スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    星のかけらを探しに行こう

  • 2006.07.01 Saturday
  • 今日昼寝から目覚めて(昼寝なんてやさしいもんじゃなくて本格的に寝ていましたが)ふとTVを見ると、「福耳」が出ていました。福耳、というユニットを知らない人もいらっしゃるかもしれません。福耳は、オフィス・オーガスタに所属のアーティストのスペシャルユニットで、初期のメンバーは杏子さん(何故か"さん"づけでしか呼べない)、山崎まさよし、スガシカオの3人のはずでした。しかし今日TVでは元ちとせとスキマスイッチも入って6人構成でしたね。増殖するんだな(笑)。

    もちろん歌っていたのは名曲「星のかけらを探しに行こう」です。

    星のかけらを探しに行こう〜Again
    星のかけらを探しに行こう〜Again

    この曲のオリジナルは杏子さんで、もう10年以上前のリリースです。バービーボーイズが解散して杏子さんがソロになってから…3年目くらいのシングルでした。相変わらず極上の雰囲気を出しておられるなぁと聴いていて思ったものです。
    バービーボーイズは、例えばその頃支持されていたBOØWYとかTMネットワークとはまた一味違った、ポップだけれども泥臭い、お洒落だけれどもえぐる様なパンチ、捉えたら逃がさない魅力があって好きでした。その中で必ず片方の肩と鎖骨を出して踊る杏子さんの存在は大きく、当時の僕はやっぱりその色香にやられていましたね(笑)。

    「星のかけらを探しに行こう」はもちろん杏子さんのオリジナルですが、イベントスペースの「Zepp Sapporo」のこけら落し公演で杏子さんと山崎まさよし、スガシカオがワンナイトのユニットを組んだのがキッカケで、「福耳」の結成となり、99年に上記の「星のかけらを探しに行こう〜Again」をリリースします。名曲にさらに磨きがかかったような気がしましたね。

    ある夏、やっぱり北海道旅行の初日、フェリーで夕刻に室蘭に着いた僕達は、札幌に向けて車を走らせていました。苫小牧を過ぎ、すっかり陽も落ちた国道36号線を走っていた頃、ちょうどカーステから「星のかけら」が聴こえてきました。

     今宵星のかけらを探しに行こう 舟はもう銀河に浮かんでる
     願い忘れたことがあったから もう一度向かい合わせで恋しよう

    千歳をちょうど過ぎる頃だったでしょうか。実に雰囲気が合いましたね。歌詞のとおり「夜空と街灯り 輝いてひとつになる」です。きらきら光る札幌へと繋がる道。北海道を旅行するものにとっては、この国道36号線はもうひとつの"Milky Way"なのです。そういえば福耳結成のキッカケも札幌でした。

    いろいろなことが思い出されて、ちょっと幸せな気分でした。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/07/01 | 音楽 | 22:48 | comments(6) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 22:48 | - | - |

    コメント
    バービーボーイズ…好きでしたよ。
    ♪目を閉じておいでよ…のちょっとドキドキするような歌詞
    今でも、きゃっ!っと思っちゃう。

    今日、北海道のメル友から
    今年の夏こそ、バイクで海岸線を走りたいなというメールが
    届いていました。

    大きな自然の前では
    人は小さな存在なのだと感じる瞬間を
    しばらく忘れている気がします。

    ふと流れてきた曲で
    うれしい気持ちになれるっていいですね。
    杏子さんと言えばやはりバービーボーイズですねぇ

             ↑
            懐かしいw
    バービーボーイズ時代の杏子、
    久しぶりにときめいた日本人でした(笑)
    外人がファラ・フォーセットメジャースなら
    日本人では杏子ですねぇ。
    そして、シングルになって出したこの曲をも大好きで
    車には必ず常備しています。
    夏の夜に聴きたい曲ですね。
    • 今日のジョー
    • 2006/07/03 3:11 PM
    >アラレさん
    バービーの詞というのは、非常に直接的な衒いのない素直な言葉の羅列で、僕にはほんの少し物足りない気もしないではないのですが、何と言ってもエッチ(笑)。
    ああいうバンド、好きでしたね。
    全然関係ない話ですが、この間TVの歌番組を見ていましたら、浜崎あゆみのバックでエンリケがベースを弾いているのを見ました。ヨッちゃんがギターを弾いているのは知っていましたが…。ずっとエンリケは浜崎あゆみのバッキングをしていたのですかね? 知っている人には「今さら何だ」てなことなんでしょうが(汗)。
    >明石家さん
    杏子さんはなんと言っても艶っぽいですなぁ(笑)。バービー時代の杏子さんはちょっと「お色気過剰」のようにも思えましたが。
    (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
    >ジョーさん
    なるほど。こういうところで年代の差を感じますね(笑)。
    僕にとって杏子さんというのは、とても「ときめく対象」ではなく、まるで映画「青い体験」を見るような感覚(笑)。ずいぶん年上の女性ですし、こんなお姉さんに誘われたらどうしよう、的見方しか出来ませんでしたよ。
    (* ̄m ̄)プッ
    そういえば、僕はファラ・フォーセットではなく、シェリル・ラッドのポスターを壁に貼っていました。憧れでしたね。そこにも年代差がある(笑)。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM