スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    「まわりゃんせ」で行く伊勢志摩その2

  • 2006.06.05 Monday
  • 前回からの続きです。

    6月3日(土)
    松阪から特急に乗ってまず最初に向かったのは鳥羽でした。最初に鳥羽湾めぐりコースの遊覧船にのります。
    遊覧船なんて、それこそ「まわりゃんせ」でないと乗らないと思います。フリーパスだとなんでも行こうという気になる(セコい)。龍宮城なるド派手な船に乗り、鳥羽湾一周です。50分コース。
    途中、イルカ島なる小さな島に寄航。面白いので降りてみることにします。しかし人が少ない。日曜日でこれでは大変だと思うのですけれどもね。島の遊歩道を少し(かなり)上ると、アシカショーのステージがありました。まもなく開演ということなので見ることに。小さな、実にインチメイトなステージです。
    健気にアシカ君(あれ、女の子だったっけな)が頑張っていました。やっぱりかわいい(笑)。
    ここはイルカショーもあるのですが、ずいぶん開演時間が先なので割愛して、再び遊覧船に乗り込みました。鳥羽のリアス式海岸の島々と複雑な海岸線を縫うように船は走り、しばらくして水族館前に寄港。これで船旅を終えます。

    鳥羽水族館に入ります。ここは僕はもう4回目くらいなのですが、実に楽しい水族館です。世界有数というのも頷ける。
    昨日も水族館(二見シーパラダイス)に行ったところなんですけれどもね。フリーパスでも持っていないとこういう贅沢はしません。珍しい魚とか大好きなのですね(笑)。
    またアシカのショーがやっていたので懲りずに見に行きます。一日二回アシカショーを見るなんて。しかしこっちはステージも観客数も全然違います。あのイルカ島のショーが旅打ち大衆演劇とすれば、こっちは宝塚大劇場。派手さも華やかさもずいぶん差がある。しかし、イルカ島のインチメイトな雰囲気も捨てがたいと思うのです。風情ではあちらかな。まあどちらもよかったです。
    魚もさることながら、スナメリやジュゴンを見ていても飽きませんなぁ。ラッコが貝を食べているところなど30分くらい見入っていたかもしれません。細かく書くとキリがないので割愛。3時間くらい居ましたかねぇ。

    昼も大きく過ぎて、昼食。「七越茶屋」という郷土料理店に入ります。てこね寿司が食べたかったのですね。聞くと、てこね寿司と伊勢うどんのセットで1250円とか。
    「単品だとどのくらいなの?」
    「えーっと、てこね寿司が850円でうどんが400円です」
    「セットと単品は量的にはかわらないんや。そうなると」
    「いえ、セットですから量は加減してあります。少し少なめになりますね」
    なんで単品を足した値段と同じなのに量が少なくなるんだろう? それだとセットを頼んだら損じゃないですか。不可解。別にオマケにサザエでもついてくるならともかくそれもないと言います。うーん(笑)。
    「じゃてこね寿司を単品二つとうどんを一つね」
    てこね寿司はさすがに美味かったです。しかも量がたっぷり。隣の人が食べているセットを見ると明らかに量が少ない。単品で頼むのが明らかにお得です(笑)。おまけに「まわりゃんせ」提示で5%オフ(笑)。

    腹もいっぱいになったので隣のミキモト真珠島へ。ここに来るのは…もう30年ぶりくらいになります。フリーパスでないとそりゃ何回も来ないわなぁ。
    さまざまな展示物を見学したあと、海女さんの実演があるというので見に行きます。海女さんと言えば、高齢化と後継者不足で大変なのだとばかり思っていたのですが…。
    海女さんは3人登場されましたが、みんなハタチそこそこ(汗)。凄いな。紹介によると水中ダンス経験者もいるそうです。ビジュアル的にも申し分ありませんよ。世の中変わったのか、不況で若者が手に職を付けようとしているのか。しかし見ていると大変な仕事です。ご苦労様。

    さて、真珠島を出て、本当なら答志島へと渡ろうと思っていたのです。九鬼嘉隆の首塚もあり、こんな機会でないと渡らないと思いましたので。鳥羽市営連絡船もフリーパスなのです。
    しかし、風が強くなって海が荒れてきました。実は女房は船に弱く、午前中の遊覧船も少し気分が悪かったようなのです。なのでパスして松阪へ帰ることにしました。
    このあとは日が暮れるまで松阪の街歩きです。まずは「松阪商人の館」へ。商都松阪の名残を見学です。そのあと松阪城址へ。歩いても知れている距離なのですがなんせバスがフリーパスなのでどんどん乗ります(笑)。「本居宣長記念館」も見学。ここは初めてでした。実に面白かったのですが話し出すと歴史話で長くなるので割愛。「歴史民俗資料館」も訪れ、城下町をしばし散策です。

    さて、日も暮れてきました。そろそろ疲れたので夕食にしようと思います。
    昨日は焼肉を食べたので、今日は海の幸にしようかとも事前に考えていました。しかし、僕の本音は、
    「もう一回焼肉食べたい」
    なのですね(笑)。しかしいくらなんでも連チャンは…と思い街をブラついていると、どうも女房も同じ考えのようで。それなら、と今度は「一升びん」の本店に行くことにしました。40歳を過ぎた中年2人がこんなことをしていてもいいのかなぁ…。
    焼肉はやっぱり美味かったです(笑)。1ℓビールに始まり、今日は昨日品切れだった焼きセンマイを。これは絶品でしたねー。脂ののりが最高。うーむたまらん。タンの切り落としやその他ホルモン関係をまたワシワシと食べ、最後はやっぱり松阪牛ハラミでご飯。またもや満腹です。
    今日はこれで6000円いきませんでした。昨日より安い。すっかり満足して就寝です…。

    二日目終わり。長いですねぇ(汗)。次回に続く。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/06/05 | 旅行 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 23:37 | - | - |

    コメント
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM