スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    シャコを食らう

  • 2007.03.11 Sunday
  • 昨日の話なんですけれどもね。
    ありがたいことに青森の義兄から旨い酒が届いたんですよ。これについては昨年も届いたときに書いたので詳細は繰り返しませんけれども。
    「豊盃」大吟醸生酒
    とにかく旨い酒ですから大喜びを致しまして、その夜に早速いただくことにしました。生酒は鮮度も大切ですから。新酒のピチピチしたきらめきを早く味わいたい。(と言って別に生酒でなくとも早く呑みたいことにはかわりはないのですけれどもね^^;)

    さて。何を食べながら呑むかなんですけれども。

    「明日(日曜日)定休の魚屋さんがあるのよ。今なら叩き売り状態だと思うから、あたしちょっと行ってくるわ」

    そう言ってカミさんが外に飛び出しました。こういうことになるととにかく動きが素早い人です(笑)。僕は花粉吹きすさぶ風の強いこんな日は一緒に行かずに留守番。
    んでちょっと待って…。

    なんだか山ほどの荷物を持って帰ってきました。「とにかく安くって安くって♪」
    どれどれと覗きますと、

    ヒラメの刺身
    タコの足二本
    カワハギ(これは小さいものでひとパック10尾ほど。カワハギじゃなくてウマヅラかもしれない)

    もうこれだけで十分なのです。そんなに食べられない。「タコ足は明日でもいけるって。冷凍してもいいそうよ。安いんで買ってきちゃったのよ。カワハギは煮付けるね」
    この小さなカワハギは煮付けると身離れがよくて食べやすいのです。
    さらに袋の中にはまだ主役が居るようです。

    「じゃーん♪」

    ビニール袋いっぱいのシャコです。3〜40尾も入っているでしょうか。

    「なんとこれで300円♪ 超お買い得品よ。もう叩き売りだったんだから」

    僕はシャコが好きなのですよねぇ。とにかくエビもカニも含めて甲殻類が大好きなのですが(だから尿酸値が上がるんだ。これらはプリン体がとっても豊富だから 涙)、中でもこのシャコというやつには目がないのです。瀬戸内に住んでもっともうれしいのはこの春のシャコですね。とはいえ産地は明記していなかったようですけど(笑)。まあ産地なんてどこでもいいです。そんなグルメじゃなし。

    さて、食らうとしますか。
    まずは義兄が送ってくれた「豊盃」大吟醸生酒。湯呑みに注ぎ(白い利き酒用のやつね)まずはひと口。

     ああぁ〜ん ウマヒ〜

    おもわず自分でも気色悪い声が漏れます。悶え声だな。

    そして食卓には刺身やら魚の煮付け(あっさりめの味付け)やらが並びますが、主役はやはりシャコです。今茹でたての湯気のあがるシャコ。大ざるいっぱいあります。
    シャコは剥くのが難しいのです。まず腹側についているヒラヒラした足みたいなやつをむしり取り、尻尾にはさみを入れます。尻尾の身に合わせて三角に切り、次に殻の両脇をジョキジョキと切ります。そうすると背と腹に殻が被さっているだけの状態ですから、うまく身を崩さないように(殻にくっついちゃうんですよねぇ)ゆっくりと剥がします。シャコが裸になったら「パクリ」といきます。

     ああ〜 これもウマヒ〜

    悶え声をまたあげながらシャコにパクついていきます。そして酒。そしてシャコ。そして酒…。もう無限連鎖です。
    僕らはイヤしいので、それだけではすみません。シャコの爪に詰まっている肉も吸いだすようにして食べます。ここがまた美味い。ごく小さな部分なのですね。それをチュッと食べてまた酒(汗)。

    「おや、こいつにはカツブシが入ってるやんか!」

    カツブシとは、つまり卵のことです。なんでカツブシと言うのかは知りませんけど寿司屋でそう言っていたのを真似しているだけです。身の真ん中に棒状に入ってまして、オレンジ色をしています。ちょっとポソッとした感触ですが美味いのですね。これはアタリだ。カツブシが入るのは晩春から初夏の頃だと思っていたのですが…やはり異常気象が原因なのか? 卵入りは7、8尾にひとつはあります。ああやっぱり美味いなぁ。

    というわけでシャコと二時間くらい格闘していたでしょうか。手はシャコの殻の棘で細かな傷だらけですが酔っ払っているので痛みなど全く感じないのです。そうして食べつくしました。

    あー美味かった♪

    酒は約半分、五合ほど呑んだでしょうか。蓋を厳重にして(生酒なのでまだわずかながら発泡しているのです。開けるときに ポンッ と音がします)すぐに冷蔵庫にしまいました。
    そして今日です。今日は残りをタコといっしょに呑むのでしょうねぇ。そして今夜もまた酩酊。幸せなことでございます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2007/03/11 | 飲食 | 11:32 | comments(6) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 11:32 | - | - |

    コメント
     く、ください!!!「なんこ」と交換で(笑)。

     ところで、うちの親父は料理上手で、何でも自分で作る人だったのですが「シャコ」だけは苦手で・・・。

     生をかってきて煮るのですが、半分ぐらい身がぐずぐずになってしまってたのですが、煮方に何かこつでもあるのでしょうか?(それとの単なる不注意か?:笑)

     こちらは子持ちの「北海しまえび」などおいしい物はたくさんありますが、やっぱり「シャコ」は子どもの頃からのごちそうなので思い入れがあります。

     海産物でいえば「シャコ」は北海道でも食べられるのですが、生の「ホタルイカ」と「サザエ」が出回っていないのが残念です。
    >ヒロリンさん
    シャコの殻剥きって実際は難しいですよねぇ。どうしてもキレイには剥けない。煮方にコツなんかないと思うのですが…強いてあげればデカい鍋でグラグラ煮立てた湯でやるとシャコ投入の時に温度変化が起こりにくいくらいで。僕だって身はグズグズになっちゃいますよ。せせりながら食うような感じです(汗)。

    北海シマエビも美味いのですよねぇ。僕の金沢在住時には「ガスエビ」という甘エビより美味い小さなエビもありました。あちこちで名物の甲殻類はありますね。
    生のホタルイカはそりゃ手に入らないでしょう。でもサザエが北海道にないとは意外です。
    う、うまそう・・・
    さすが、うまそうに書きますね!
    しかし、僕はシャコを一度も食べたことがありません。
    海老は大好きで、どこへ行っても海老料理をオーダーしてしまいますが、シャコってあんまりないですよね??
    でもこう見えて甲殻類アレルギーなので、手にキズが出来たりカニを食べるときのように汁まみれで身をチューチュー吸うというような食べ方はとうてい出来ません。
    あ〜、食べてみたいけど無理っぽいな・・・
    • にが
    • 2007/03/13 10:47 PM
    >にがさん
    シャコは回転寿司のネタでも時々回ってきますよ♪ なんと言いますか、エビとカニの中間くらいの美味さと言ったら違うかな(汗)。味はなかなか表現できませんよ(笑)。機会があればどうぞ♪
    しかし甲殻類アレルギーとは大変ですね。手が腫れてしまうのでしょうか。シャコは剥き身でも売っていますので、食べられるとしたらそれでしょうかね…。
    手も唇も腫れてしまいます・・・orz
    汁のついた手で目をこすったりしたら、眼球が腫れたこともありました。
    そんなわけでカニは全く食べなくなりましたし、甘エビも食べ過ぎると腫れますね。
    基本的に火を通した海老だけです。
    でも伊勢海老のお造りなんてのが出されたときは食べずにはいられないんで、うまく唇に触れないように口の中へ運ぶんですが、口の中や食道とかがどうなったかは知らんぷりですw
    • にが
    • 2007/03/14 12:30 PM
    >にがさん
    うわ…唇にまで影響があるならそりゃ食べられませんね。カニは生でなくても駄目、ということですね。エビは火を通せばいい、ということであればまだ救われますが、確かに伊勢海老の造りなどは目前にすれば絶対に手が出ちゃいますよねぇ…。
    アレルギーって大変なんですね。シャコはどうなんでしょうか。形状がエビに似ていますので茹でた剥き身を食べるのなら大丈夫なのかな…でもお薦めしてもしも引っかかったら僕はどう責任をとればいいのかわかりませんね(滝汗)。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM