スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています



    | 2016/12/30 | - | | - | - |

    トラックバックの活用とコミュニケーション

  • 2006.03.05 Sunday
  • えっと、ブログのコミュニケーションというものについていろいろと考えているわけなのですが。あとトラックバックというものの有効活用性とか。

    きっかけは、今日のジョーさんの書いた、英知を集結せよという記事です。これは詳細は読んでいただくとして、そこに僕がトラックバックという形で「英知を集結せよ」に対する僕の気持ちという記事を書いて噛み付いたわけです(笑)。中身は政治についてのことが大半なので興味のないかたはスルーしていただいて…。その後、ジョーさんが凛太郎氏に捧ぐという記事を書かれて僕はお返事をして、まだこの話は続いているわけなのですが…。

    中身についてはともかくとして、ブログのコミュニケーションとして、とりあえずこのトラックバックの使い方は正しい、と一面は思うのですね(一面と書いたのには含みがあります)。
    トラックバックについては、ブロガーなら知らない人はいないはずの機能で言及するまでもないのですが、このトラックバックの使い方というのは実に難しい側面を孕んでいます。つまりこれは相手にこっちから無理やり「リンク」を貼る行為だからです。こんなに都合のいい機能はない。
    なので、「検索トラックバック」「スパムトラックバック」というものがどんどん飛んできます。

    検索トラバ(以下TB)については、言及すると長くなるので省略(汗)。以前にMamiさんと旧掲示板で話したことがありました。なんで、この記事のどっかにあるはずなのですが…指定できない(汗)。結局同じ単語を使っているというだけで飛ばしてくるヤツです。迷惑だと僕は思ってるわけですが。
    スパムTBというのはもうご存知ですね。エロサイトとかからよく飛んでくる。

    こういうTBは困りものです。単なる自己サイトの宣伝でしかありません。やはりTBというのは共通話題で、というのが基本ですが、さらに言えば、TBの本来の使い方というのは相手の記事に自分の記事で言及する機能だということです。これがTBという機能の本来の使い方。
    つまり、相手の記事に触発されて書く、相手の記事に物申したくて書いた記事を相手に送りつけちゃう、ということですね。ちょっとずうずうしいのですがこれが本来の使い方。したがって、相手の記事を読んで…ということを示すために相手記事をリンクしておくことが重要です。これで、記事同士の相互リンクが成り立つ訳です。

    と…ここまでは前置きなのです。(゚ロ゚;)エェッ!?
    僕が書いてジョーさんにTBした「英知を集結せよ」に対する僕の気持ちは一応この条件を満たしていますので、TBの使い方としては及第点であると言えます。ところがこの記事は、僕のもうひとつのブログ凛太郎の徒然草から飛ばしているわけなのですが、このブログのトップページから上記の記事には飛べないしくみになっているのです。これが果たしていいのかどうかで悩んじゃったわけなのです。ウラ記事にしてしまったのですね。

    このじゅげむブログには無い機能ですが、上記のもう一つのブログはgooブログです。このgooブログは、カテゴリを設定する際に「そのカテゴリを表示するorしない」が選択できるのです。これは実に不思議な機能です。
    そんで、非表示カテゴリで記事を書くと、その記事はアップされてURLを持つ公開された記事にはなるのですが、表玄関からは見えない記事となってしまうのです。更新Pingも送信されません。
    僕はこれを利用して、ずいぶん沢山ウラ記事を書いています。データベースとしても活用しています。例えば先日gooブログをカスタマイズした記事を書きましたが、そのCSSデータはこんなふうにウラ記事にしています。このリンクからでないとページには飛べません。

    こんなふうに僕は20も30もウラ記事を持っているわけなのですけれども、果たしてそのウラ記事でTBしてしまったことは失礼に当たるのか? ということで僕は暫し考え込んじゃったのです。
    上記のジョーさんにTBした記事は、政治がらみの話でして例によって長い文です。僕はブログでは政治・宗教には触れないスタンスでやってきていますし、もう一つのブログはテーマを設定して書いているものですからノンジャンル記事というのはほとんどありません。ジョーさんにTBした記事は僕のブログのカラーからあまりにも離れているのであまり目立たせたくなかった、というのが本心としてありました。そんで、非表示カテゴリで書いちゃったわけですが、どうもこれって卑怯なことをしたような気がしてなりません。自分のブログで表に堂々と出していない記事を相手にTBして、しかもそれが「物申す」みたいな内容になっちゃっているのですから…。(−_−;) うーん…
    ここの凛太郎亭で記事を書いてTBすればよかった、との考えもありますが、どうもここのブログはボヤキ主体であるし、また「おちゃらけた」印象も強いのでこれもどうかな…と見送ったのです。あっちとこっちでは文体も変えていますしこっちの書き方では相応しくない…。

    と言うような、ブログ記事の内容と違ったところで悩んでいます。こういうことをして良かったのか否か。隠れ記事をTBされるっていうのはどうなんでしょ、気分悪いものでしょうかね?

    (ところで、この記事もジョーさんの記事に関連してかつリンクも貼っているのですが、TBした方がいいのでしょうかね? しかし内容は大きく離れていますし、ただリンクが貼ってあるというだけなのですが。しかし、リンクを貼ったという「お知らせ」をするために、当該記事にはTBすべし、という意見もメタブログでは読んだことがあります。また悩むな…)。


    ※追記
    gooブログはウラ記事が使えなくなりました(涙)。そのため、ウラ記事の一部を別ブログに移しました。本文リンクは差し替えてありますが、主旨はそのため大きく変わっています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2006/03/05 | ブログの話 | 23:29 | comments(3) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

  • 2016.12.30 Friday
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


    | 2016/12/30 | - | 23:29 | - | - |

    コメント
    えー、この度はたいへんお世話になりました(笑)
    今回のTBは、正に最も適した使い方なのではと思います。
    しかも、偶然同じようなものを書いたというのではなく、凛太郎さんの意思が伝わってきました。だから僕も敢えてもう一つ記事を書いてお応えしたつもりでした。
    また、そうしたもう一つの理由は、凛太郎さんのその記事にはコメントが出来なかったという事もありました。

    TBがウラ記事だったとか、それに関する違和感は全くありませんよ。むしろ「特別寄稿」の様でそれはそれでうれしかったし、また、それはブログをやる人の自由であり、口を挟む問題でもないと思っています。

    それにしても僕は僕で、記事の内容以外のところでいろいろ学びました。こうなってくると「会って話す」のが一番なんだろうなぁ、なんて思う今日この頃です。
    >ジョーさん
    あーごめんなさい。この記事を書くのにもう一つ大事なことを忘れていました。それを指摘されて汗顔の至りです。

    >凛太郎さんのその記事にはコメントが出来なかったという事もありました。

    これに言及しなくてはいけなかったのです。ごめんなさい。
    このコメント出来ない、という部分が、非常に問題視される部分です。最も卑怯な部分ですね。
    あの記事はジョーさんに対するコメントの意味で書いていて、長いので記事上げしたので、その記事にまたコメントではどんどん枝葉に分かれて収拾がつかなくなるのでコメント出来ないようにして議論めいたことはホストであるジョーさんの土俵でするのが正当である…もちろんこれは詭弁です(汗)。
    本当は、ウラ記事であるために表玄関からは見えない、しかしその記事にコメントがつくと「新着コメント一覧」には出ちゃうのです。そうすると、事情を知らない人にはなんの話しかわからない。記事もないのにコメントがつくとは謎だ…というわけで、僕はウラ記事はコメント受付をしない設定にいつもしているのです。これって、今回の場合(噛み付きTB)にはちょっとまずいですよね。これが最も今回のことで僕が卑怯な振る舞いになった部分でした。これに触れないとダメですね。反省。

    ただ、あの記事の場合、TBは受け付けています。新着TB一覧には出ますが、gooの場合一覧に出てそれをクリックするとすぐさま該当記事に飛ぶシステムになっているので、すぐに事情はわかります。これならいい。なので、もしもジョーさんが「凛太郎氏に捧ぐ」をTBされてこられた場合、僕もまた記事を上げるつもりでいました。記事同士のコミュニケーションですね。これもアリかなとは思っていたのです。ただそうされては来られなかったので、長いコメントを入れてしまいました。すみません。以上、言い訳にもならない反省文。

    >「会って話す」のが一番なんだろうなぁ

    おっしゃる通りかもしれません。

    >「文章」なんて時に無力ですね。「解釈」というフィルターを通ると別のものにへんしーんしたりします

    それも同意です。ただ、僕はその「文章」の持つ力をまだどこかで信じたい気持ちがくすぶっています。今回考えが十分に伝わらなかったとすれば、それは僕の文に力が足りなかったのです。本当にしっかりした文を書けば話す以上に物事が伝わると信じたい。まだ「言霊」はどこかに居るはず、と思ったりします。蒼いですか? (笑
    コメントする
    通りすがり・暇人・名無しなどの呼びかけにくいHNはご遠慮下さい








       
    この記事のトラックバックURL
    言及リンクのないトラックバックは受け付けません ごめんなさい
    トラックバック

    CALENDER

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    CATEGORY

    ANOTHER BLOG

    メインブログ
    酒・旅・フォーク・歴史・プロレスをテーマにときどき更新


    ちょっと歴史っぽい西宮
    別館・西宮歴史探訪サイト
    凛太郎の自転車操業
    西宮地域ブログ

    PROFILE&BBS&MAIL

    自己紹介です。
    BBS
    掲示板です。
    Mail
    メール送信フォームです。

    NEW ENTRIES

    SEARCH THIS SITE.

    ARCHIVES

    RECENT COMMENTS

    RECENT TRACKBACK

    BLOG PARTS


    RECOMMEND


    MOBILE

    qrcode

    SPONSORED LINKS


    OTHERS


  • フィードメーター - 凛太郎亭日乗


  • ついったー




  • 無料ブログ作成サービス JUGEM