね。うちの場合はいつも真っ先にすたすた早足で歩いていた父が、晩年はちょっとした坂で息を切らしていたのを見たときにはショックでした。

     昭和一桁の人々は、戦後の貧しい時代を生き抜いてきた分本来は強いのだと思います。凜太郎さんの文章を拝見する限り気丈な立派なお父様ではないかと思いました。

     どうか、お大事に。
    >ヒロリンさん
    とんでもないです。こちらこそレス遅れてしまいました。ごめんなさい。
    幸いにして父は、検査の結果いくつか重要な問題点も見つかりましたが、直ぐに危険な状態であるということではなくなり、どうやら回避されたようです。養生によって状況は好転するだろうと。
    ただ、様々なことからは完全リタイヤということになりました。以前からこちらもそれを望んでいたので結構なことだとは思うのですが、父親はもう少し自分なりの幕引きを考えていたようで、こういう突発的なことで身を引かざるを得なくなったことに忸怩たる思いはあるようです。引きずらなければよいのですが。

    おっしゃるとおり、父親が衰えるのは寂しいものです。「いつまでも腕相撲では勝てない」という状況にしておきたくてこちらも目を瞑ってきた部分もあるのですが…。息子も現実を見据えなくてはなりません。様々な覚悟とともに。
    でも、まだ健在でいることをもっと喜ばなくてはいけません。いつかは訪れる日も来る。ヒロリンさんにはそのことも教えていただいたような気もしています。ヒロリンさんもお母様をどうか大切に。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM