スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    コミュニケーションツールorアウトプットツール?

  • 2006.03.06 Monday
  • ブログの存在意義、といいますかどう使用するのが正しいのか、ということでまだ悩んでいます。キッカケは前記事で書いたようなことです。いや、もっと前から考えあぐねていますね。

    どんなブログを読んでも「ブログ=コミュニケーションツール」と書かれていて、僕もそれに異を唱えるつもりなど毛頭ありません。かつてMamiさんちBBSで同様のことをボヤいたときもありましたが、やはり「ブログに関しては、やはりコミュニケーションを求めたいというのが本心」と書かれてありました。これが通常の考え方。
    かつて隆盛を誇った個人HPというものは、なかなかコミュニケーションをとりづらいツールでした。自分でタグを打ち込む、またはHPビルダーなどを使って作成されるHPは、「自分」というものを強烈に打ち出したものが大半でした。内容は個人詩集であったりペット自慢であったり旅行記であったりとさまざまですが、大半は既に完成された形で供されていて、意見を簡単には差し挟めない。それでもHPオーナーはなんとか意見が欲しいので掲示板を設置したりしましたが、それでも巨大な「個人」というものにコメントすることは難しいことだったと思います。相手が全体像であるためHPを全て精読してからでないと書き込むのはためらわれるという側面もありましたし(さりとて完成していないHPは読む気がおこらない)。
    ところが、ブログというものは書かれる記事毎が独立していて、その記事だけを読んで意見を言っても問題はない。そして記事毎にコメントが許され(記事毎の掲示板みたいなもので)オーナーもそれを望んでいます。これによってぐっとハードルが下がった。さらにトラックバックという記事と記事を繋げるというシステムがあります。これらによって、個人が発するものとしては格段にコミュニケーションをとりやすくなり、ここまで流行ったのだと認識しています。かつてweb上のコミュニケーションは掲示板やチャットでしかなされていなかったと思いますが、ブログという巨人の登場は全ての垣根を取っ払ったようにも思えます。

    何が言いたいのかと言えば、僕の凛太郎の徒然草というメインブログは、このコミュニケーションツールで書くべき内容なのか? という疑問をずっと以前から持っているのです。
    僕は、この徒然草はかつて自分のHPの一コンテンツとして始めました。自分が書き残しておきたいことがあって、それを表現するのにタグも打たなくていいブログツールというものが非常に便利だったからです。目的は一つ、自分のアタマのなかでずっと考え続けてきたことを文章にして残す、ということだけでした。だから脇目も振らずに書いています。いずれ書くことが尽きたら閉鎖して、書いたログをCD-Rに保管して「自分史」として置いておく。死んだら棺桶に入れて欲しいと考えています。なので、あまりコミュニケーションを重視していないつもりでした。読みやすい簡潔な文章、などということは考えず、自分の我だけで書いています。だから話題はバラバラで読みづらい。とにかく僕が読んで満足するものだけなのです。
    これではコミュニケーションツールとは言えないのではないか。これは単なるアウトプットツールなのではないか、ということが一種のジレンマです。

    アウトプットツール、という言葉は、まなめさんのブログ「304 Not Modified」のブログに書くということ。からいただいてきました。正鵠を突いた言葉だと思います。ここでも「ブログは自分の考えをアウトプットするだけのツールではなく、みんなで良い答えを見つけるためのツール」なのだと書かれています。うーん。

    こんなの考えるほどのことではなかろう、アウトプットツールだと開き直ってコメント、TB欄を閉鎖して書き続ければいいだろう、という自問があります。しかし、あんなブログでもコメントがつくと嬉しいものなのですね。
    ネットで公開するということは、やっぱり読まれたいのだということが根底にあります。それが無ければ日記帳に書いていればいいわけです。その読まれた証しがコメントであって、アクセス数では読まれたかどうかはわかりませんから。
    こう考えていると、自己矛盾が生まれてくるのです。じゃあもっとコメントが付きやすいやり方をすればよかろう、と。
    具体的には、ブログのカテゴリがバラバラなのでそれぞれ独立させる。旅は旅、歴史は歴史、プロレスはプロレスでそれぞれブログを立ち上げる。そして、もっと簡潔に、ヘンな修辞なんかは使わずに読みやすい文章に改める。そして同好の士のもとへ出かけていってコメントしコミュニケーションを図る、などです。こうすれば、もう少しブログらしいブログになるとは思います。
    しかしそれが出来ない。やはり僕の中でコミュニケーションよりアウトプットが優先しているからでしょう。

    何を書いているのだかよくわかりませんが、この凛太郎亭ブログの内容は「ボヤキ」なので独り言だと思ってください。書いたことで少しスッキリしました(笑)。
    しかしながら、ブログというものの難しさは、この凛太郎亭がもう一つの徒然草よりもカウント数によるとよく読まれているという点です。やはり読者は正直です。内心唸りながら、こっちも更新。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/03/06 | ブログの話 | 23:11 | comments(4) | trackbacks(1) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 23:11 | - | - |

    コメント
    カタカナが多くてイマイチ意味がわかってない(^^; ....ので変なコメントだったらごめんなさいm(_ _)m

    私の場合は楽天のhpはコミュニケーション、ああいう形になると思ってなくて書きにくくなった私的なことをもうひとつに書いてるかな?ってことはアウトプットツール??

    でもカウント数はアテにはならないですよね。
    未だに何も更新してないgooblogがドリコムより多くの方が訪れてくれてますので‥。
    たぶん検索にひっかかるとアクセス数が増えるんでしょうね。
    そういう意味では今の話題をお書きになってる「凛太郎亭日乗」はアクセス数があがるのではないでしょうか??

    >jasminteaさん
    わかりにくい独り言にありがとうございます。
    こんな難しく書くつもりはなかったのですが、なんとなしにぼんやりと考えてしまったもので、考えれば書かずにいられないのが性分なのです(汗)。

    jasminteaさんのブログというのは、楽天だから…という視点を超えていると思います。人柄なのでしょう。「歴史」という実にコミュニケーションをとりにくい分野を書かれているのに交流を生み出すことに成功されている。必ず「ティータイム」という部分を持たれて隙間を開けられるのがミソですね。素晴らしい。
    そのバイタリティーと申しますか…僕が(絶対にそういうことはありませんが)、あれだけコメントがつくブログを運営したとしたら、もう今頃は潰れていると思います(笑)。対応出来ない。レスと訪問だけで一日が終わるかも。やはりコツコツと記事を上げていくのが僕には合っているような気がします(汗)。
    今、mixiが大人気だそうですね。
    私に書き込んで下さる方の中にも入会している人がいるのですが、こちらのブログでもすごくコメント数が多いのに、そこまでして交流の幅を広げたいのかなあって思ってしまうのです。

    返事を書き、みなさんのところを回り、自分のを更新して・・
    そりゃあもう、大忙しでしょうね。

    正直言って、コメント数が20とか30になっていると、羨ましいなって未だに思います。なんと言っても、読んでいるという証しですし、答えてくれる人がこれだけいるということですからね。 
    だから、「流星ワゴン」の記事には、時間をあけずに6人もの方からのコメントがいただけて本当に嬉しかったです。
    私にしてはすごく多いほうです。

    そして、なぜか私のは、全体の記事を通しても女性の訪問者が少ない。反感買ってるのかな?
    仕事だとか、Thinkingネタが重いのかな?
    ネタそのものにセンスがないのかな?と、考えますね。

    本音ですが、時には言葉をかけて欲しいと思ってアップする記事もあります。 残念ながらそういう時って、たった一人の方からだったり・・・・(笑)

    ただ、自分で言うのもおこがましいのですが、丁寧な返事書きをしたいので、やはり、たくさん入ると時間的に無理かなとも思います。

    たまに思い出した時に来てくれる人よりも、私の更新をいつも楽しみにし、気にかけてくださる方が2〜3人でもいればいいのでしょうね。

    寂しいことに、BBSに訪れてくれるのは凛太郎さんと、risaさんという女性しかいないので、まもなく閉鎖しようかと思ってるんですよ。ま、あれはまったく試験的だったんですけどね。

    な〜んて、長いコメントになってしまってすみません。(笑)
    • Mami
    • 2006/03/15 9:21 PM
    >Mamiさん
    長いコメントであればあるほど僕は嬉しいです。時間を割いてくださってありがとうございます。

    この記事とも言えないような独り言は、ひっくり返せば「どーしてみんなブログはコミュニケーション用のツールって言うの?」てことなのですね(笑)。
    僕はネットの世界においては、掲示板やチャットから入りましたので、掲示板ですと(2ちゃんねるじゃないですが)書き込めば賛同や反論のレスが即座に入る。論争になることもしばしです。チャットだとネット上の会話ですので、実際喋っているのと同じ感覚。こういうのを経験して交流に疲れて、「虚空に向って叫ぶ」とブログを始めたわけなので、主体は完全にアウトプットなのです。チャットなどの濃密な人間関係と比べればブログのコミュニケーションなど実に希薄でまどろっこしい感があります(笑)。
    なので今さらmixiなんかのSNSに行く気は全然ありません。自分の好きなことが言えなくなりそうで。表現する、というより関係構築ですからね。あっちは。僕はやっぱりつたなくても書くことが好き。僕は、ブログを、かつて文章を書く人になりたかった夢の一つの実現のようなつもりでいます。恥ずかしい話なんですけれども。

    コメントがつくのは嬉しいことではありますが、これは単体の記事に対する反響あるいは感想であって有難いこと。本質を突いたコメントは本当に嬉しいです。
    20も30もコメントがつくブログはよく存在しますが、ここは非常に言いにくいことなのですが、コメントが多く着けばそれが必ずしも読まれている証しか、と言えばそうとは限らないのではないかという気もします。負け惜しみじゃなくて。
    誤解を招く書き方だとは思いますが本音で書きます。僕はコメントの数よりコメントの質が高い方が嬉しい。「来ましたよ、足跡ペタペタ♪」みたいなコメントよりも、Mamiさんの今回のコメントのようにじっくりと時間をかけて下さった一つのコメントの方がどれだけ有難いか。短くても一つの作品のような珠玉のコメントというのは嬉しい。
    幸いにして、僕のところにつくコメントは質が高い、と本当に思います。不遜な言い方で本当にごめんなさい。

    Mamiさんのブログの場合、最近ちょっと心情を吐露された記事が多いことについては、「重いのかな」などと書かれていますが、ああいうものほど反響は出やすいと思うのですね。分りやすいですし。
    まあそれはともかく、「ネタそのものにセンスがない」とかそんなこと考える必要はないと思いますけどね。書きたいことを書かないとつまんないですよ。コミュニケーション重視であれば、読者を意識して記事を書かなくてはいけないのでしょうけれども、そんなの続きませんって(汗)。Mamiさんの思うようにでいいのではないですか。反響のある記事を…より書きたい記事優先の方が自然かと。以前のように「ブログ疲れ」しても困りますしね。

    世間というのは不思議なもので、男性のブログには女性読者が、逆に女性には男がつくものです。みんな異性のほうが楽しいのじゃないですか? (笑)。特に反感買うとかそういうことではないと思いますよ。
    「流星ワゴン」だって女性のコメントついていましたよねー。

    でもBBSって難しいですね。ああいうスペースは稼動していないと何だか寂しく見えてしまったりするのです。僕も以前BBSを持っていましたが、ありゃHPだったので他に意見を書き込んでもらえるスペースがなかったのです。そんで設置していました。もうブログに移りまして止めてしまいました。ブログですとこういうスペースがありますからね。「関係ないこと書き込めないじゃん」という声も頂きましたが、結局設置せずに来ています。
    ただ、せっかく設置されたのでありますし、置いておいても良いのではないですか。個人のHPのBBSとすれば、書き込みのペースなんてこのくらいだと思いますよ。閉じる必要性も感じませんけれどもね。或いはリンクを外して本当に治外法権にしてしまうというやり方もあったりして(笑)。独立させちゃうのです。隠し部屋((爆))。それでも僕とrisaさんは訪れるのではないでしょうかね(笑)。コソコソ話をしに。

    と言いつつ、長くなってるな。まあ自分のブログだからいいか(笑)。
    とにかく、本音でいいのではないですか? せめてブログくらいは。
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック
    以前凛太郎さんがコミュニケーションツールorアウトプットツール?の記事を書かれた時、自分はどうだろう?と考えましたが最近の私は歴史のHPは完全アウトプットツールになっています。blogってどちらにしても自己表現の場なんだと思いますが、表現の仕方は人それぞれな
    • つづれ織り
    • 2006/12/16 7:09 PM

    CALENDER

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM