スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    いんけつ

  • 2006.06.20 Tuesday
  • 先日パチるという言葉について書いた話の続きなのですが…。

    この間の女房との会話。

    「先週○○さん、自転車盗られたらしいのよ。可哀そうに」
    「あららそれは気の毒やな」
    「それで、風邪も引いてしまってねぇ。いいことなくて気晴らしにパチンコ行ったら五千円もスってしまって、本当にいんけつだったらしいよ」
    「なんですと?!」

    またよからぬ言葉を覚えてきています(汗)。「いんけつ」とは…。

    「お前その"いんけつ"っていう言葉の意味知ってるか?」
    「うん。分からないんで友達に聞いた。"ついてない"っていう感じの言葉でしょ」
    「うーむ。確かにそういう意味だが…」

    「いんけつ」なんて言葉、本当に久しぶりに聞きました。まいったなぁ…。
    知っている人は知っている言葉なので特に言及することもないのですが、一応書きますと、これは「おいちょかぶ」に関わる言葉です。
    おいちょかぶとは何か、ということを書かないと進まないのですが、これは花札(トランプなども使う)で行うゲームで、詳細はウィキペディアを参照していただきたいのですが、つまり1から10までの札を取って、札の数字の合計数が9に近い方が勝ち、というゲームです。ブラックジャックに似ていますね。細かくはボーナスルールなどもあり複雑ですが、基本は手持ちの札の合計が9に近ければいい、ということですね。
    その数の数え方ですが、独特の符丁があるのです。

    1⇒いんけつ 2⇒にたこ 3⇒さんた 4⇒よんた 5⇒ごけ 6⇒ろっぽう 7⇒なき 8⇒おいちょ 9⇒かぶ 0⇒ぶた

    従って、「かぶ」が一番よくて、1の「いんけつ」などはとても勝てない数字であります。ここから転じて、ついていない場合に「いんけつ」だと言う場合があるのです。

    ※1⇒いんけつ は関西独特の言い方であり、例えば関東では「ぴん」と言う由。2以下も地方によって独自の符丁で言われている場合があります。

    しかし…はっきり言ってこれは「賭博用語」と言ってもいいでしょう。あまり品のいい言葉であるとは言えません(汗)。おいちょかぶに端を発する言葉として他に、例えばヤ○ザという人たちは「893(=足すと末尾が0になりブタ)」が語源とも言われます。役に立たない、ということを自虐的に示しているとも言われます。賭博用語は他にもいろいろあるでしょうが、日常会話にあまり使わない方が望ましいでしょう。

    「ということやから、あんまり"いんけつ"などとは日常的に使わないように。ヒアリングだけにしておきなさい」

    全く赤ん坊のように言葉を吸収してくる女房にも困ったものです(汗)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/06/20 | 言葉 | 00:19 | comments(4) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 00:19 | - | - |

    コメント
    このところ、忙しくて
    まとめて読ませて頂きました。

    特に関西弁の記事は興味深くて…

    アリスファンは圧倒的に関西出身の人が多く
    たくさんのネイティブたちにいろんな言葉を
    教えてもらいました。

    おかげで
    京都・大阪・神戸(JR西日本CMの三都物語ですね〜)の
    微妙な違いや、スラング(というのでしょうか?)
    いろいろわかるようになりました。

    東京駅で交わされる言葉でこの人は大阪か神戸か
    わかっちゃう関東人です。

    ぱちもん、とか、いんけつ、とか普通に使っては
    いけないというか、お品のない言葉なのですね。
    本当の大阪弁はもっときれいなものなんだと
    大阪の人は言いますね。
    漫才が悪い影響を全国に広めたと…。

    それでも私は関西弁が好きです。

    酔った勢いで危ない関西弁を叫ばないように
    気をつけたいと思います。

    しばきたおすとか
    おんどりゃ〜とか(笑)
    もうこうなったら
    凛太郎さん自作の関西弁辞書を持たせましょうw
    >アラレさん
    関西ネイティブでないのに京阪神のニュアンスの違いを聞き取れるというのは、そりゃもう学者並みですよ。いやすごい。

    大阪の船場言葉が正統派大阪弁なのでしょうが、それは小気味いい洗練された言葉だと思います。どうもしかし現在は大阪弁は怖いという印象で困りますねぇ(京都ことばの「慇懃無礼」よりはまだマシか)。しかし、パチもんなどという言葉は覚えなくていいです(汗)。これはパチったもの、ということですなわち「贓物」ですね。バッタもんやのパチもんやの、さまざまなものが流通しているボーダレスの大阪です(笑)。
    おんどりゃ〜については、そのうち書くかもしれません(笑)。
    >明石家さん
    他所からこられた人には、「乱暴な言葉」と「そうでない言葉」の区別がつかないのでしょうね。男言葉と女言葉の区別も難しい。明石家さんま師匠の言葉も一種独特ですからね(^-^)
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM