スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    楽しみなW杯ドイツ大会

  • 2006.06.09 Friday
  • いよいよW杯が始まります。睡眠時間を削って見入る人は多いのではないでしょうか。
    僕はサッカーを競技としてやったことは体育の授業くらいしかありませんし素人です。細かなところまではわかっていないのでしょう。しかし面白い。
    サッカーを観戦するようになったキッカケは、間違いなく「キャプテン翼」です。それまでは、サッカーの試合と言えば地元チーム「紫光クラブ(現京都パープルサンガ。高校の担任が関っていた)」の試合か(クラスみんなで応援に行く)、せいぜい天皇杯の決勝をTV観戦する程度。さほど興味があったわけではありません。まだJリーグもなかった。そんな僕に面白さを植え付けてくれたのは間違いなく翼クンだったと思います。このジャンプの連載によって、僕は中盤で回すサッカーを知り(ミッドフィルダーなんて言葉を知ったのもその頃。それまではハーフバックだのウィングだのと言った言葉しか知らなかった)、ゴールに叩き込むだけがサッカーではないと言う事を知ったと思います。

    W杯を始めて意識して見たのは86年のメキシコ大会から(その前年の予選、木村和司のフリーキックからでしょう)。前回82年は、ジーコやソクラテスなど黄金の中盤の大会で凄かったと聞いていたので、楽しみに見ました。この大会は間違いなくマラドーナの大会で、例の「神の手」や5人抜きは語り草となっています。主としてダイジェスト放映でしか見られませんでしたが満足でした。
    そして90年大会。僕にとっては今もアイドルと言えるチームが出場しました。それはもちろん「オランダ代表」です。
    オランダはあのクライフやニースケンスの時代以来、ずいぶんW杯から遠ざかっていました。しかしこの大会は、ついに満を持しての登場でした。
    ACミラン黄金期のファンバステン、フリット、ライカールト。リベロのクーマン。ポータース。ビッツヘ。ファンアーレ。ファネンブルグも居ました。キラ星の如くスターが。88年ユーロを制していて優勝候補1でしたが、西ドイツに敗退。ファンバステンが不調だったけどファントシップは頑張ったのに。絶対オランダの方が良かったよ。あれ以来僕はフェラーが嫌いです。ライカールトを馬鹿にするな。
    オランダサッカーは何と言ってもその攻撃の美しさが光りますが、具体的に実に文章で書きにくい。こう言えば笑われるかもしれませんが…
    「スルーパスがピュッと出る」
    のですね(笑)。サッカーファンには「お前アホか?」と言われそうだな。

    その後も94年のアメリカ、98年のフランスとオランダはスペクタクルサッカーを繰り広げます。優勝には手が届きませんでしたがやっぱり一番素敵でカッコいい。ベルカンプ、フランク・デブール、ヨンク、ダービッツ、オーフェルマルス、ファン・ホーイドンク、クライフォート。才能溢れる選手たちが縦横無尽にピッチを駆ける。僕にとって最も見ごたえのあるチームは、ドイツでもイタリアでもなくやはりオランダなのです。98年はヒディングの下ベスト4。PK戦だもんなぁ。ありゃ勝ちに等しかったよ。
    そのオランダが…。日韓大会にはやってこなかったのです(涙)。

    さて、ファン・ニステルローイを擁してオランダはドイツ大会には敢然として出場です。アルゼンチン、セルビア・モンテネグロ、コートジボワールと今大会最大の死のグループに入ってしまい、けが人続出でしかも守備に難があるオランダは勝ち抜くのは至難のワザですが、なんとかならんかなぁ。日本がグループリーグを勝ちあがるよりは確率は高いとは思いますが。

    その日本代表。今大会は、僕は過去二回とは比べものにならないくらい日本代表を応援しています。理由はジーコが好きだからという一点に尽きると思います。前回の日韓大会などあまりの盛り上がりに、かなり醒めた目で日本代表を見ていたことは否めません。しかし今回は違う。あのチームが僕は好きなのです。冷静に見ればグループステージを勝ち上がることなど奇跡に近いことは僕だってわかりますが、あのジーコが作った波の激しいチームは、奇跡が起きるかもしれないという可能性を夢見させてくれるのです。また落ち着いたら書きたいと思いますが、ジーコがやっているチーム作りは、各評論家が言うように20年早かったのでしょう。でも、20年分も日本という国を買いかぶってくれたジーコに対して、罵詈雑言で終わって欲しくないのです。

    大好きな攻撃主体のオランダにも本当に頑張って欲しい。日本はもちろんのこと。日本とオランダが対戦するようになったらこんな凄いことはないだろうと思うのですが、そういう組み合わせは残念ながら決勝の舞台しか可能性がないのです。

    さあW杯。各国の素晴らしいプレイを楽しみ、また日本代表にも神風が吹くことを念じたいです。日本代表にこんなにも勝って欲しいと思ったことはありません。ジーコを罵る人たちに一泡吹かせて欲しいです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/06/09 | スポーツ | 22:09 | comments(4) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 22:09 | - | - |

    コメント
    いよいよ始まりますね。

    順当に行けばブラジルなんでしょうが
    何が起こるかわからないのがこの大会

    良いプレーがたくさん見れる事を期待したいですね。
    >明石家はん
    始まりますねぇ♪ 全試合は見ることは叶わないかと思いますが、このサッカーの祭典は勝ち負けばかりじゃないので、結果がわかっていてもVTRを駆使して、好プレーは見逃したくないですねぇ。
    ブラジルの前線は確かに凄いですが、アドリアーノは不調を引きずってるかもですしロナウドは水物(笑)。カカはしっかりしていますがどう転ぶかわかりませんね。本命ブラジル、対抗イングランドでしょうが、案外八百長騒ぎのイタリアが持って行ったりして(笑)。
    オランダ、スルーパスがピュッと出てましたね〜(笑)
    いよいよ日本も登場。
    いいプレーも楽しみですが、結果にこだわった気合も見せてほしいです〜
    • NAO
    • 2006/06/12 8:45 PM
    >NAOさん
    ロッペン早いっ!やっぱりオランダサッカーはいいですねー♪
    ついに日本代表登場です。もうすぐキックオフだ。怖いので、結果が出る前にレスいれまーす(笑)。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM