スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    La Voitureのタルトタタン

  • 2007.06.24 Sunday
  • 土曜日、京都に行ってきたのです。またかよ、って気もしますし久し振りって感じもします。どうなんでしょうね。
    相当にいろいろなところに足を運びましたし、面白い話も多かったのですがそこらへんはバサッと割愛。きりがありませんのでね。で、何をしに京都に行ったかと言えば、端的に言えばタルトタタンを食べに行ったのです。

    タルトタタンとは何か、についての説明は不要かと思いますが、つまり焼きリンゴのケーキです。ちょっと書き加えますと、これはリンゴのタルトを作ろうとして失敗したときに偶然生まれたと言われるケーキで、アップルパイが引っくり返ったような形状のものです。通常であればパイ生地の上に甘く煮たリンゴを乗せて焼くのがアップルパイですが、タルトタタンはリンゴを鍋で甘く煮詰め、その上に生地を被せてオーブンで焼きます。すると、リンゴを煮たバターや砂糖がカラメル状になって実に香ばしく仕上がります。僕はメープルシロップとカスタードクリームと並んでカラメルが異常に好きなので、このタルトタタンも大好物なのです。
    うちは季節になればリンゴが溢れかえるほどの状態になりますので(妻がリンゴ農家の娘であるため)、リンゴをただ食べるだけではなくさまざまに調理もします。そしてリンゴを使ったお菓子の代表とも言えるタルトタタンも何度かトライしたのですが(僕がもちろん作るのではなくて女房なんですけど)、なかなか満足するものが出来ない。実に難しいようなのです。
    この場合、リンゴの種類としては、多くは酸味の強い紅玉などを用います。うちじゃジョナゴールドや津軽や北斗を使ってやるのでうまくいかないのだろう、ということにして片付けてしまっていました。

    しかし、京都には紅玉ではなくふじやサンふじを使用して神業のように美味いタルトタタンを供する喫茶店があるらしい。そう以前から聞いていました。是非食べてみたい。そして、ようやく機会をみつけてそこにお邪魔することにしたのです。店の名前は「ラ・ヴァチュール」。
    ここは、平安神宮のすぐ隣に位置する小さな喫茶店で、なんと80歳を軽くオーバーしたおばあちゃんが毎日朝から4時間かけて2台のケーキを焼き上げるとか。1台を16等分して、限定32ピースの販売です。それを目指して開店と同時に店に飛び込みました。

    実に雰囲気のある喫茶店で、僕のようなサンダル履きの人間が入っていいのかとも思いましたがまあそこには目を瞑って、早速、タルトタタンを注文です。この店のもうひとつの名物であるクルミのタルトも同時に所望しました。
    ほどなく、注文のタルトタタンが運ばれてきました。見るからにリンゴが凝縮されているような色合いと香りに、たまらずナイフを入れます。そして一口。

    うわ、なんて上品な味なんだ…。

    ほんのりとまだ温かいタルトタタン。紅玉を使用していないせいでしょうか、ヨーグルトが少し上からかけられています。これで酸味を多少補っているのでしょうか。それにしても美味い。普通はカラメルが勝つのでもっと強い甘味と、リンゴの酸味が自己主張するものだと思っていたのですが、なんともいえずやわらかなやさしい味。しかし、矛盾するようですが実に濃厚でもあるのです。これは、味だけではなく香り(芳香と書きたくなる)や舌触りがそれぞれあいまって個性を作り出しているからなのでしょう。そしてほろりと舌の上でほどけていく。リンゴが柔らかく仕上げられているからです。うーむ。なんて美味いのだ。一言で言えば「上質」でしょうか。

    いっしょに注文したクルミのタルトも食べてみました。これはナイフを入れればねっとりとした感触で、キャラメルの濃密感があり、もしかしたら絡まって差し歯が抜けるかもしれないと妻が言いましたが、食べてみるととんでもない。口の中でトロリと溶けていきます。これもまた絶品。

    出来れば自分で作るうえで参考にしたいと言っていた妻でしたが、完全にシャッポを脱いだようです。こんなもの作れるわけがない。話によれば、このタルトタタンはフランスのタルトタタン愛好会からも名誉賞を贈られたというしろもの。一朝一夕で真似できるようなものではないのです。
    出来ればおかわりをしたかったくらいですが、これは限定販売であり一組にひとつしか供されません。ちょっと残念。次に来るときは女房と他人のフリをして入ってひとつづつ注文しようかなどと不遜なことさえ考えてしまいました。
    食べ終わった頃、作者のおばあちゃんが店に入ってこられました。このおばあちゃん、実に上品な方で、こういうことを言っては失礼かと思いますが実にかわいい方。たまらなく美味しかったです、とお礼を言って店をあとにしました。
    これはまた来なくてはいけないな。
    昨日の京都は夏本番の色合いで実に暑かったのですが、ふと涼やかな気持ちにさえなった素晴らしい味でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/06/24 | 飲食 | 16:18 | comments(6) | trackbacks(2) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 16:18 | - | - |

    コメント
    お酒と甘いものの話には
    ついつい、引き込まれてしまう私(笑)

    数年前までは、自分でお菓子を作ったりもしたけど
    最近はとんとご無沙汰です。

    タルトタタン
    一度でいいから食べてみたくなりました。

    大量生産しない食べ物
    本来は、当たり前のこと

    情報は瞬時に世界中を駆けめぐり
    写真は情報をより詳しく語り
    一度は試したいという人間の数が
    一昔よりは、何倍にも増え

    当たり前の美味しいものを食べるのに
    苦労する時代。

    本来なら、ふらっと寄った喫茶店で
    いつも味わえたんでしょうね。

    でも、私も美味しいもののためには苦労をいとわないので
    人のことは言えないか…(笑)

    あっ!
    サンダル履きで平安神宮にも行ってみたいかも(笑)
    • 2007/06/26 12:26 AM
    >アラレさん
    ここのタルトタタンは本当に美味いですよ。上品なその味わい。わざわざ新幹線に乗って…とまでは申しませんが、また京都にこられた際にはスケジュールのひとつに加えてもいいかもしれません。京都会館から歩いてすぐですし(笑)。

    「情報は瞬時に世界中を駆けめぐり…一度は試したいという人間の数が 一昔よりは、何倍にも増え…」

    おっしゃる通りですねぇ。既にこの記事さえ「タルトタタン」で検索してこられた方がいることが解析から読み取れます。僕は画像を載せないのでおそらく素通りかとは思いますが…それでも何かの一端にこういう記事は入ってしまうのかもしれません。ちょっと複雑だったりして。

    おばあちゃんは一日2台しか焼かないと決めておられるので負担になることはないと思いますが、この上質の味をまだまだ守って欲しいです。ご高齢ではあるのですが、お元気な姿がとても嬉しかったです。

    それにしても…夏の京都はサンダル履きだと足に日焼けのあとがつきますよ(笑)。
    これは行かねば!!
    タルトタタン、初めて聞きました。
    でも、そのおばあちゃんがご健在な間に行かなくては!という気になりました。
    凛太郎さんも、相変わらずの素晴らしい表現力ですねー。
    >にがさん
    タルトタタン、本当に美味かったですよ♪ 僕の文章なんてとても及びません。とっても上品でした。
    おばあちゃん、とてもお元気でした。もう80歳も半ばを過ぎられたと聞いていたのですが、実に品のあるご婦人でした。ただ、タルトタタンを焼くのは重労働だと思いますので、何かのついでの折にお訪ねになるのがいいのではないでしょうか。(^-^)
    いやもうタルトタタンも食べてみたいけど、そのおばあちゃんを一目見てみたいですよ!
    • にが
    • 2007/07/01 12:14 AM
    >にがさん
    店は若い方(お孫さんか?)がやっておられるのですが、おばあちゃんはカウンターの前のいすにちんまりと座られて、タルトタタンを食べるお客さんの幸せな顔を見ておられました。とても素敵な方でしたよ。(^-^)
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2007/07/25 11:23 AM
    焼きリンゴ焼きリンゴ(やきリンゴ、baked apple)は、リンゴを使ったデザートのひとつ。肉料理の付け合せとして用いられることもある。固くて酸味・香りの強い紅玉や国光などの品種が適する。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipe
    • お菓子先生
    • 2007/07/28 5:36 AM

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM