スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    「鳥つね」の親子丼

  • 2007.03.25 Sunday
  • ダラダラ書きをしますけれども…。

    昨日は午前中、ちょっと大阪でヤボ用があったのです。まあ打ち合わせみたいなやつで、そんなの電話でやってもいいと思うのですが…(愚痴)。
    昼には解放されましたので、家に電話を入れますと女房が「これからそっちに行くのでちょっと待ってて」ということ。時間があったのであたしゃ心斎橋のBookOffで思わずまた無駄遣いをしてしまいましたよ。ドトールでコーヒー飲みながらウダウダして一時間後に合流。

    なんでも、心斎橋の大丸百貨店で催し物があって、そこに親子丼で有名な「鳥つね自然洞」が出店しているとのこと。「それが食べたいっ」ということらしいです。
    今人気投票をやれば(今じゃなくて昔からかもしれませんが)、親子丼の1にはたいていここが来ます。東京は外神田にあるこの店には以前から行きたいと思っていたのですが機会を得られませんでした(そりゃ関西在住ですから)。今回は催事で来ているので、間違いなく本店の味を再現出来るかはそりゃよくわかりませんけれども、鳥つねにもプライドがあるでしょう。美味いものを出してくれるに違いない。

    早速大丸へ。やはり行列が出来ています。催事なのでスペースが狭いというのも行列の一因でしょう。しかし丼ものは作るのも食べるのも早い。ほどなく順番が回ってきて席に着きます。
    並と特上をひとつづつ注文。特上(1680円)は比内地鶏と名古屋コーチンを使用しているというわけで美味いに決まっています。僕らはあまのじゃくに並(1050円)も注文して、「普通のやつでも美味いのか」を確認してみようとしたのです。でも並だって千円だもんなぁ。

    待つうちにほどなく到着。
    なるほど、TVで観たとおりだ(笑)。卵が半熟…というより生の部分が多いです。よくここの親子丼の評価として「最上級の卵かけご飯」というのがありますがさもありなん。しかし食べてみるとそのレベルではないことがわかります。生というよりベリーレアなんだな。半熟まではいかない、さりとてご飯に浸透していくほどサラリとした生状態ではない…といったところでしょうか。
    味わいは…さすがに美味いです。ことに特上は。ねっとりとした舌触り、鶏肉の味わい、歯ごたえと香りの素晴らしさ。特上はそりゃ最高級の地鶏と卵ですから当然美味いでしょうが、並もなかなか健闘している。食べ比べての違いは「濃さ」なんでしょうね。濃厚な味や香りが多少欠けてしまいますので。しかし調理法は変わらないのであって、ベリーレフの卵の感触は生きているのです。食べ比べなければもちろん美味い親子丼ですよそりゃ。

    僕はね、関東の親子丼というのはかなり甘辛いものなのではないか、という認識を持っていたのです。僕が東京の親子丼として初めて認識して食べたのは、元祖と言われる「玉ひで」のそれでした。これは確かに美味いのですが、関西の味わいとは一線を画するものがあります。鳥つねの親子丼は、確かに甘辛さは際立つものの、それが主役ではない。あくまで素材と調理法(卵の混ぜ方と火加減)を前面に押し出しています。
    いや、美味い親子丼でした。人気1というのも頷きます。僕が愛してやまない京都祇園の「ひさご」の親子丼とどちらが美味いかと言われれば困りますけれども(汗)。まあ言ってみればこれは別種の食べ物ですね。親子丼という範疇で括られてはいますけれども。

    東京の美味い親子丼が関西に居ながらに食べられて満足です。あとはダラダラと過ごしました。せっかくナンバに居るのですからあちこちを冷やかし買い物をし、なんとなしに焼肉が食べたくなったので鶴橋の「空」の支店が道頓堀に出来ていたのを思い出して、そこでウルテ、ネック、ハギシ、ハチノス、カルビスジなどの「空」ならではの焼肉とアキレススープ、そして酒をトンドン酒も含めひたすら呑んで、一日の〆としました。でもブログ記事としては一向に締まっていません(笑)。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/03/25 | 飲食 | 10:59 | comments(2) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 10:59 | - | - |

    コメント
    すっごい偶然!
    今日の記事にちょこっと書きましたが今日は親子丼が食べたくて「連れてって〜」と騒ぎ食べてきました。
    おいしいのですがやはり岡山出身に母のを食べなれている私には甘辛すぎって言うか味が濃いです。
    今度外神田に食べにいってみよう♪
    あと汐留の「都路里」で抹茶パフェも食べたいんです〜♪

    って、食べ物の話になるとうるさくてすみません。

    それで昨日ちょっと関西の方と話していたのですが「鶴橋」のホルモンの話になりまして。
    「ウルテ、ネック、ハギシ、ハチノス、カルビスジ」などの話になって「見た目グロいけど食べられる?」って。
    ハチノスだけは名前のイメージからして丸の集合体そうでこれは無理か??と想像しただけで鳥肌でした。
    やっぱり想像通りの形状ですか???

    >東京の食べ物は、といいますか江戸の食べ物はどうしても甘辛いですね。これは好みですからなんとも言えませんが、その濃さが美味い場合ももちろんあるわけで♪ 親子丼に限らず丼汁は伝統ある店はたいてい濃い。京都からすれば異文化ですが、これもまた良し。
    都路里は東京にも支店があるのですってね。TVで以前見ました。京都の店も今では行列ですが、東京もそうなのかなあ。

    ハチノスというのは文字通り蜂の巣ですから、六角形の網目模様なんですけれどもね。ただヘタれば丸に見えるかもなぁ。新鮮だとピンと六角形が立っていますけれどもねー。でもまあご無理なさらずとも他に食べ物はたくさんあります(笑)。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM